アストン、『007』の新作を祝う特別なDB9を発表

2015.09.02 自動車ニュース
「アストンマーティンDB9 GTボンド エディション」
「アストンマーティンDB9 GTボンド エディション」

アストンマーティン、映画『007 スペクター』の公開を祝う特別な「DB9」を発表

英アストンマーティンは2015年9月2日、「DB9」の特別仕様車「GTボンド エディション」を発表し、予約受付を開始した。価格は16万5000ポンド(約3050万円。1ポンド=185円で換算)。

■ベース車は547psを発生する「DB9」の高性能モデル

DB9 GTボンド エディションは、映画『007』シリーズの最新作『スペクター』の公開を記念した、150台の限定モデルである。ベースとなったのは今年6月に発表されたDB9の高性能モデル「DB9 GT」で、ボディーカラーには同車専用色の「スペクター・シルバー」を採用。フロントとリアには純銀製のアストンマーティンのバッジと、「007 Bond Edition」のエンブレムを装着している。

一方、フルーテッドレザーやサテン・カーボンファイバー・センターコンソール・サラウンドなどで飾られたインテリアには、アルカンターラのステアリングホイールや『007』のロゴ入りシルプラーク、ガンバレル(砲身)の刺しゅうが施された2+2リアシートディバイダーを採用。「AMi II」と呼ばれるインフォテインメントシステムのスタートアップ画面も、ボンド エディション専用のものとなっている。

パワーユニットやドライブトレインはベース車と同じで、最高出力547ps/6750rpm、63.2kgm/5500prmを発生する6リッターV12を搭載している。6段AT「タッチトロニックII」との組み合わせにより、0-100km/h加速は4.5秒、最高速は295km/hという動力性能を発揮する。またサスペンションには、「ノーマル」「スポーツ」「トラック」(サーキット)の3種類のモードが選べる「3ステージ・アダプティブ・ダンピング・システム(ADS)」を備えている。

このほかにも、光沢ブラック塗装とダイヤモンド旋削加工を施した10スポークの20インチアロイホイールや、ブライトアルミニウム・ボンネットベント、サイドストレーキ&グリル、カーボンファイバー・フロントスプリッター、リアディフューザー、グレー・ブレーキキャリパーなども、ベース車に準じた装備となっている。

映画『007 スペクター』の日本での公開は2015年12月4日。“ボンドカー”には、アストンマーティンが本作のために10台のみ製作したという「DB10」が起用されている。

(webCG)
 

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • アストンマーティンDB11ローンチエディション(FR/8AT)【試乗記】 2017.3.15 試乗記 アストンマーティン伝統の、「DB」の2文字を車名に冠したニューモデル「DB11」。端々に伝統を感じさせるデザインで、新開発の5.2リッターV12ツインターボエンジンと先進のエアロダイナミクスを包んだ新世代アストンの実力を試す。
  • アストンマーティン、2017年モデルの概要を発表 2016.5.31 自動車ニュース アストンマーティンが日本で販売する各ラインナップの2017年モデルを発表した。ラインナップにおける大きな変更としては、「V8ヴァンテージ」シリーズの車種を高性能版の「V8ヴァンテージS」に統合。「DB11」の登場に伴い、「DB9」の車種も整理されている。
  • アストンマーティンの新型スポーツカー、欧州でスパイショット公開 2017.8.3 自動車ニュース 欧州で、アストンマーティンのスポーツカー「ヴァンテージ」の後継モデルとされる新型車のスパイショットが公開された。「ヴァンテージ」の後継モデルは2017年の暮れに発表される予定で、AMG製のエンジンが搭載される可能性がある。
  • マツダCX-5 XD Lパッケージ/CX-5 25S Lパッケージ【試乗記】 2017.8.10 試乗記 いい車とはなんだろう? その答えを見つけたければ、一気に遠くまで走ってみるといい。今回のロングドライブの相棒は「マツダCX-5」。名古屋をスタートして東海北陸道を北上し、和倉温泉を目指す300km余りの道のりで、同車とじっくり対話してみた。
  • 第53回:カーマニア、堕落の選択 2017.8.8 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。第53回は「カーマニア、堕落の選択」。5年後に還暦を迎える筆者が、次なる“牛丼車”として狙いを定めたのは、「BMW 320d」。その、安全性能は十分か否か? 「3シリーズ」の自動ブレーキとACCの進化の変遷に迫る。
ホームへ戻る