マツダ、軽乗用車フレアの燃費性能を改善

2015.09.03 自動車ニュース
「マツダ・フレアHS」
「マツダ・フレアHS」

マツダ、軽乗用車「フレア」の燃費性能を改善

マツダは2015年9月3日、軽乗用車「フレア」に一部改良を実施し、販売を開始した。

「フレア カスタムスタイルHT」
「フレア カスタムスタイルHT」

フレアはマツダがスズキからOEM供給を受けて販売している軽ハイトワゴンであり、「スズキ・ワゴンR」の姉妹モデルにあたる。

今回の一部改良の内容は、同年8月18日にワゴンRに実施されたものに準じており、5段MT車を除く全車において、燃費性能を向上させた。

具体的には、ターボ車についてはモーターアシスト機構やブレーキエネルギー回生機構などからなる「S-エネチャージ」を新たに採用することで、燃費をFF車で28.0km/リッター、4WD車で26.4km/リッターに改善。自然吸気エンジン車についても、エンジンの圧縮比を11.5に変更するなどの改良を行い、CVT搭載車では29.0~33.0km/リッターという燃費を実現した。

価格は115万5600円~175万7160円。

(webCG)
 

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

関連記事
  • スズキ・スイフト【試乗記】 2017.2.7 試乗記 累計販売台数は530万台というスズキの世界戦略車「スイフト」が、新型にフルモデルチェンジ。欧州の道で開発されたというスズキのグローバルコンパクトは、思わずいろいろと語りたくなるようなクルマとなっていた。
  • 【ジュネーブショー2017】レクサス、新型「LS」のハイブリッドモデルを出展 2017.2.14 自動車ニュース トヨタが、新型「レクサスLS」のハイブリッドモデル「LS500h」をジュネーブショーで世界初公開すると発表した。同車の詳細については日本時間の3月7日に公開される予定で、また同ショーには「レクサスRC F GT3」なども出展される。
  • トヨタ・ヴィッツ ハイブリッドU/ヴィッツ ハイブリッド ジュエラ【試乗記】 2017.2.16 試乗記 マイナーチェンジを機にハイブリッドモデルの国内販売がスタートした、トヨタのコンパクトカー「ヴィッツ」。既存の小型ハイブリッド車「アクア」とは、どんな違いがあるのだろうか。かつてアクアを所有した清水草一が、その走りや乗り心地をチェックした。
  • 三菱自動車、「RVR」のフロントマスクを一新 2017.2.9 自動車ニュース 三菱自動車は2017年2月9日、コンパクトSUV「RVR」に一部改良を実施し、同年2月16日に発売すると発表した。今回の改良ではフロントマスクを一新し、乗員とクルマを守る機能を力強く表現したフロントデザインコンセプトの「ダイナミックシールド」を採用した。
  • スズキ・ワゴンR/ワゴンRスティングレー 2017.2.1 画像・写真 軽ハイトワゴンの元祖である「スズキ・ワゴンR」が、新世代プラットフォームやマイルドハイブリッドが採用された6代目にフルモデルチェンジ。イメージの異なる3種類のデザインをそろえた新型の姿を、画像で紹介する。
ホームへ戻る