新エンジン搭載のマセラティ、一斉発売

2015.09.02 自動車ニュース
「マセラティ・クアトロポルテ」(ほか2点も同じ)
「マセラティ・クアトロポルテ」(ほか2点も同じ)

マセラティ、新エンジン搭載の「クアトロポルテ」「ギブリ」を発売

マセラティ ジャパンは2015年9月1日、仕様・装備を改めた「クアトロポルテ」および「ギブリ」を発売した。

今回、クアトロポルテとギブリの両モデルについて、3リッターV6、3.8リッターV8ともに、排ガス規制「EURO6」対応の新エンジンが採用された。スタート&ストップ機能などの働きにより、燃料消費率は最大12%向上、排出ガスも最大12%低減されているという。

さらにクアトロポルテには、新たなエントリーグレードとして「クアトロポルテ」が追加設定された。最高出力330ps、最大トルク51.0kgmを発生する、上記の新開発3リッターV6エンジンを搭載。0-100km/hの加速タイムは5.6秒、最高速度は266km/hと公表される。

クアトロポルテはほかに、最高出力530psのV8エンジンを搭載する「クアトロポルテGT S」、410psのV6エンジンを積む「クアトロポルテS」、その4WD版となる「クアトロポルテS Q4」がラインナップされる。
ギブリはV6モデルのみ。330psの「ギブリ」、410psの「ギブリS」、その4WD版である「ギブリS Q4」の、3グレード構成となる。

最新モデルに与えられる、そのほかの追加装備は以下の通り。モデルにより、標準装備またはオプションとして用意される。

・ブラインドスポットアラート
車線変更時の衝突を避けるための安全装備。死角に入っている走行車両の存在をドライバーに知らせる。

・リアクロスパス:
駐車場からバックで出るときに車両や物体を検知し、ドライバーの注意を促す。

・電動トランクリッド
電動開閉式のトランクリッド。リアバンパーの下で足先を動かすだけで開閉操作ができる「キックセンサー」も装備。

・新ホイール
クアトロポルテGT Sの標準ホイールを「マーキュリオホイール」に変更。20インチホイールには1タイプが新たに追加され、全5タイプのラインナップに。ギブリは19インチホイールと20インチホイールに新デザインのものを追加。

・Siriスマートパーソナルアシスタント
iPhoneなどiOS接続機器で、ボイスコマンドによるタスクの実行が可能に。

・harman/kardonプレミアムサウンドシステム
10個のスピーカーと900Wアンプをベースとするharman/kardonのカーオーディオ。クアトロポルテ全モデルに標準装備。

・Clari-Fi-B&Wサウンドシステム
MP3、AAC、サテライト ラジオ、プレイバック、およびストリーミング音楽サービスをサポートするClari–Fiを採用。

・リアシートコンフォート
エントリーグレードを除くクアトロポルテ全車に「リアシートヒーター」と「電動リアサンシェード」を標準設定。

ラインナップと価格は以下の通り。
・クアトロポルテ(FR/8AT):1175万円
・クアトロポルテS(FR/8AT):1371万円
・クアトロポルテS Q4(4WD/8AT):1473万円
・クアトロポルテGT S(FR/8AT):1834万円
・ギブリ(FR/8AT):915万円
・ギブリS(FR/8AT):1054万円
・ギブリS Q4(4WD/8AT):1135万円

(webCG)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

ギブリの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • マセラティ・ギブリ ディーゼル(FR/8AT)【試乗記】 2016.7.4 試乗記 「マセラティ・ギブリ」の最新モデルとして、この春、ラインナップに加わった「ギブリ ディーゼル」に試乗した。3リッターV6ディーゼルユニットは、モデナの名門にふさわしいマナーと走りを披露するのだろうか。
  • マセラティ・ギブリ(FR/8AT)【試乗記】 2014.9.10 試乗記 年間販売台数5万台を目指すマセラティが量販モデルとして期待を寄せる「ギブリ」の実力を検証。ライバルのドイツ勢に対するアドバンテージを探った。
  • マセラティ・ギブリS Q4(4WD/8AT)【試乗記】 2014.3.31 試乗記 往年の車名を冠する、マセラティの新たな4ドアサルーン「ギブリ」に試乗。その走りを、四輪駆動の上級モデル「ギブリS Q4」でチェックした。
  • ボルボV90クロスカントリーT5 AWD サマム(4WD/8AT) 2017.4.28 試乗記 北欧ののどかな地で生まれた“デカかっこいい”クロスオーバー、「V90クロスカントリー」。ワイルド&都会的に仕立てられたキミは、一体どこへ向かおうとしているのか? 筆者の老婆心をよそに進化を遂げた、最新モデルの出来栄えに迫る。
  • プジョー308SW GT BlueHDi(FF/6AT)【試乗記】 2017.4.25 試乗記 ディーゼルの本場フランスのプジョーが日本に導入したクリーンディーゼルモデル「308SW GT BlueHDi」で、東京から名古屋までのロングツーリングを実施。往復735kmの道のりで見えてきた、このクルマの魅力と欠点とは?
ホームへ戻る