マツダ・フレアワゴンにターボの新グレード

2015.08.27 自動車ニュース
「マツダ・フレアワゴン カスタムスタイルXS ターボ」
「マツダ・フレアワゴン カスタムスタイルXS ターボ」

「マツダ・フレアワゴン」にターボエンジンの新グレード登場

マツダは2015年8月27日、トールワゴンタイプの軽乗用車「フレアワゴン」に一部改良を実施し、販売を開始した。

クルーズコントロールの操作スイッチ。
クルーズコントロールの操作スイッチ。
「XG ターボ」と「XS ターボ」には、シフトパドルが装備される。
「XG ターボ」と「XS ターボ」には、シフトパドルが装備される。

フレアワゴンはマツダがスズキからOEM供給を受けて販売しているもので、「スズキ・スペーシア」の姉妹モデルにあたる。

改良の内容はベース車に施されたものに準じており、「カスタムスタイル」に新グレード「XG ターボ」「XS ターボ」を追加設定した。いずれもISG(モーター機能付き発電機)付きのターボエンジンを搭載しており、FF車で26.8km/リッター、4WD車で25.6km/リッター(ともにJC08モード)という燃費性能と、ターボ車ならではの力強い走りを両立しているという。

また、これらのグレードには専用装備としてクルーズコントロールとシフトパドルが用意されている。

価格は以下の通り。
・カスタムスタイルXG ターボ(FF):169万200円
・カスタムスタイルXG ターボ(4WD):181万1160円
・カスタムスタイルXS ターボ(FF):180万3600円
・カスタムスタイルXS ターボ(4WD):192万4560円

(webCG)
 

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

フレアワゴンの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • マツダ、軽自動車の「フレア」をモデルチェンジ 2017.2.23 自動車ニュース マツダは2017年2月23日、軽自動車の「フレア」を全面改良して発表した。発売は3月2日。“兄弟車”の「スズキ・ワゴンR」と足並みをそろえ、定番スタイルの「HYBRID XG」と、スタイリッシュな「HYBRID XS」の2機種を設定した。
  • スズキ・ワゴンRスティングレー ハイブリッドT(FF/CVT)【試乗記】 2017.4.13 試乗記 新世代プラットフォーム「ハーテクト」をベースに開発された6代目「スズキ・ワゴンR」。新機軸が満載の新型軽ハイトワゴンの実力を、ターボとマイルドハイブリッド機構の両方を搭載した最上級グレード「スティングレーT」で試した。
  • マツダCX-5 XD Lパッケージ(FF/6AT)【試乗記】  2017.3.13 試乗記 「マツダCX-5」がフルモデルチェンジ。新型は内外装を一新、G-ベクタリングコントロールなどの最新技術も新たに装備される。2.2リッターディーゼルエンジン搭載の「XD」で、春二番吹き荒れる如月(きさらぎ)の房総を走った。
  • ニュルブルクリンクを走る新型「ホンダ・シビック タイプR」を写真で紹介NEW 2017.4.24 画像・写真 ホンダが、ドイツ・ニュルブルクリンクの北コースで、新型「シビック タイプR」の走行テストを実施。FFモデルで最速となる7分43秒80のラップタイムを記録したと発表した。同コースを走るシビック タイプRの姿を写真で紹介する。
  • プジョー308SW GT BlueHDi(FF/6AT)【試乗記】NEW 2017.4.25 試乗記 ディーゼルの本場フランスのプジョーが日本に導入したクリーンディーゼルモデル「308SW GT BlueHDi」で、東京から名古屋までのロングツーリングを実施。往復735kmの道のりで見えてきた、このクルマの魅力と欠点とは?
ホームへ戻る