ホンダの四輪と二輪が手を組むと……【フランクフルトショー2015】

2015.09.01 自動車ニュース
車両のどの部分を切り取ったのか、一見わかりにくい写真だが、これは車体中央部の右半分を写したもののようである。つまりノーズは右となる。
車両のどの部分を切り取ったのか、一見わかりにくい写真だが、これは車体中央部の右半分を写したもののようである。つまりノーズは右となる。

【フランクフルトショー2015】ホンダの四輪と二輪が手を組むと……

本田技研工業は第66回フランクフルトモーターショー(開催期間:2015年9月15日~27日、一般公開は9月19日から)で、同社の四輪車と二輪車の技術を融合したコンセプトモデル「ホンダ・プロジェクト2&4」を発表する。

 

■ホンダの「和光」と「朝霞」が共同開発

このホンダ・プロジェクト2&4は、世界各地にある同社のデザインスタジオ間で競われたデザインコンペの最優秀作品で、日本の四輪デザインセンター(埼玉県和光市)と二輪デザインセンター(同県朝霞市)が共同で開発したもの。キャビンのない車体にはMotoGP参戦マシン「RC213V」のエンジンが搭載されており、バイクの自由さとクルマの運動性能が味わえるドライビングマシンが体現されているという。

現時点で公開されている写真は1枚だけ。そこから想像するに、その姿は第1期のホンダF1をほうふつとさせるものになる?

9月15日の14時(現地時間)に開催されるプレスカンファレンスで披露される。

(webCG)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。