レクサスがHS250hを改良、新色2色を追加

2015.08.27 自動車ニュース
「レクサスHS250h“バージョンL”」
「レクサスHS250h“バージョンL”」

レクサスが「HS250h」を改良、新色2色を追加

トヨタ自動車は2015年8月27日、ハイブリッドセダン「レクサスHS250h」に一部改良を実施し、販売を開始した。

新規設定色の「ディープブルーマイカ」
新規設定色の「ディープブルーマイカ」
新規設定色の「アンバークリスタルシャイン」
新規設定色の「アンバークリスタルシャイン」

今回の改良では、外装に新意匠のドアミラーや白色LEDのライセンスランプを採用。ボディーカラーについては「ディープブルーマイカ」と「アンバークリスタルシャイン」の2色を追加し、全10色の設定とした。また、すべての色に洗車などによる小さなすり傷を自己修復するクリア塗装「セルフリストアリングコート」を採用している。

装備については、「はっ水機能付きスーパーUV400・IRカットガラス(遮音タイプ/フロントドア)」を全車に採用。約99%カットできる紫外線の波長の上限を、従来の380nmから400nmに変更することで、車内空間の快適性を高めた。インフォテインメントシステムの強化も図っており、全車にSDナビゲーションシステムを標準装備。通信サービスの「G-Link」には、新機能として音声対話サービス・先読み情報案内サービスの「エージェント」や、アプリケーションソフトを追加できる「LEXUS Apps(レクサスアップス)」を搭載している。

このほかにも、操舵(そうだ)時の車両応答性を高め、優れた操縦安定性を実現するために、サスペンションのチューニングやステアリングのギア比を変更した。

価格は以下の通り。
・HS250h:424万4000円
・HS250h“バージョンC”:451万2000円
・HS250h“バージョンI”:486万1000円
・HS250h“バージョンL”:570万5000円

(webCG)
 

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

HSの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • 第395回:レクサスならではの価値の創造を目指して
    新型「LS」のチーフエンジニアにインタビュー
    2017.1.22 エッセイ 新型「レクサスLS」が、2017年のデトロイトモーターショーで発表された。新世代のFR車用プラットフォーム「GA-L」を採用し、全方位的に進化した新型LSに込められた思いを、開発を担当した旭 利夫チーフエンジニアに聞いた。
  • レクサスLS 2017.1.10 画像・写真 レクサスが、デトロイトショーで5代目となる新型「LS」を世界初公開した。新世代プラットフォーム「GA-L」や自動操舵機能つきプリクラッシュセーフティーなど、先進技術が採用されたフラッグシップセダンの姿を写真で紹介する。
  • 【ジュネーブショー2017】レクサス、新型「LS」のハイブリッドモデルを出展 2017.2.14 自動車ニュース トヨタが、新型「レクサスLS」のハイブリッドモデル「LS500h」をジュネーブショーで世界初公開すると発表した。同車の詳細については日本時間の3月7日に公開される予定で、また同ショーには「レクサスRC F GT3」なども出展される。
  • トヨタC-HR【試乗記】 2017.1.27 試乗記 “新しいクルマづくり”こと「TNGA」が採り入れられた、新世代商品の第2弾モデルとなる「トヨタC-HR」。世界的に成長を続けるコンパクトSUV市場での巻き返しを図って投入された、ニューモデルの実力を測る。
  • 【デトロイトショー2017】レクサスから新型「LS」登場 2017.1.10 自動車ニュース レクサスが最上級セダン「LS」の新型をデトロイトショーで発表。新世代プラットフォームの「GA-L」をはじめ、新開発の直噴ターボエンジン、自動操舵機能と連動したプリクラッシュセーフティーなど、さまざまな新技術が取り入れられている。
ホームへ戻る