第106回:超大作のパロディーからソ連の旧作まで
夏の終わりに観たいクルマ映画DVD

2015.09.04 エッセイ

ポールっぽい人やディーゼルらしき人が大活躍

『ワイルド・スピード SKY MISSION』は興行収入が15億ドルを超え、シリーズ最高のヒット作となった。初登場1位を獲得できなかったのは、『ドラゴンボールZ』と『名探偵コナン』というアニメ2作に完敗した日本ぐらいである。2017年に第8作が公開されることも決まったようで、今度はニューヨークが舞台になるとか、ヘレン・ミレンが出演するのではないかとか、さまざまな臆測が飛び交っている。

DVDも発売されたので、もう一度あの興奮を……ということではない。紹介するのは『ワイルドなスピード』なのだ。「AHO MISSION」というサブタイトルが付いていることでわかるように、パロディー映画である。スキンヘッドでガタイのいい男と細マッチョのイケメンのコンビが主人公だ。ヴィン・ディーゼルとポール・ウォーカーの代わりなのだろうが、かなり残念なルックスだ。そっくりさんとしてもレベルが低い。演じているのはよく知らない人だ。

ポールっぽい人が「トヨタ・カローラ」に乗ってストリートレースのスタート地点に現れる。ボディーカラーはミントグリーンで、サイドにはファンシーな一角獣のペイント。彼は警察官で、潜入捜査のためにストリートレースを主宰するヴィン・ディーゼルらしき人に近づこうとしているのだ。

第1作と同じ展開だ。彼は組織の一員として迎えられ、一緒に悪いことをする。デカいヤマを前にメンバーを増やすことになり、黒人のラッパーとクールなアジア系男子、女優志望のモデルを仲間に入れる。「人種の融合がこのテの映画のお約束」だと説明し、彼らには役名すら与えられない。ラッパーとかアジア系とか、属性で呼ばれる。

ドウェイン・ジョンソン風の警官も出てくるから、第1作以外にもシリーズのいろいろな要素が混ぜこぜになっているようだ。「ダットサン240Z」や「ホンダ・シビック」「スバル・インプレッサ」なども登場して、日本車リスペクトも受け継がれている。ギャグを理解するためには、ホンモノを観ておく必要があるだろう。まあ、8割方スベっているのだが。

『ワイルドなスピード! AHO MISSION』DVD
『ワイルドなスピード! AHO MISSION』DVD
「トヨタ・カローラ」
日本を代表する大衆車。1966年に初代が誕生し、2012年に11代目となった。映画に登場するのは10代目モデル。
「トヨタ・カローラ」
    日本を代表する大衆車。1966年に初代が誕生し、2012年に11代目となった。映画に登場するのは10代目モデル。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

鈴木 真人

鈴木 真人

名古屋出身。女性誌編集者、自動車雑誌『NAVI』の編集長を経て、現在はフリーライターとして活躍中。初めて買ったクルマが「アルファ・ロメオ1600ジュニア」で、以後「ホンダS600」、「ダフ44」などを乗り継ぎ、新車購入経験はなし。好きな小説家は、ドストエフスキー、埴谷雄高。好きな映画監督は、タルコフスキー、小津安二郎。