マツダ、軽乗用車フレアの燃費性能を改善

2015.09.03 自動車ニュース
「マツダ・フレアHS」
「マツダ・フレアHS」 拡大

マツダ、軽乗用車「フレア」の燃費性能を改善

マツダは2015年9月3日、軽乗用車「フレア」に一部改良を実施し、販売を開始した。

「フレア カスタムスタイルHT」
「フレア カスタムスタイルHT」 拡大

フレアはマツダがスズキからOEM供給を受けて販売している軽ハイトワゴンであり、「スズキ・ワゴンR」の姉妹モデルにあたる。

今回の一部改良の内容は、同年8月18日にワゴンRに実施されたものに準じており、5段MT車を除く全車において、燃費性能を向上させた。

具体的には、ターボ車についてはモーターアシスト機構やブレーキエネルギー回生機構などからなる「S-エネチャージ」を新たに採用することで、燃費をFF車で28.0km/リッター、4WD車で26.4km/リッターに改善。自然吸気エンジン車についても、エンジンの圧縮比を11.5に変更するなどの改良を行い、CVT搭載車では29.0~33.0km/リッターという燃費を実現した。

価格は115万5600円~175万7160円。

(webCG)
 

関連キーワード:
フレアフレア カスタムスタイルマツダ自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • マツダが軽乗用車「フレアワゴン」をフルモデルチェンジ 2017.12.22 自動車ニュース マツダは2017年12月22日、「フレアワゴン/フレアワゴン カスタムスタイル」を全面改良し、2018年2月8日に発売すると発表した。スズキからOEM供給を受けて販売する軽乗用車であり、「スズキ・スペーシア/スペーシア カスタム」の姉妹モデルにあたる。
  • マツダ・フレアワゴンにターボの新グレード 2015.8.27 自動車ニュース マツダが「フレアワゴン」に一部改良を実施。モーターアシスト機能付きターボエンジンを搭載した新グレード「カスタムスタイル XGターボ」「カスタムスタイル XSターボ」を追加した。FF車で26.8km/リッターという燃費性能と、力強い走りを両立しているという。
  • ステーションワゴン、はじめました
    これが「ホンダ・ジェイド」の進む道!?
    2018.5.23 デイリーコラム 2列シートの5人乗りタイプ追加に加えて、スポーティーグレードの商品力を強化して販売不振からの脱却を図る「ホンダ・ジェイド」。「ヒンジドアミニバン」市場の縮小という状況下で、ホンダがとった秘策とは!?
  • MINIクーパーS コンバーチブル(FF/7AT)【海外試乗記】 2018.5.25 試乗記 現行型MINIの3モデルが、デビューから4年を経て大幅にマイナーチェンジ。デュアルクラッチ式ATの採用とサスペンションの改良は、このクルマにどんな変化をもたらしたのか? スペイン・マヨルカ島での試乗で感じた、進化の程をリポートする。
  • スズキSV650X ABS(MR/6MT)【レビュー】 2018.3.24 試乗記 合言葉は「The Timeless V-Twin Roadsport」。スズキから、ちょっと懐かしいスタイリングのニューモデル「SV650X」が登場。Vツインの軽快なネイキッドモデル「SV650」をカフェレーサースタイルに仕上げた一台の出来栄えを試す。
ホームへ戻る