【スペック】全長×全幅×全高=4240×1775×1300mm/ホイールベース=2570mm/車重=未発表/駆動方式=FR/2リッター水平対向4DOHC16バルブ(200ps/7000rpm、20.9kgm/6600rpm)(プロトタイプ)

トヨタ86プロトタイプ(FR/6MT)【試乗速報】

その名もハチロク! 2011.11.27 試乗記 トヨタ86プロトタイプ(FR/6MT)

いよいよその日がやってきた。「トヨタFT-86コンセプト」の公開から2年、量産型プロトタイプのステアリングを、伊豆のサイクルスポーツセンターで握る。

軽く素直な操縦感覚

スターターボタンを押すと、一瞬、ボクサーエンジンのビートが感じられた。「トヨタ86」のフロントに搭載されるのは、2リッターの水平対向エンジン。スバル由来の4気筒を、ボア×ストロークをスクエアタイプに変更し、「筒内直噴/ポート噴射」切り替え可能な燃料噴射機能を付与して21世紀のハチロク用としたものだ。

テスト車のトランスミッションは6段MT。軽いクラッチペダルを踏み、ギアをローに入れて走り始める。と、100mも行かないうちに、「コレは!」と、ニューモデルへの期待が高まった。思いのほか、軽く、ソリッドな印象。アクセル操作に対するエンジンのレスポンスが健やかで、フラット4のサウンドの高まりと比例して、86はリニアに速度を上げていく。

ステアリング操作に対する反応も素直だ。鼻先の動きが鈍くないのはもちろんだが、一方で神経質なところがない。ゲインの高さが順当で過敏な味付けではないから、ステアリングを切るたびに、ドライバーを過度に緊張させない。右へ、左へ、クローズドコースの、ややきつめのカーブが続く登り坂を走らせながら、86への好感度がどんどん高まっていく。

ステアリングを切った際のロールのしかたが自然だ。カーブを曲がるにしたがって、ゆるやかにボディーが傾いていく。タイヤのグリップが極端に高くないので、クルマの限界がわかりやすい。タイヤサイズは215/45R17と、最近のスポーツモデルとしては控えめなもの。行きつけのサーキットで、絶対的なタイムを削りたいユーザーには、ノーマルのままだとちょっと物足りないかもしれないが、普段使いで、峠で、適度に「攻めて」、ほどよくエキサイトしたい人にはオススメだ。手軽に手の内に入れたかのドライブ感覚を楽しめる。

全長4240mm。専用のFRプラットフォームを設計し、4人乗りとしては世界最小サイズのパッケージにまとめられた。
全長4240mm。専用のFRプラットフォームを設計し、4人乗りとしては世界最小サイズのパッケージにまとめられた。
テスト車は215/45R17サイズのミシュラン・プライマシーHPを装着していた。
テスト車は215/45R17サイズのミシュラン・プライマシーHPを装着していた。
テールにはクリアレンズのコンビネーションランプを配置。リアビューにはどことなく「レクサスLFA」のイメージが重なる。
テールにはクリアレンズのコンビネーションランプを配置。リアビューにはどことなく「レクサスLFA」のイメージが重なる。
関連記事 ホームへ戻る