クルマ好きなら毎日みてる webCG 新車情報・新型情報・カーグラフィック

フォード・クーガ タイタニアム(4WD/6AT)

実直さがにじみ出る 2015.09.07 試乗記 エンジンのラインナップを見直して、2リッターと1.5リッターの2本立てとなった「フォード・クーガ」。今回は、従来の1.6リッターより60psも強化された2リッターエンジン搭載車「タイアニアム」に試乗し、その実用性能を探った。

フォードの悩み

そこに山があるから、という登山家と同じように、自動車メーカーは有望なマーケットがある限り、そこへ進出しないわけにはいかない。SUVというセグメントはなお巨大な未踏峰群ということなのだろう。今ではあらゆるメーカーが、それこそジャガーやマセラティ、ベントレーに至るまでこぞって参入しようとしている。大小さまざまなモデルが妍(けん)を競う状況の中では、自分たちこそ本家本元であるといくら主張してもアメリカン勢は分が悪い。いかにもアメリカ的な頭字語であるSUV(スポーツ・ユーティリティー・ビークル)は、もともとピックアップトラックから派生した多用途車であり、当然大きくタフで力強いことが身上、北米市場ではそれが長所として歓迎されるが、それ以外のマーケット、とりわけ日本では勝手が違う。トレンドはコンパクトで効率高く洗練されたSUV、あるいはスポーティーでラグジュアリーなモデルに移っているのだ。

もちろん、そんな風潮を百も承知のフォードが、抜かりなく日本向けに用意したコンパクトSUVがヨーロッパ生まれのクーガである。豊富な品ぞろえの中から市場に合うモデルを投入できるのはフォード・グループの長所でもあるが、反面そのせいでブランドの実像が曖昧になるという弱点があるのも事実。アメリカ車も欧州車もフォードなのだが、いったいどこのクルマ? というストレートな質問に対して、明快なコミュニケーションが展開しづらい巨人ゆえの悩みを昔から抱えている。しかも日本におけるフォードのラインナップがこれまでアメリカ車寄りになったり、ヨーロッパ車重視になったりと揺れ動いたせいで、なおさら立ち位置がぼやけてしまっていることは否定できない。今も「フォーカス」とクーガ、「マスタング」と「エクスプローラー」など多彩な車種が並ぶが、むしろそれを特長として、一歩一歩浸透を図っていくしかないだろう。

2代目「クーガ」は日本で2013年9月に発売された。1.6リッター“エコブースト”エンジンのみの設定とされたが、今回(2015年8月)それが改められ、1.5リッターと2リッターの2本立てとなった。
2代目「クーガ」は日本で2013年9月に発売された。1.6リッター“エコブースト”エンジンのみの設定とされたが、今回(2015年8月)それが改められ、1.5リッターと2リッターの2本立てとなった。 拡大
今回の変更は事実上エンジンの換装のみにとどまり、内外装は従来型と同じ。インパネの中央には、引き続きオーディオなどの操作パネル(SYNCと呼ばれる)が置かれる。ナビはオプション(試乗車には未装着)。
今回の変更は事実上エンジンの換装のみにとどまり、内外装は従来型と同じ。インパネの中央には、引き続きオーディオなどの操作パネル(SYNCと呼ばれる)が置かれる。ナビはオプション(試乗車には未装着)。 拡大
今回新たに登場した2リッター“エコブースト”エンジン(242ps、35.2kgm)。「エクスプローラー」用と同じボア87.5×ストローク83.1mmの1998ccユニットだが、諸元に若干の差があり(エクスプローラーは243ps、37.3kgm)、また指定ガソリンが「クーガ」はハイオク、エクスプローラーはレギュラーと異なっている。
今回新たに登場した2リッター“エコブースト”エンジン(242ps、35.2kgm)。「エクスプローラー」用と同じボア87.5×ストローク83.1mmの1998ccユニットだが、諸元に若干の差があり(エクスプローラーは243ps、37.3kgm)、また指定ガソリンが「クーガ」はハイオク、エクスプローラーはレギュラーと異なっている。 拡大
注目の記事PR
注目の記事一覧へ

2リッターと1.5リッターの直噴ターボエンジン

現行のフォード・クーガは、2年前に日本に導入された2代目モデル。その際にパワーユニットが初代の2.5リッター直5ターボから新世代の1.6リッター直4“エコブースト”ターボエンジンに一新されたが、今回のマイナーチェンジでそのエンジンが再び換装された。上級グレードの「タイタニアム」には2リッター4気筒直噴ターボ、「トレンド」には新しい1.5リッター4気筒直噴ターボという2本立て。ちなみにこのエンジンはフォーカスにも載ることになっている。日本向けの本命は1.5リッターのトレンドになるはずだが、今回紹介するのはパワフルなタイタニアムである。

欧州フォードにとっての永遠のライバルはフォルクスワーゲンであり、クーガの仮想敵は「フォルクスワーゲン・ティグアン」ということになるが、クーガの全長×全幅×全高は4540×1840×1705mm、ホイールベース2690mmというものでティグアンに比べてわずかに大きい。ちなみにかつては同じグループだった「マツダCX-5」と比べるとホイールベースが10mm短いだけで、それ以外はぴたり同一である(偶然だと思うが)。背の高さを別にすれば「レクサスNX」にも近いクーガは、フォードでいえばもちろんコンパクトSUVということになるが、日本でコンパクトと呼ぶには、特に全幅はちょっと抵抗感があるサイズだ。

兄貴分に当たるエクスプローラーにも搭載されている“エコブースト”2リッター4気筒ターボのスペックは242ps(178kW)/5500rpmと35.2kgm(345Nm)/2000-4500rpmで、従来型1.6ターボと比べてピークパワーは60ps、トルクは10.7kgmも増強されている。車重2トンを優に超えるエクスプローラーに搭載されているほどだから、1720kgのクーガで不足のあるはずがなく、かなりの駿足(しゅんそく)である。ただしその分JC08モード燃費は10.0km/リッターと現代の標準からすると見劣りするが、それでもわずかに改善されている(従来比5%アップ)という。いっぽう1.5リッターのエコブーストユニット(182ps、24.5kgm)を積むトレンドにはスタート&ストップシステム(アイドリングストップ)も採用されており、同12.7km/リッターとおよそ34%向上しているという。

試乗車のボディーカラーは若葉色のメタリックカラー。「ジンジャーエール」というカラーネームが付いている。
試乗車のボディーカラーは若葉色のメタリックカラー。「ジンジャーエール」というカラーネームが付いている。
    拡大
「タイタニアム」グレードではフルレザーシートのほか、「デュアルパネルサンルーフ」(フロント電動開閉式)が標準で備わるなど、インテリアの装備は充実している。
「タイタニアム」グレードではフルレザーシートのほか、「デュアルパネルサンルーフ」(フロント電動開閉式)が標準で備わるなど、インテリアの装備は充実している。
    拡大
シートは2列構成で、乗車定員は5人。後席は60:40の分割可倒式。
シートは2列構成で、乗車定員は5人。後席は60:40の分割可倒式。 拡大
ラゲッジルームの容量は406リッター。後席を畳めば1603リッターまで拡大できる。「タイタニアム」には「ハンズフリー・パワーリフトゲート」(リアバンパー下に足をかざすとリフトゲートが自動開閉する)が標準装備となる。
ラゲッジルームの容量は406リッター。後席を畳めば1603リッターまで拡大できる。「タイタニアム」には「ハンズフリー・パワーリフトゲート」(リアバンパー下に足をかざすとリフトゲートが自動開閉する)が標準装備となる。 拡大

例によって体幹しっかり

日本ではいまひとつ知られてはいないようだが、1999年の欧州カー・オブ・ザ・イヤーに輝いたフォーカス以来、ヨーロッパ製フォード車のダイナミック性能、つまり足まわりが優秀ということについては定評がある。クーガはフォーカスと共通のプラットフォームを採用しているが、期待に違(たが)わず以前からしっかり引き締まった足まわりを持つ。タフというよりロバスト、すなわち頑健で頼もしく、さらにSUVとしては意外なほどキビキビした快活なハンドリングを特徴としている。新しいクーガは上述のようにいっそうパワフルなエンジンを積んでいるが、コーナリング中にわざと乱暴にスロットルを開けても、電子制御カップリングといわゆるトルクベクタリング効果を生み出すブレーキがパワーを持て余すことなく巧妙にコントロールしてくれる。このしっかりした“体幹”による安定感がフォードの持ち味だ。

問題はわれわれ日本人にはなじみのない操作系である。変速機はセレクトシフト付き6ATで、フォーカス同様、シフトノブ右横に設けられたサムスイッチによってマニュアルシフトすることも可能だが、縦長のこのスイッチは頻繁に使いたくなるようなものではない。今はステアリングコラムにシフトパドルが備わるのが普通だと思うが、なぜかフォードは依然としてこの小さなボタンにこだわっている。そもそもこのスイッチはSレンジを選択している場合しか作動しないし、クリック感といい、反応速度といい、積極的に使うには物足りない。ギアをホールドしてエンジンブレーキを利かせたい場合にもレバーそのものを前後に動かすほうがずっと直感的に操作できるはずだ。ユニークであるのはいいが、もう少し突き詰めてほしいところだ。

パワーステアリングは電動式。旋回時にイン側の前輪が空転しかかるとブレーキ制御でそれを防ぐトルクベクタリング・コントロールも備わる。
パワーステアリングは電動式。旋回時にイン側の前輪が空転しかかるとブレーキ制御でそれを防ぐトルクベクタリング・コントロールも備わる。 拡大
6段ATのマニュアルシフトは、セレクターノブの右側面にあるスイッチで行う。上半分を押せば「+」、下半分なら「-」。
6段ATのマニュアルシフトは、セレクターノブの右側面にあるスイッチで行う。上半分を押せば「+」、下半分なら「-」。
    拡大
ワインディングロードを行く「クーガ タイタニアム」。
ワインディングロードを行く「クーガ タイタニアム」。
    拡大

個性的ではあるけれど

フォーカスと同タイプのオーディオ操作パネルがダッシュ中央の一等地を占めているのも今ではちょっと時代遅れな雰囲気だ。インストゥルメントパネル全体のデザインは立体的でダイナミックだが、真ん中のパネルが“浮いて”いる。ピアノブラックのプレートにまばらに配置されたボタンや、くっきりとしたソニーのロゴが不思議な感じ(こんなカーオーディオを作っていたっけ? と日本人は思う)、スイッチが多いほうが高性能に見えた昔のラジカセのようにも見える。欧州など市場によってはここにカーナビのモニターがはまるようだが、日本仕様でカーナビを装着する場合は、このヘッドユニットをそっくり取り外して交換しなければならない(販売店オプション)。小さな市場のつらいところである。

フォードの、とりわけ欧州フォードの美点はシンプルだが「乗るといい」と実感できる質実剛健さだと思う。クーガの場合も燃費を除けば、実用性や走行性能などあらゆる面で誠実でまっとうな道具感がにじみ出ている。プレミアムとかラグジュアリーとか、世の中の表面的なはやりに流されることなく、簡潔な機能性をさらに追及してほしい。ブランド力はまだ足りないかもしれないが「良品」であることは間違いない。クーガは“おしゃれSUV”が忘れてしまった道具としての本分を備えている、と自信をもって主張しましょう。

(文=高平高輝/写真=小林俊樹)

ボディーサイズのカタログ値は4540×1840×1705mm。面白いことに「マツダCX-5」と同値だ。
ボディーサイズのカタログ値は4540×1840×1705mm。面白いことに「マツダCX-5」と同値だ。 拡大
タイヤサイズは235/50R18。試乗車にはコンチネンタル・コンチスポーツコンタクト5が装着されていた。
タイヤサイズは235/50R18。試乗車にはコンチネンタル・コンチスポーツコンタクト5が装着されていた。
    拡大
車両価格は2リッターの「タイアニアム」(写真)が419万円で、1.5リッターの「トレンド」が359万円。ハンドル位置は右のみ。
車両価格は2リッターの「タイアニアム」(写真)が419万円で、1.5リッターの「トレンド」が359万円。ハンドル位置は右のみ。
    拡大

テスト車のデータ

フォード・クーガ タイタニアム

ボディーサイズ:全長×全幅×全高=4540×1840×1705mm
ホイールベース:2690mm
車重:1720kg
駆動方式:4WD
エンジン:2リッター直4 DOHC 16バルブ ターボ
トランスミッション:6段AT
最高出力:242ps(178kW)/5500rpm
最大トルク:35.2kgm(345Nm)/2000-4500rpm
タイヤ:(前)235/50R18 101V/(後)235/50R18 101V(コンチネンタル・コンチスポーツコンタクト5)
燃費:10.0km/リッター(JC08モード)
価格:419万円/テスト車=419万円
オプション装備:なし

テスト車の年式:2015年型
テスト開始時の走行距離:3708km
テスト形態:ロードインプレッション
走行状態:市街地(2)/高速道路(7)/山岳路(1)
テスト距離:282.0km
使用燃料:38.3リッター
参考燃費:7.4km/リッター(満タン法)/8.0km/リッター(車載燃費計計測値)

 
フォード・クーガ タイタニアム
フォード・クーガ タイタニアム
    拡大

フォード・クーガ タイタニアム(4WD/6AT)【試乗記】の画像 拡大

関連キーワード:
クーガフォード試乗記

あなたにおすすめの記事