ダイハツ・コペン セロ(FF/5MT)

人類の夢、ここに実現 2015.09.02 試乗記 「ダイハツ・コペン」に、第3のデザインとなる「セロ」が登場。ダイハツが誇る軽オープンスポーツカーの魅力に浸りつつ、いよいよ実現した“自動車の着せ替え”がかなえる可能性を想像する。

プロレスラーで例えるなら

こんなにスポーツカーしていたんだ! と驚いた。0.66リッターの直3ターボはまるで2リッター直4のような感触がある。サウンドは野太く、ステアリングフィールはしっとりしていて、ボディーはドイツ車のようにしっかりしている。乗り心地は硬めで、骨太感がある。乗り心地がこんなに硬いとは……。

「ホンダS660」が華麗なるテクニシャンだとすれば、コペンはパワーファイターである。ウィーッ! そう叫びながら、右手で牛のマークをつくって(人さし指と小指を伸ばし、中指と薬指と親指をくっつけて折り曲げる)天高く伸ばしたくなるほどに。テキサス・ロングホーン。「ブレーキの壊れたダンプカー」「不沈艦」スタン・ハンセン! ウエスタンラリアット!! えーっと、いまが何年だと思っているんだ。2015年だぁ。ウィーッ!

2代目コペンの直列3気筒12バルブDOHCターボは排気量わずか658ccから最高出力64ps/6400rpm、最大トルク9.4kgm/3200rpmを紡ぎ出す。5段マニュアルとの組み合わせだと、現代の基準からすれば、ありえへんくらいウルトラ・ローギアードだ。筑波山への道すがら、常磐道で試した100km/h巡航は5速トップで4000rpm近くにもなる。「軽は意外と燃費が悪いんだ。のべつ回しているから」と、徳大寺有恒さんがよく言っておられたことを思い出す。

単に思い出しただけで、21世紀のコペンにこの言葉は当てはまらない。カタログ燃費はCVTで25.2km/リッター、MTで22.2km/リッター。あえてホンダS660を引き合いに出せば、S660はCVTで24.2km/リッター、6MTで21.2km/リッターである。ちなみにS660の0.66リッター直3ターボは64ps/6000rpm、10.6kgm/2600rpmで、S660のほうが低速からトルクを出している。NA(自然吸気)に間違えそうなほどターボの違和感がない。対して、コペンはトルクがグワッと盛り上がる。そのストロングっぷりが私にいわせれば、スタン・ハンセンなのだ。ウィーッ! 

2015年8月に発売された「ダイハツ・コペン セロ」。セロは「ローブ」「エクスプレイ」に続く、第3の内外装デザインとなる。
「コペン セロ」のインテリア。コペンでは「ローブ」「エクスプレイ」、セロのそれぞれに、専用形状のダッシュボードとセンタークラスターが用意されている。
黒い内装色と赤いファブリックシートおよびドアトリムは、「セロ」の専用オプションである「レッドインテリアパック」に含まれるもの。標準仕様の内装色はブラウン、シートカラーはベージュとなる。
最高出力64ps、最大トルク9.4kgmを発生する「コペン」のエンジン。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

コペン セロの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • ダイハツ・コペン ローブS(FF/CVT)【試乗記】 2015.4.6 試乗記 ダイハツの2シーターオープンカー「コペン ローブ」に、レカロシートやビルシュタインダンパーを装着したスポーティーグレード「コペン ローブS」が追加された。その走りは? 乗り心地は? 市街地からワインディングロードまで、さまざまなシーンで確かめた。
  • ダイハツ・コペン ローブ(FF/CVT)/コペン ローブ(FF/5MT)【試乗記】 2014.7.21 試乗記 着せ替え可能なボディーパネルや、高剛性が自慢の骨格構造「D-Frame」など、話題にあふれた新型「コペン」。その走りを箱根のワインディングロードで試した。
  • マツダ・ロードスターRF VSプロトタイプ(FR/6AT)【試乗記】 2016.11.19 試乗記 「マツダ・ロードスター」に、スイッチひとつでルーフが開閉する電動ハードトップモデル「RF」が追加された。開発者のこだわりがつまったリトラクタブルハードトップの出来栄えと、ソフトトップ車とは一味違う走りをリポートする。
  • ホンダNSX(4WD/9AT)【試乗記】NEW 2016.12.1 試乗記 初代の生産終了から10年あまりの時を経て、ようやく現実のものとなった新型「NSX」。ホンダ渾身(こんしん)のハイブリッド・スーパースポーツの走りと、それを支える技術的ハイライトについて詳しく報告する。
  • トヨタ、「マークX」をマイナーチェンジ 2016.11.22 自動車ニュース トヨタ自動車は2016年11月22日、FRセダン「マークX」にマイナーチェンジを実施し、販売を開始した。“洗練された格好良さと遊び心を両立した大人のスポーティセダン”をテーマとして、フロントを中心にデザインが一新されている。
ホームへ戻る