クルマ好きなら毎日みてる webCG 新車情報・新型情報・カーグラフィック

日産エクストレイル20Xハイブリッド“エマージェンシーブレーキ パッケージ”(4WD/CVT)/エクストレイル20X“エマージェンシーブレーキ パッケージ”(4WD/CVT)

オンでもオフでも優等生 2015.09.09 試乗記 日産を代表するSUV「エクストレイル」に試乗。新たにラインナップされたハイブリッドモデルの燃費性能と、これまで以上に磨き上げたとされる3代目のオフロード走破性を確かめた。

いざ、ハイブリッドでエコラン競争

「エクストレイル ハイブリッドのエコラン競争に参加するんですが、ドライバーをお願いできますか?」

webCG編集部からの誘いに、いつもなら二つ返事で引き受ける私だが、「エコラン競争」という言葉に一瞬尻込みした。経費節減のこのご時世、日ごろからエコドライブを心がけてはいるものの、いざ燃費競争となるといつも散々な結果に終わるからだ。

電話口でしばらく黙り込む私に編集部のS君は、「ゴール後に、ガソリン車でオフロード走行もできますので、どうですか? それに、おいしいランチも待ってるみたいですよ!」と畳みかける。「もちろん行くけど、順位は期待しないでよ……」ということで交渉成立し、8月某日の朝、前出のS君とTカメラマン、そして私の3名からなるwebCGチームはスタート地点である日産グルーバル本社(神奈川県横浜市)に集結した。

地下駐車場で待ち構えていたのは、「エクストレイル20X ハイブリッド“エマージェンシーパッケージ”」(4WD)。参加車両はすべて「ブリリアントホワイトパール」のボディーカラーで見事に統一されていて、中身ばかりか見た目までもイコールコンディション化が図られていた。

まず試乗したのは、「日産エクストレイル」のハイブリッドモデル。2013年12月に3代目エクストレイルがデビューしてから1年半後の、2015年5月に販売が開始された。
まず試乗したのは、「日産エクストレイル」のハイブリッドモデル。2013年12月に3代目エクストレイルがデビューしてから1年半後の、2015年5月に販売が開始された。
    拡大
「先進感と上質感の融合」がうたわれるコックピット。センターコンソールは、ピアノブラックのパネル類で飾られる。
「先進感と上質感の融合」がうたわれるコックピット。センターコンソールは、ピアノブラックのパネル類で飾られる。
    拡大
アウトドアでの活躍が見込まれるSUVらしく、シートには、防水性と透湿性を併せ持つ表皮が採用されている。
アウトドアでの活躍が見込まれるSUVらしく、シートには、防水性と透湿性を併せ持つ表皮が採用されている。
    拡大

上手なエコランの5カ条とは?

エクストレイルハイブリッドに搭載されるのは、147psを発生する2リッター直列4気筒直噴ガソリンエンジンとCVTに、1個のモーターと2個のクラッチを組み合わせた「インテリジェント デュアル クラッチ コントロール」システム。クラッチの操作により、エンジン走行、モーター走行(いわゆるEV走行)、エンジン+モーター走行を巧みに切り替える、日産独自のシステムだ。これにより、4WDのJC08モード燃費は、ガソリン車の16.0km/リッターに対し、ハイブリッド車は20.0km/リッターにアップしている。

エコラン競争では、日産グルーバル本社から山梨県河口湖町にある標高約1000mのキャンプ場まで約150kmの燃費を競う。ルートは自由ということだが、高速道路中心の移動になるはずだ。目標はカタログ燃費を超えることだが、そのためには、

1.発進から50km/hまでは意識してモーターで走る。
2.ふんわりブレーキを使い急ブレーキは避ける。停車時はブレーキをしっかり踏む。
3.坂の頂上手前からアクセルオフして、惰性で下る。
4.1200-2000rpmを意識して走る。
5.電池を“ためて→使う”を繰り返す。

……という走り方が効果的であると日産のスタッフが教えてくれた。「これならできそうだ」と思いながら、日産グルーバル本社をあとにするwebCGチームだったが……。

ハイブリッド車のパワーユニット。「スカイライン」や「フーガ」などと同様に、エンジンとモーター、2つのクラッチを組み合わせることで、高速域におけるEV走行とブレーキエネルギー回生の高効率化を実現したという。
ハイブリッド車のパワーユニット。「スカイライン」や「フーガ」などと同様に、エンジンとモーター、2つのクラッチを組み合わせることで、高速域におけるEV走行とブレーキエネルギー回生の高効率化を実現したという。
    拡大
17インチアルミホイール(写真)は、エントリーモデル「20S」を除くすべての「エクストレイル」に与えられる。
17インチアルミホイール(写真)は、エントリーモデル「20S」を除くすべての「エクストレイル」に与えられる。
    拡大
テスト車は、さまざまな角度から車体周囲の状況を映し出し、さらに移動物の存在を知らせる安全装備「アラウンドビューモニター」を装備。写真は、その表示画面。
テスト車は、さまざまな角度から車体周囲の状況を映し出し、さらに移動物の存在を知らせる安全装備「アラウンドビューモニター」を装備。写真は、その表示画面。
    拡大
ハイブリッド車の荷室。床下にリチウムイオンバッテリーを搭載する関係で、絶対的な容量こそガソリン車に劣るものの、後席を倒すことで、さまざまな荷物の積載に対応できる。(写真をクリックすると、荷室のアレンジが見られます)
ハイブリッド車の荷室。床下にリチウムイオンバッテリーを搭載する関係で、絶対的な容量こそガソリン車に劣るものの、後席を倒すことで、さまざまな荷物の積載に対応できる。(写真をクリックすると、荷室のアレンジが見られます)
    拡大
関連キーワード

トップは19.4km/リッター

前述の“5カ条”に加えてとった作戦としては、2WD(FF)で走ることと、あまりスピードを上げすぎないことくらい。ルートはナビの指示通りで、エアコンもあえてオンのまま(!)である。

エコドライブをサポートする「ECOモード」をオンにしてスタート。モーターの力でスムーズに発進するのはエクストレイル ハイブリッドの醍醐味(だいごみ)だが、流れを乱さないように走ろうとすると、ついアクセルペダルに力が入り、エンジンがかかってしまうことも。こんなとき、他のハイブリッド車のように「EVモード」があると、少し楽かもしれない。一方で、走行中にアクセルペダルを緩めると頻繁にエンジンが停止し、緩い加速なら高速走行中でもモーターだけで済んでしまうことが多々あった。

モーターがエンジンをアシストする状況ならさらに力強い加速が手に入り、登り勾配を含めて常に余裕ある走りを楽しむことができた。クラッチのオン・オフにより自動的に走行モードが変わるのだが、その切り替えが実にスムーズなのも、このクルマの印象をよくしている。

肝心の平均燃費は、一般道中心の序盤こそ15km/リッターに届くか届かないくらいだったが、高速走行が進むにつれて19km/リッター台まで伸びていった。ところが、登り勾配が続く後半で16km/リッターにまで落ち、最終的には17.2km/リッターとカタログ燃費には及ばなかった。ちなみにこの日のトップは18km/リッター台をたたき出す一方、われわれwebCGチーム(といっても運転したのは私だけなのだが……)は、5台中5位、つまりビリ。後日、届いた集計結果でも、28チーム中22位という不名誉な結果である……トホホ。ちなみにトップは19.4km/リッター、全チームの平均燃費は17.8km/リッターだった。

「日産エクストレイル20Xハイブリッド“エマージェンシーブレーキ パッケージ”」でエコランに臨む、筆者。
「日産エクストレイル20Xハイブリッド“エマージェンシーブレーキ パッケージ”」でエコランに臨む、筆者。
    拡大
高速でEV走行できるのは、「エクストレイル ハイブリッド」のセリングポイントの一つ。写真はEV走行中の計器盤で、エンジン回転計は「0」を指している。
高速でEV走行できるのは、「エクストレイル ハイブリッド」のセリングポイントの一つ。写真はEV走行中の計器盤で、エンジン回転計は「0」を指している。
    拡大
ハイブリッド車(写真)は2列5人乗りに限られるが、ガソリン車の一部グレードでは、3列7人乗り仕様も選べる。
ハイブリッド車(写真)は2列5人乗りに限られるが、ガソリン車の一部グレードでは、3列7人乗り仕様も選べる。
    拡大

日産エクストレイル エコラン&オフロード試乗会【試乗記】の画像 拡大
車買取・中古車査定 - 価格.com

オフロードでも安心できる

エコラン競争のあとは、舞台をオフロードコースに移し、ガソリンモデルのエクストレイルで4WDの走りをチェックした。エクストレイルにはガソリン、ハイブリッドともに同じ「ALL MODE 4×4-i」が搭載されている。ハイブリッドだからといって、前をエンジン、後ろをモーターで駆動するいわゆる「e-4WD」を採用しないのがエクストレイルのこだわりだ。

「AUTOモード」で走りだすと、オフロードでも平たんな場所なら前輪にほぼ100%近いトルクが配分される一方、急な登り勾配などでは自動的に後輪のトルク配分が増やされ、4輪がスリップすることなく、安定して長い坂を登り切ることができた。
坂の途中でクルマを止めても、ヒルスタートアシストが発進をサポートしてくれるし、反対に急な下り坂では、4WDを「LOCKモード」にしたうえで「アドバンスドヒルディセントコントロール」機能を使い、歩むような速さで坂を下りることができるから、冷や汗をかかずに済んだ。

オフロード試乗を終えたあとは、再びハイブリッド車で横浜の日産本社を目指す。往路とは違って特にエコランを意識せず、流れに任せてクルマを走らせたときの燃費は16.5km/リッター。ストレスのない走りを楽しんだことを思えば、なかなかの好燃費といえるだろう。往路が登り、復路が下りということを考えると、帰りもエコランをしていたらカタログ燃費は軽く超えていたに違いない。

そんなハイブリッド車が、実はエクストレイル人気に大きく貢献している。ハイブリッドが発表された4月から3カ月間の受注台数を見ると、ガソリンの1万480台に対してハイブリッドが1万804台。つまり、エクストレイルの2台に1台がハイブリッドということになる。「ノート」や「セレナ」とともに日産の国内販売を支えるエクストレイルにとって、このハイブリッドはまさに鬼に金棒! ハイブリッド車信奉が強い日本において、ガソリン車以上に力強い走りと低燃費を手に入れたエクストレイル ハイブリッドが日産の“顔”になる日は近い?

(文=生方 聡/写真=高橋信宏)

4WD車の「エクストレイル」では、3つの走行モード(LOCKモード/AUTOモード/2WDモード)が選択可能。モードにより、リアには最大50%のトルクが配分される。
4WD車の「エクストレイル」では、3つの走行モード(LOCKモード/AUTOモード/2WDモード)が選択可能。モードにより、リアには最大50%のトルクが配分される。
    拡大
未舗装の急坂を駆け上がる「エクストレイル」。前後のトルク配分を固定するLOCKモード推奨ながら、AUTOモードでも難なく走破できた。
未舗装の急坂を駆け上がる「エクストレイル」。前後のトルク配分を固定するLOCKモード推奨ながら、AUTOモードでも難なく走破できた。
    拡大
センターコンソールに備わる、「ALL MODE 4×4-i」のセレクター。その隣に見えるのは、「アドバンスドヒルディセントコントロール」と「シートヒーター」のスイッチだ。
センターコンソールに備わる、「ALL MODE 4×4-i」のセレクター。その隣に見えるのは、「アドバンスドヒルディセントコントロール」と「シートヒーター」のスイッチだ。
    拡大
ハイブリッド車のメーターは、アナログ式の2眼タイプ。中央の液晶モニターでは、エネルギーフローや燃費情報、運転支援システムの作動状況、タイヤ空気圧などが確認できる。(写真をクリックすると、画面の表示バリエーションが見られます)
ハイブリッド車のメーターは、アナログ式の2眼タイプ。中央の液晶モニターでは、エネルギーフローや燃費情報、運転支援システムの作動状況、タイヤ空気圧などが確認できる。(写真をクリックすると、画面の表示バリエーションが見られます)
    拡大

日産エクストレイル エコラン&オフロード試乗会【試乗記】の画像 拡大
日産エクストレイル20Xハイブリッド“エマージェンシーブレーキ パッケージ”
日産エクストレイル20Xハイブリッド“エマージェンシーブレーキ パッケージ”
    拡大
今回のテスト車は、安全装備「エマージェンシーブレーキ パッケージ」を搭載。フロントウィンドウ内側のカメラ(写真)を使って、衝突の回避や被害の軽減、車線逸脱の防止を図る。進入禁止標識の検知も可能。
今回のテスト車は、安全装備「エマージェンシーブレーキ パッケージ」を搭載。フロントウィンドウ内側のカメラ(写真)を使って、衝突の回避や被害の軽減、車線逸脱の防止を図る。進入禁止標識の検知も可能。
    拡大

日産エクストレイル エコラン&オフロード試乗会【試乗記】の画像 拡大

テスト車のデータ

日産エクストレイル20Xハイブリッド“エマージェンシーブレーキ パッケージ”

ボディーサイズ:全長×全幅×全高=4640×1820×1715mm
ホイールベース:2705mm
車重:1630kg
駆動方式:4WD
エンジン:2リッター直4 DOHC 16バルブ
モーター:交流同期電動機
トランスミッション:CVT
エンジン最高出力:147ps(108kW)/6000rpm
エンジン最大トルク:21.1kgm(207Nm)/4400rpm
モーター最高出力:41ps(30kW)
モーター最大トルク:16.3kgm(160Nm)
タイヤ:(前)225/65R17 102H M+S/(後)225/65R17 102H M+S(ダンロップ・グラントレックST30)
燃費:20.0km/リッター(JC08モード)
価格:301万1040円/テスト車=359万2425円
オプション装備:ボディーカラー<ブリリアントホワイトパール スクラッチシールド>(4万3200円)/NissanConnectナビゲーションシステム+アラウンドビューモニター<MOD〔移動物検知〕機能付き>+インテリジェントパーキングアシスト+ステアリングスイッチ<オーディオ、ナビ、ハンズフリーフォン、クルーズコントロール>+BSW<後側方車両検知警報>+ふらつき警報+クルーズコントロール(32万7240円)/リモコンオートバックドア<ハンズフリー機能、挟み込み防止機構付き>(5万4000円)/ルーフレール(5万4000円) ※以下、販売店装着オプション LEDフォグランプ<アラウンドビューモニター装着車用>(6万9614円)/デュアルカーペット<消臭機能付きフロアカーペット+ラバーマット 2列車用>(3万3331円)

テスト車の年式:2015年型
テスト開始時の走行距離:4716km
テスト形態:ロードインプレッション
走行状態:市街地(--)/高速道路(--)/山岳路(--)
テスト距離:--km
使用燃料:--リッター
参考燃費:--km/リッター

日産エクストレイル20X“エマージェンシーブレーキ パッケージ”(2列シート車)
日産エクストレイル20X“エマージェンシーブレーキ パッケージ”(2列シート車)
    拡大
リアカメラの映像を映し出す「スマートルームミラー」。荷物や乗員にさえぎられることなく、クリアな後方視界が得られる。
リアカメラの映像を映し出す「スマートルームミラー」。荷物や乗員にさえぎられることなく、クリアな後方視界が得られる。
    拡大
ガソリン車(2列シート車)の荷室。2分割式のフロアボードをアレンジすることで、棚や仕切りを設けることができる。後席を倒せば、1.8m級の長尺物にも対応可能。(写真をクリックすると、荷室のアレンジが見られます)
ガソリン車(2列シート車)の荷室。2分割式のフロアボードをアレンジすることで、棚や仕切りを設けることができる。後席を倒せば、1.8m級の長尺物にも対応可能。(写真をクリックすると、荷室のアレンジが見られます)
    拡大

日産エクストレイル エコラン&オフロード試乗会【試乗記】の画像 拡大

日産エクストレイル20X“エマージェンシーブレーキ パッケージ”(2列シート車)

ボディーサイズ:全長×全幅×全高=4640×1820×1715mm
ホイールベース:2705mm
車重:1500kg
駆動方式:4WD
エンジン:2リッター直4 DOHC 16バルブ
トランスミッション:CVT
最高出力:147ps(108kW)/6000rpm
最大トルク:21.1kgm(207Nm)/4400rpm
タイヤ:(前)225/65R17 102H/(後)225/65R17 102H(ヨコハマ・ジオランダーG91)
燃費:16.0km/リッター(JC08モード)
価格:259万9560円/テスト車=327万9331円
オプション装備:LEDヘッドランプ<ハイ/ロービーム、オートレベライザー付き、フレンドリーライティング作動付き、シグネチャーLEDポジションランプ付き>+フォグランプ<クロムメッキリング付き>(7万5600円)/NissanConnectナビゲーションシステム+アラウンドビューモニター<MOD〔移動物検知〕機能付き>+インテリジェントパーキングアシスト+ステアリングスイッチ<オーディオ、ナビ、ハンズフリーフォン、クルーズコントロール>+BSW<後側方車両検知警報>+ふらつき警報+クルーズコントロール(32万7240円)/SRSサイドエアバッグ<運転席・助手席>+SRSカーテンエアバッグ(7万5600円)+リモコンオートバックドア<ハンズフリー機能、挟み込み防止機構付き>(5万4000円)+ルーフレール(5万4000円) ※以下、販売店装着オプション スマートルームミラー(6万円)/デュアルカーペット<消臭機能付きフロアカーペット+ラバーマット 2列車用>(3万3331円)

テスト車の年式:2013年型
テスト車の走行距離:1万4476km
テスト形態:トラックインプレッション
走行状態:市街地(--)/高速道路(--)/山岳路(--)
テスト距離:--km
使用燃料:--リッター
参考燃費:--km/リッター

あなたにおすすめの記事