「水野和敏的視点」 vol.115 メルセデスAMG C63 S(後編/最終回)

2015.08.28 mobileCG

「水野和敏的視点」 vol.115 メルセデスAMG C63 S(後編/最終回)

R35型「日産GT-R」の生みの親、育ての親であるだけでなく、レース界での活躍やセダンの進化への貢献など、自動車の世界で数々の成果を上げてきた水野和敏氏。そんな氏が歯に衣を着せず、本音でクルマを語り尽くす『mobileCG』の特集「水野和敏的視点」。前回に続き、今回も「メルセデスAMG C63 S」に試乗する。


「水野和敏的視点」 vol.115 メルセデスAMG C63 S(後編/最終回)の画像

「水野和敏的視点」 vol.115 メルセデスAMG C63 S(後編/最終回)の画像

「水野和敏的視点」 vol.115 メルセデスAMG C63 S(後編/最終回)の画像
メルセデスAMG C63 S
ボディーサイズ:全長×全幅×全高=4755×1840×1430mm/ホイールベース:2840mm/車重:1520kg/駆動方式:FR/エンジン:4リッターV8 DOHC 32バルブ ツインターボ/トランスミッション:7AT/最高出力:510ps/5500-6250rpm/最大トルク:71.4kgm/1750-4500rpm/タイヤ:(前)245/35ZR19 (後)265/35ZR19/車両本体価格:1325万円
メルセデスAMG C63 S
    ボディーサイズ:全長×全幅×全高=4755×1840×1430mm/ホイールベース:2840mm/車重:1520kg/駆動方式:FR/エンジン:4リッターV8 DOHC 32バルブ ツインターボ/トランスミッション:7AT/最高出力:510ps/5500-6250rpm/最大トルク:71.4kgm/1750-4500rpm/タイヤ:(前)245/35ZR19 (後)265/35ZR19/車両本体価格:1325万円

■スタイリングに関していうと……

メルセデスAMG C63 S(以下、C63 S)は1325万円でも高くはない。前回はそんな話をしました。引き続きC63 Sを見ていきましょう。

スタイリングに関していうと、「Cクラス」の尻下がり感のあるこのフォルムは少しどうかと思います。個人的な好き嫌いもありますが、荷室をチェックしてみると、たしかに必要な容量は確保されているかもしれませんが、上下の高さ方向がすごく浅くなった印象を受けます。メルセデスのセダンというと「実用性の高さ」も売りだったのですが、C63のラゲッジルームは、クーペのそれのよう。空港に行く時の、ラゲッジの高さは大丈夫だろうか? リンゴやミカンなどのフルーツが入っている段ボール箱は入るのか? 電気屋さんやホームセンターなどで買った商品が積めるのか? など不安な側面も多々あります。

トランクリッドとサイドのフェンダーのウエストラインをBMWのようにあと何cmか上げてくれて「尻下がり感のないよう」にしてもらえれば、荷室の高さも十分に不安のない寸法が確保されると思うのだが……。

デザイン面では、リアランプ類の位置が低すぎるし、変なカットラインを取っているので車格感を低く感じてしまいます。テールランプをもう少し高い位置に置き直線的なカットラインになれば、グッと雰囲気が変わって車格が上がるはずです。赤い反射板風のダミーパネルを追加してもいいかもしれません。

さて、C63 Sのステアリングホイールを握って走り始めると、V8エンジンによる、フロント部分への重量増加による重量配分の変化と、エンジン重量による慣性力、そしてハイグリップタイヤの採用などで、低速域でもボディーに少し応答遅れが出ているのがわかります。ハンドルの操作により、縦方向の力がタイヤから入ると、少しボディー前半がゆるやかにたわみますが、その変化が滑らかで、たわむというより「しなる」という感じの変化なので、気になるほどではありません。(づつく)
 

※この記事はmobileCG会員限定です。
mobileCG有料会員に登録すると続きをお読みいただけます。

(語り=水野和敏/まとめ=青木禎之<Office Henschel>/写真=小林俊樹)

 【mobileCGへのアクセス方法】

◇スマートフォンをお使いの方◇

「QRコード」読み取り機能搭載機種をお持ちの方はこちらからアクセスできます。
「mobileCG」「webCG」を検索いただいてもアクセスできます。

http://www.webcg.net

 

◇従来のケータイ版「mobileCG」はこちらから◇

「QRコード」からアクセスできます。

docomo:iMENU→メニュー/検索 → 趣味/娯楽 → クルマ/バイク → カーグラフィック
au:EZトップメニュー → カテゴリで探す → スポーツ・レジャー → 車・バイク→モバイルカーグラフィック
SoftBank:Yahoo!ケータイ → メニューリスト → 趣味・レジャー → クルマ・バイク → カーグラフィック

 

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

Cクラス セダンの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • メルセデス・ベンツC350eアバンギャルド(FR/7AT)【試乗記】 2016.2.8 試乗記 メルセデス・ベンツのコンパクトセダン「Cクラス」に、プラグインハイブリッドモデル「C350eアバンギャルド」が登場。EVモードの使い勝手やパワートレインの感触を含めた、走りの印象を報告する。
  • メルセデス・ベンツC220dアバンギャルド(FR/9AT)【試乗記】 2015.11.27 試乗記 「メルセデス・ベンツCクラス」のディーゼルエンジン搭載車「C220dアバンギャルド」に試乗。ディーゼル車のメリットといえば経済性や実用性……かと思いきや、それは軽快な走りも見せてくれる、趣味性の高いモデルだった。
  • メルセデス・ベンツC200アバンギャルド(FR/7AT)【試乗記】 2014.11.4 試乗記 「ベビーSクラス」こと新型「Cクラス」は、偏差値が高いだけの優等生か? いやいや、ドライバーズカーとしての芸術点も高いと筆者は主張する。ともすると「Sクラス」すら脅かしかねない完成度を誇るエアサス付きの「C200アバンギャルド」で、初秋の箱根を目指した。
  • BMW 318iスポーツ(FR/8AT)【試乗記】 2017.3.17 試乗記 BMWの「3シリーズ セダン」に、「1シリーズ」や「2シリーズ」と同じ1.5リッター直3ターボを搭載した廉価モデルが登場。そこに“駆けぬける歓び”はあるのか? 走りや乗り心地の印象に加えて、燃費のデータを報告する。
  • 第3回:話題のモデルが続々登場!
    輸入車チョイ乗りリポート~400万円から600万円編~
    2017.2.28 特集 ディーゼルの魅力とスポーティーな走りを追求した「ボルボV40」に、話題の新型「フォルクスワーゲン・ティグアン」、3気筒の「BMW 3シリーズ」、そして四駆の「アウディTT」。webCG編集部員が注目した、400万円から600万円のオススメモデルを紹介する。
ホームへ戻る