アストン、『007』の新作を祝う特別なDB9を発表

2015.09.02 自動車ニュース
「アストンマーティンDB9 GTボンド エディション」
「アストンマーティンDB9 GTボンド エディション」
    拡大

アストンマーティン、映画『007 スペクター』の公開を祝う特別な「DB9」を発表

英アストンマーティンは2015年9月2日、「DB9」の特別仕様車「GTボンド エディション」を発表し、予約受付を開始した。価格は16万5000ポンド(約3050万円。1ポンド=185円で換算)。

■ベース車は547psを発生する「DB9」の高性能モデル

DB9 GTボンド エディションは、映画『007』シリーズの最新作『スペクター』の公開を記念した、150台の限定モデルである。ベースとなったのは今年6月に発表されたDB9の高性能モデル「DB9 GT」で、ボディーカラーには同車専用色の「スペクター・シルバー」を採用。フロントとリアには純銀製のアストンマーティンのバッジと、「007 Bond Edition」のエンブレムを装着している。

一方、フルーテッドレザーやサテン・カーボンファイバー・センターコンソール・サラウンドなどで飾られたインテリアには、アルカンターラのステアリングホイールや『007』のロゴ入りシルプラーク、ガンバレル(砲身)の刺しゅうが施された2+2リアシートディバイダーを採用。「AMi II」と呼ばれるインフォテインメントシステムのスタートアップ画面も、ボンド エディション専用のものとなっている。

パワーユニットやドライブトレインはベース車と同じで、最高出力547ps/6750rpm、63.2kgm/5500prmを発生する6リッターV12を搭載している。6段AT「タッチトロニックII」との組み合わせにより、0-100km/h加速は4.5秒、最高速は295km/hという動力性能を発揮する。またサスペンションには、「ノーマル」「スポーツ」「トラック」(サーキット)の3種類のモードが選べる「3ステージ・アダプティブ・ダンピング・システム(ADS)」を備えている。

このほかにも、光沢ブラック塗装とダイヤモンド旋削加工を施した10スポークの20インチアロイホイールや、ブライトアルミニウム・ボンネットベント、サイドストレーキ&グリル、カーボンファイバー・フロントスプリッター、リアディフューザー、グレー・ブレーキキャリパーなども、ベース車に準じた装備となっている。

映画『007 スペクター』の日本での公開は2015年12月4日。“ボンドカー”には、アストンマーティンが本作のために10台のみ製作したという「DB10」が起用されている。

(webCG)
 

関連キーワード:
DB9アストンマーティン自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • アストンマーティンDB11 AMRシグネチャーエディション(FR/8AT)【海外試乗記】 2018.6.12 試乗記 12気筒エンジンを搭載する「アストンマーティンDB11」をベースに開発された、高性能モデル「DB11 AMR」に試乗。足まわりやパワートレインのチューニングは大掛かりではないものの、その走りは、オリジナルとは大きく異なるものだった。
  • アストンマーティンDB11 AMR 2018.5.15 画像・写真 英アストンマーティンは、ハイチューンを施した5.2リッターV12ターボエンジンを搭載する、新たな高性能モデル「アストンマーティンDB11 AMR」を発表した。その姿を写真で紹介する。
  • アストンマーティンDB11 V8(FR/8AT)【試乗記】 2018.3.26 試乗記 アストンマーティンの主力モデル「DB11」に仲間入りした、V8エンジン搭載車に試乗。メルセデスAMGの手になるパワーユニットを与えられた新型は、この英国ブランドの将来性を感じさせるエネルギーに満ちあふれていた。
  • アストンマーティン・ヴァンキッシュSクーペ(FR/8AT)【試乗記】 2017.11.17 試乗記 進化が止まらぬスーパースポーツカーの世界。「アストンマーティン・ヴァンキッシュ」も588psというパワーを得て、いよいよその究極形と目される「ヴァンキッシュS」に到達した。伝統の自然吸気V12エンジンも、いよいよこれでクライマックスか?
  • 「谷口信輝の新車試乗」――アストンマーティン・ヴァンキッシュ(後編) 2017.2.2 mobileCG レーシングドライバーの谷口信輝が、本音でクルマを語り尽くす当企画。今回も引き続き「アストンマーティン・ヴァンキッシュ」がテーマ。高い走行性能だけでなく、優雅なスタイリングを併せ持つヴァンキッシュの魅力を、同車と恋に落ちた谷口が力説する!
ホームへ戻る