第414回:「ダイハツ・ミラジーノ」が第2の「日産フィガロ」になる?

2015.09.04 エッセイ

早くも2年半

2013年1月末にダイハツがヨーロッパでの新車販売を終了してから、早くも2年半がたった。2015年3月のジュネーブモーターショーでは、かつてダイハツブースがあったところで韓国のサンヨン(双竜)自動車が何事もなかったかのように展示を行っていた。気がつけば、わが街シエナにあったダイハツ販売店も、従来併売していたトヨタにその展示スペースを譲っていた。

ただし、ダイハツ・イタリア社による保証期間とアフターサービスの約束は守られているようだ。前述の旧ダイハツディーラーの駐車場には、新車販売を終了した今も、修理ブースのお客さま専用としてトヨタとともにダイハツのロゴが記されている。

シエナにて。6代目「ダイハツ・ミラ」の欧州版「クオーレ」。
シエナにて。6代目「ダイハツ・ミラ」の欧州版「クオーレ」。
かつてダイハツも扱っていたトヨタディーラーにて。「整備ブースお客さま専用駐車場」には「D」マークが今も残されている。
かつてダイハツも扱っていたトヨタディーラーにて。「整備ブースお客さま専用駐車場」には「D」マークが今も残されている。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

大矢 アキオ

大矢 アキオ

コラムニスト。国立音楽大学ヴァイオリン専攻卒にして、二玄社『SUPER CG』元編集記者、そしてイタリア在住20年という脈絡なき人生を歩んできたものの、それだけにあちこちに顔が広い。今日、日本を代表するイタリア文化コメンテーター。10年以上にわたるNHK『ラジオ深夜便』リポーター、FM横浜『ザ・モーターウィークリー』季節ゲストをはじめラジオでも活躍中。『Hotするイタリア』『イタリア発シアワセの秘密 ― 笑って! 愛して! トスカーナの平日』(ともに二玄社)、『カンティーナを巡る冒険旅行』『ザ・スピリット・オブ・ランボルギーニ』(ともに光人社)、電子書籍『イタリア式クルマ生活術』(NRMパブリッシング)など数々の著書・訳書あり。

関連記事 ホームへ戻る