スバルWRX S4 GT-S EyeSight(4WD/CVT)

よりしなやかに、粘り強く 2015.09.08 試乗記 年次改良により、「スバルWRX S4」の上級グレードに「WRX STI」と同じ245/40R18サイズのハイパフォーマンスタイヤがオプション設定された。専用チューニングのサスペンションまでおごられたという“245タイヤのS4”の実力をリポートする。

違いはタイヤだけにあらず

「え、“245”の方乗ってもらってないんですか? あれ、今回の年改(年次改良)の目玉なのに……」
「そうなんですか。わかりました。じゃあ後日お借りすることにしますね!」

……と、ことの顛末(てんまつ)は前回前々回の試乗記を時系列でご参照いただければありがたいのだが、ともあれ拙方、これで晴れて3度目のWRX S4試乗である。もう、ステアリングにごちょごちょ付いたスイッチのどこが何、くらいの“盲牌(もうぱい)”はこなせるようになってきた。

WRX S4は「GT」と「GT-S」、基本的に2つのグレード構成となっている。装着タイヤサイズは同じ225/40R18ということで、走行性能面ではGTがKYB製、GT-Sがビルシュタイン製のダンパーを用いることで差別化されているわけだ。

発売から1年足らずで行われた年次改良では、GTグレードのKYB製ダンパーのフリクションチューニングを変更。微小入力域の減衰立ち上がりをスムーズにすることで低中速域の乗り心地を改善している。その成果は初期型比で歴然とは言わずともはっきりと感じ取れるもので、スポーツセダンとしてようやく受容できる快適性を手に入れたかなという印象を受けた。

ある意味スバル伝統の、ビルシュタイン製倒立ダンパーを搭載したGT-Sグレードについてはさすがにスペックの変更はない。で、その代わりというわけでもないだろうが、そのGT-Sグレードにオプションというかたちで設けられた新たな選択肢が、くだんの「245の方」というわけだ。S4にもSTIと同じ245/40R18サイズのタイヤを装着したいという、WRXシリーズの熱烈なファン方面からの要望に応えるかたちで用意されたそれには、同じくビルシュタインの倒立ダンパーが足まわりに用いられている。まぁ幅が2cm広くなっただけだし、そのままポン付けでいいんじゃないの? と、正直よそのメーカーならそんな話になりそうなものだが、スバルはそれをよしとしなかった。というわけでS4のGT-S、同じビルシュタインにみえて、245幅を選択するとダンパーチューニングは別物に。しかも、それに合わせてスプリングも設定を変えているという。

つまるところ、月販目標300台のクルマにして3種類の脚セット。こんなぜいたくがよく許されるものだと思う。いや、ぜいたくなだけではない。いくらウチは田舎の小さい会社で……と謙遜されてもメーカーはメーカーである。その仕掛けの規模やロットの大きさを考えると、生産や調達の管理も大変そうだ。

2015年6月末に、初の年次改良を受けた「WRX S4」。上級グレードの「GT-S EyeSight」には、245/40R18サイズの幅広タイヤに加え、新たにサンルーフがオプション設定された。
2015年6月末に、初の年次改良を受けた「WRX S4」。上級グレードの「GT-S EyeSight」には、245/40R18サイズの幅広タイヤに加え、新たにサンルーフがオプション設定された。
インテリアでは、パワーウィンドウスイッチパネルにクロムメッキの装飾を採用。USB電源の出力を1Aから2Aに強化している。
インテリアでは、パワーウィンドウスイッチパネルにクロムメッキの装飾を採用。USB電源の出力を1Aから2Aに強化している。
「GT-S EyeSight」には、レッドステッチの施された、アルカンターラと本革のコンビシートが装備される。
「GT-S EyeSight」には、レッドステッチの施された、アルカンターラと本革のコンビシートが装備される。
「GT-S EyeSight」のリアシート。今回の年次改良では、シートの仕様に大きな変更はなかった。
「GT-S EyeSight」のリアシート。今回の年次改良では、シートの仕様に大きな変更はなかった。
 
スバルWRX S4 GT-S EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】の画像
関連記事
  • スバル・インプレッサG4 2.0i-S EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2017.3.21 試乗記 新型「スバル・インプレッサ」のセダンモデル「G4」に試乗。販売の主力となっているハッチバックモデルではなく、あえてマイナーなセダンを選ぶ理由はあるのか? 2リッターエンジン+18インチアルミホイールの上級グレードで検証した。
  • スバル・インプレッサG4 1.6i-L EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2017.5.10 試乗記 “素のグレード”の出来栄えにこそ、そのモデルの実力が表れる。スバルのCセグメントセダン「インプレッサG4」のエントリーモデル「1.6i-L EyeSight」に試乗。その走りや装備の充実度、静的質感などを通して、スバルの最新モデルの地力に迫る。
  • スバルXV【開発者インタビュー】 2017.4.27 試乗記 デザインから走破性能、そして安全性能に至るまで、全方位的な進化を遂げた「スバルXV」。新型に込めた思いを、開発を率いたスバルの井上正彦プロジェクト ジェネラル マネージャーに聞いた。
  • スバルXV 2.0i-S EyeSight(4WD/CVT)/XV 1.6i-L EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2017.4.24 試乗記 デザインから走破性能、そして安全性能まで、全方位的に進化した新型「スバルXV」に試乗した。機能性や実用性に優れるだけでなく、誰もが親しみやすいキャラクターも備えた新型は、スバルが主張するとおり、ちょうどいい「スポカジ」に仕上がっていた。
  • スバル・インプレッサスポーツ2.0i-S EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2016.12.9 試乗記 フルモデルチェンジした「スバル・インプレッサスポーツ」に試乗。新世代プラットフォームと直噴化された水平対向エンジンがもたらす走りや、最新の運転支援システムの使い勝手を、2リッターの4WDモデルで確かめた。
  • スバル・インプレッサ プロトタイプ(4WD/CVT)【試乗記】 2016.9.10 試乗記 発売が間近に迫った新型「スバル・インプレッサ」。そのプロトタイプにクローズドコースで試乗。スバルのこれからを担う次世代プラットフォーム「スバルグローバルプラットフォーム」や、直噴化された「FB20」型エンジンの出来栄えを確かめた。
  • スバルWRX S4 2.0GT EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2015.7.31 試乗記 300psの直噴ターボエンジンを搭載したスバルのスポーツセダン「WRX S4」が、デビューから1年を待たずに、足まわりの調整や安全装備の強化といった改良を受けた。エントリーグレード「2.0GT EyeSight」の試乗を通し、その出来栄えをチェックする。
  • スバル・レガシィB4リミテッド(4WD/CVT)【試乗記】 2015.1.5 試乗記 6代目となり、先代よりさらにひとまわり大きくなった「スバル・レガシィ」。セダンの上級グレード「B4リミテッド」に試乗し、どのような変化を遂げたのか確かめた。
  • トヨタが新型「カムリ」日本仕様の内外装を初公開 2017.5.19 自動車ニュース トヨタ自動車は、新型「カムリ」の日本仕様の内外装を、オフィシャルウェブサイト上で公開した。2017年1月の北米国際自動車ショーで、米国仕様が世界初公開されており、日本市場には同年夏ごろの投入が予定されている。
  • ホンダが改良型「グレイス」の情報を先行公開 2017.5.11 自動車ニュース 本田技研工業は2017年5月11日、同年7月上旬にマイナーチェンジを予定しているコンパクトセダン「グレイス」に関する情報を、ホームページで先行公開した。今回のマイナーチェンジでは、先進の安全運転支援システムと、内外装のリフレッシュが実施される。
ホームへ戻る