日産エクストレイル20Xハイブリッド“エマージェンシーブレーキ パッケージ”(4WD/CVT)/エクストレイル20X“エマージェンシーブレーキ パッケージ”(4WD/CVT)

オンでもオフでも優等生 2015.09.09 試乗記 日産を代表するSUV「エクストレイル」に試乗。新たにラインナップされたハイブリッドモデルの燃費性能と、これまで以上に磨き上げたとされる3代目のオフロード走破性を確かめた。

いざ、ハイブリッドでエコラン競争

「エクストレイル ハイブリッドのエコラン競争に参加するんですが、ドライバーをお願いできますか?」

webCG編集部からの誘いに、いつもなら二つ返事で引き受ける私だが、「エコラン競争」という言葉に一瞬尻込みした。経費節減のこのご時世、日ごろからエコドライブを心がけてはいるものの、いざ燃費競争となるといつも散々な結果に終わるからだ。

電話口でしばらく黙り込む私に編集部のS君は、「ゴール後に、ガソリン車でオフロード走行もできますので、どうですか? それに、おいしいランチも待ってるみたいですよ!」と畳みかける。「もちろん行くけど、順位は期待しないでよ……」ということで交渉成立し、8月某日の朝、前出のS君とTカメラマン、そして私の3名からなるwebCGチームはスタート地点である日産グルーバル本社(神奈川県横浜市)に集結した。

地下駐車場で待ち構えていたのは、「エクストレイル20X ハイブリッド“エマージェンシーパッケージ”」(4WD)。参加車両はすべて「ブリリアントホワイトパール」のボディーカラーで見事に統一されていて、中身ばかりか見た目までもイコールコンディション化が図られていた。

まず試乗したのは、「日産エクストレイル」のハイブリッドモデル。2013年12月に3代目エクストレイルがデビューしてから1年半後の、2015年5月に販売が開始された。
「先進感と上質感の融合」がうたわれるコックピット。センターコンソールは、ピアノブラックのパネル類で飾られる。
アウトドアでの活躍が見込まれるSUVらしく、シートには、防水性と透湿性を併せ持つ表皮が採用されている。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

エクストレイルの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • 日産エクストレイル20X“エマージェンシーブレーキ パッケージ”(4WD/CVT)【試乗記】 2014.2.12 試乗記 デザインも走りも一新した新型「日産エクストレイル」。好評だった初代、2代目の路線に別れを告げ、新境地に乗り出した3代目の実力を試した。
  • 「日産エクストレイル」に装備充実の特別仕様車 2016.11.24 自動車ニュース 日産自動車は2016年11月24日、「エクストレイル」に特別仕様車「20Xtt」を設定し、販売を開始した。「20X“エマージェンシーブレーキパッケージ”」をベースに、LEDヘッドランプやアルミホイールなど、装備の充実が図られている。
  • ホンダS660 MUGEN RA(MR/6MT)【試乗記】 2016.11.18 試乗記 ホンダのミドシップ・マイクロスポーツカー「S660」をベースに、無限が独自の改良を施したコンプリートカー「S660 MUGEN RA」。モータースポーツ直系のノウハウが注ぎ込まれた、660台限定のチューンドカーの走りを報告する。
  • ポルシェ718ボクスターS(MR/7AT)【試乗記】 2016.11.17 試乗記 350psの2.5リッターフラット4ターボエンジン搭載の「718ボクスターS」に試乗。パワーはもちろん、乗り心地もハンドリングも抜かりなしの718ボクスターSだが、ポルシェにだってできないことはある。それは……。箱根の山道を目指した。
  • ホンダ・フリード/フリード+【試乗記】 2016.11.7 試乗記 ホンダのコンパクトミニバン&ハイトワゴンの「フリード」シリーズがフルモデルチェンジ。ハイブリッドのFF車、ハイブリッドの4WD車、そしてガソリンエンジンのFF車と、3つの仕様に一斉試乗し、2代目となった新型の実力を確かめた。
ホームへ戻る