プジョー308GTライン(FF/6AT)

「見栄え」と「出来栄え」の両立 2015.09.04 試乗記 プジョーのCセグメントモデル「308」に、スポーティーな装いが特徴の新グレード「GTライン」が登場。しなやかさが魅力とされる308の足まわりと、225/40ZR18という偏平タイヤが織り成す走りを試す。

ゴルフ7に対する強力な“対抗馬”

取材だなんだでさまざまなCセグメント車を味見させてもらう機会をいただくと、いつも思うのは7代目「フォルクスワーゲン・ゴルフ」の完成度の高さだ。

言っても欧州くんだりでは最もポピュラーな大衆車だからして、各車とも基本的にはバランスよくまとめているわけだが、じっくり乗ってみるとやはり得意分野が満足度として際立ってくる。静的質感でいえば「アウディA3」、ハンドリングでいえば「フォード・フォーカス」、アドバンスドセーフティーでいえば「ボルボV 40」……と、あくまで個人的感想というやつだが、そんな感じで。

が、ゴルフ7はそれらを全方位で網羅し、相当なハイレベルでまとめている。先述のモデルたちを知った身で乗っても、正直なところ物足りなさは全然感じない。その上で、静粛性や快適性がクラスベストであることは疑いなく、それどころか上位セグメントをも食っちゃう出来栄えであることを考えれば、価格も十分納得させられるわけだ。どの方位からみても隙がないから面白みがないというのはお門違いで、その内容は嗜好(しこう)うんぬんでさばくようなもんじゃあない、コンパクトカーにおける絶対正義なわけである。

……でも、“ゴルフ推し”ってなんか予定調和的というか能がないというか、仕事してない風じゃね?
と、頭の片隅でどうしてもそう思ってしまうのは、そもそも判官びいきの癖が僕にあるからだろうか。ともあれCセグメントネタの仕事になると、そんなイチャモン体質に封をすることに相当必死である。いいものはいいんだから、素直にゴルフ7に降伏してしまえば楽だというのに、なぜそんなにあらがうわけよ?

その抵抗の理由となる存在として、一番強力なもの、つまりゴルフ7のオルタナティブとして最有力なCセグメントを問われれば、僕はプジョー308を挙げる。

「308 GTライン」のインテリア。スポーティーな内外装の意匠だけでなく、9つのスピーカーを備えたDENONのオーディオシステムや、パークアシスト機能など、充実した装備も特徴となっている。
「308 GTライン」のインテリア。スポーティーな内外装の意匠だけでなく、9つのスピーカーを備えたDENONのオーディオシステムや、パークアシスト機能など、充実した装備も特徴となっている。
「308 GTライン」には、表皮にテップレザーとアルカンターラを用いたスポーツシートが装備される。
「308 GTライン」には、表皮にテップレザーとアルカンターラを用いたスポーツシートが装備される。
6:4分割可倒式のリアシート。中央には2つのカップホルダーを備えたアームレストが備わる。
6:4分割可倒式のリアシート。中央には2つのカップホルダーを備えたアームレストが備わる。
ボディーカラーには、テスト車に採用されていた新色の「マグネティック・ブルー」を含む6色が用意されている。
ボディーカラーには、テスト車に採用されていた新色の「マグネティック・ブルー」を含む6色が用意されている。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

308の他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • トヨタC-HR G-T(4WD/CVT)【試乗記】 2017.2.21 試乗記 TNGAに基づいて開発された、トヨタのコンパクトSUV「C-HR」。欧州各地での走り込みによって鍛えたというその実力を、販売台数では劣勢の1.2リッターターボモデルでテスト。ハイブリッドモデルにはない魅力とは?
  • ルノー・ルーテシア インテンス(FF/6AT)【試乗記】 2017.2.9 試乗記 マイナーチェンジを受けた「ルノー・ルーテシア」に試乗。弟分「トゥインゴ」の、日本での人気の高まりもどこ吹く風で、本国フランスでは2016年ベストセラーカーの座を射止めたその実力とは? 愛される理由はどこにある?
  • ボルボV90 T6 AWD インスクリプション/S90 T6 AWD インスクリプション【試乗記】 2017.2.22 試乗記 ボルボのラインナップに、新たなフラッグシップモデル「V90」「S90」が登場。新世代プラットフォームや、2つの過給機を持つエンジンがもたらす走りの質を、試乗して確かめた。
  • スバル、2018年型の「レガシィ」をシカゴで公開 2017.2.3 自動車ニュース 富士重工業は2017年2月3日、米国・シカゴで開催される2017年 シカゴオートショー(開催期間:2月9日~20日)で、2018年型「スバル・レガシィ」の米国仕様車を公開すると発表した。
  • 第28回 禁断の果実  2017.2.7 エッセイ 清水草一の話題の連載。第28回は「禁断の果実」。ディーゼルに快音はあるのか!? をテーマに検証を進めていた筆者が、ついに出会ったお手ごろ4気筒ディーゼル車とは? ヨーロッパ遠征でのジャイアント・インパクト第2弾をお届けする。 
ホームへ戻る