マツダ・フレアワゴンにターボの新グレード

2015.08.27 自動車ニュース
「マツダ・フレアワゴン カスタムスタイルXS ターボ」
「マツダ・フレアワゴン カスタムスタイルXS ターボ」

「マツダ・フレアワゴン」にターボエンジンの新グレード登場

マツダは2015年8月27日、トールワゴンタイプの軽乗用車「フレアワゴン」に一部改良を実施し、販売を開始した。

クルーズコントロールの操作スイッチ。
クルーズコントロールの操作スイッチ。
「XG ターボ」と「XS ターボ」には、シフトパドルが装備される。
「XG ターボ」と「XS ターボ」には、シフトパドルが装備される。

フレアワゴンはマツダがスズキからOEM供給を受けて販売しているもので、「スズキ・スペーシア」の姉妹モデルにあたる。

改良の内容はベース車に施されたものに準じており、「カスタムスタイル」に新グレード「XG ターボ」「XS ターボ」を追加設定した。いずれもISG(モーター機能付き発電機)付きのターボエンジンを搭載しており、FF車で26.8km/リッター、4WD車で25.6km/リッター(ともにJC08モード)という燃費性能と、ターボ車ならではの力強い走りを両立しているという。

また、これらのグレードには専用装備としてクルーズコントロールとシフトパドルが用意されている。

価格は以下の通り。
・カスタムスタイルXG ターボ(FF):169万200円
・カスタムスタイルXG ターボ(4WD):181万1160円
・カスタムスタイルXS ターボ(FF):180万3600円
・カスタムスタイルXS ターボ(4WD):192万4560円

(webCG)
 

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • マツダが「フレアワゴン」の安全装備を強化 2017.1.12 自動車ニュース マツダが軽乗用車「フレアワゴン」を一部改良。ターボモデルを「カスタムスタイルXT」の1グレードに集約したほか、一部グレードに防眩(ぼうげん)式ルームミラーやバックアイカメラを採用するなど、安全装備を強化している。
  • マツダ・フレアワゴンにターボの新グレード 2015.8.27 自動車ニュース マツダが「フレアワゴン」に一部改良を実施。モーターアシスト機能付きターボエンジンを搭載した新グレード「カスタムスタイル XGターボ」「カスタムスタイル XSターボ」を追加した。FF車で26.8km/リッターという燃費性能と、力強い走りを両立しているという。
  • マツダ、軽自動車の「フレア」をモデルチェンジ 2017.2.23 自動車ニュース マツダは2017年2月23日、軽自動車の「フレア」を全面改良して発表した。発売は3月2日。“兄弟車”の「スズキ・ワゴンR」と足並みをそろえ、定番スタイルの「HYBRID XG」と、スタイリッシュな「HYBRID XS」の2機種を設定した。
  • マツダCX-5 XD Lパッケージ/CX-5 25S Lパッケージ【試乗記】 2017.8.10 試乗記 いい車とはなんだろう? その答えを見つけたければ、一気に遠くまで走ってみるといい。今回のロングドライブの相棒は「マツダCX-5」。名古屋をスタートして東海北陸道を北上し、和倉温泉を目指す300km余りの道のりで、同車とじっくり対話してみた。
  • ダイハツ・ミラ イースG“SA III”/スズキ・アルトX(前編)【試乗記】 2017.8.8 試乗記 ニッポンの乗用車のボトムレンジを担う「ダイハツ・ミラ イース」と「スズキ・アルト」。両モデルの比較を通してそれぞれの実力を検証するとともに、軽自動車開発のトレンド、そしてスズキとダイハツのクルマ造りの違いを浮き彫りにする。
ホームへ戻る