マツダ、軽乗用車フレアの燃費性能を改善

2015.09.03 自動車ニュース
「マツダ・フレアHS」
「マツダ・フレアHS」

マツダ、軽乗用車「フレア」の燃費性能を改善

マツダは2015年9月3日、軽乗用車「フレア」に一部改良を実施し、販売を開始した。

「フレア カスタムスタイルHT」
「フレア カスタムスタイルHT」

フレアはマツダがスズキからOEM供給を受けて販売している軽ハイトワゴンであり、「スズキ・ワゴンR」の姉妹モデルにあたる。

今回の一部改良の内容は、同年8月18日にワゴンRに実施されたものに準じており、5段MT車を除く全車において、燃費性能を向上させた。

具体的には、ターボ車についてはモーターアシスト機構やブレーキエネルギー回生機構などからなる「S-エネチャージ」を新たに採用することで、燃費をFF車で28.0km/リッター、4WD車で26.4km/リッターに改善。自然吸気エンジン車についても、エンジンの圧縮比を11.5に変更するなどの改良を行い、CVT搭載車では29.0~33.0km/リッターという燃費を実現した。

価格は115万5600円~175万7160円。

(webCG)
 

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

関連記事 ホームへ戻る