スバルWRX S4 GT-S EyeSight(4WD/CVT)

よりしなやかに、粘り強く 2015.09.08 試乗記 年次改良により、「スバルWRX S4」の上級グレードに「WRX STI」と同じ245/40R18サイズのハイパフォーマンスタイヤがオプション設定された。専用チューニングのサスペンションまでおごられたという“245タイヤのS4”の実力をリポートする。

違いはタイヤだけにあらず

「え、“245”の方乗ってもらってないんですか? あれ、今回の年改(年次改良)の目玉なのに……」
「そうなんですか。わかりました。じゃあ後日お借りすることにしますね!」

……と、ことの顛末(てんまつ)は前回前々回の試乗記を時系列でご参照いただければありがたいのだが、ともあれ拙方、これで晴れて3度目のWRX S4試乗である。もう、ステアリングにごちょごちょ付いたスイッチのどこが何、くらいの“盲牌(もうぱい)”はこなせるようになってきた。

WRX S4は「GT」と「GT-S」、基本的に2つのグレード構成となっている。装着タイヤサイズは同じ225/40R18ということで、走行性能面ではGTがKYB製、GT-Sがビルシュタイン製のダンパーを用いることで差別化されているわけだ。

発売から1年足らずで行われた年次改良では、GTグレードのKYB製ダンパーのフリクションチューニングを変更。微小入力域の減衰立ち上がりをスムーズにすることで低中速域の乗り心地を改善している。その成果は初期型比で歴然とは言わずともはっきりと感じ取れるもので、スポーツセダンとしてようやく受容できる快適性を手に入れたかなという印象を受けた。

ある意味スバル伝統の、ビルシュタイン製倒立ダンパーを搭載したGT-Sグレードについてはさすがにスペックの変更はない。で、その代わりというわけでもないだろうが、そのGT-Sグレードにオプションというかたちで設けられた新たな選択肢が、くだんの「245の方」というわけだ。S4にもSTIと同じ245/40R18サイズのタイヤを装着したいという、WRXシリーズの熱烈なファン方面からの要望に応えるかたちで用意されたそれには、同じくビルシュタインの倒立ダンパーが足まわりに用いられている。まぁ幅が2cm広くなっただけだし、そのままポン付けでいいんじゃないの? と、正直よそのメーカーならそんな話になりそうなものだが、スバルはそれをよしとしなかった。というわけでS4のGT-S、同じビルシュタインにみえて、245幅を選択するとダンパーチューニングは別物に。しかも、それに合わせてスプリングも設定を変えているという。

つまるところ、月販目標300台のクルマにして3種類の脚セット。こんなぜいたくがよく許されるものだと思う。いや、ぜいたくなだけではない。いくらウチは田舎の小さい会社で……と謙遜されてもメーカーはメーカーである。その仕掛けの規模やロットの大きさを考えると、生産や調達の管理も大変そうだ。

2015年6月末に、初の年次改良を受けた「WRX S4」。上級グレードの「GT-S EyeSight」には、245/40R18サイズの幅広タイヤに加え、新たにサンルーフがオプション設定された。
2015年6月末に、初の年次改良を受けた「WRX S4」。上級グレードの「GT-S EyeSight」には、245/40R18サイズの幅広タイヤに加え、新たにサンルーフがオプション設定された。
インテリアでは、パワーウィンドウスイッチパネルにクロムメッキの装飾を採用。USB電源の出力を1Aから2Aに強化している。
インテリアでは、パワーウィンドウスイッチパネルにクロムメッキの装飾を採用。USB電源の出力を1Aから2Aに強化している。
「GT-S EyeSight」には、レッドステッチの施された、アルカンターラと本革のコンビシートが装備される。
「GT-S EyeSight」には、レッドステッチの施された、アルカンターラと本革のコンビシートが装備される。
「GT-S EyeSight」のリアシート。今回の年次改良では、シートの仕様に大きな変更はなかった。
「GT-S EyeSight」のリアシート。今回の年次改良では、シートの仕様に大きな変更はなかった。
 
スバルWRX S4 GT-S EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】の画像

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

WRX S4の他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事 ホームへ戻る