第12戦イタリアGP決勝結果【F1 2015 速報】

2015.09.06 自動車ニュース

【F1 2015 速報】第12戦イタリアGP、ハミルトン圧勝で今季7勝目

F1世界選手権第12戦イタリアGP決勝が、2015年9月6日、イタリアのモンツァ・サーキット(5.793km)を53周して行われた。

7戦連続となるポールポジションからスタートしたメルセデスのルイス・ハミルトンが圧勝。今シーズン7勝目、自身通算40勝目をあげた。

2位はフェラーリのセバスチャン・ベッテル。チームの地元、イタリアの熱狂的なファンの前で善戦するも、最終的にハミルトンには25秒も差をつけられてしまい、メルセデスにおよばなかった。

残り2周、3位を走行していたニコ・ロズベルグのメルセデスは突如白煙を吐きリタイア。表彰台の最後の一角には、ウィリアムズ・メルセデスのフェリッペ・マッサが立つことになった。

もう一台のウィリアムズ、バルテリ・ボッタスが4位入賞。予選で2位につけたフェラーリのキミ・ライコネンはスタートで失敗し、最後尾に。その後の追い上げで、5位でゴールするも、悔しさの残るレースとなってしまった。
フォースインディア・メルセデスのセルジオ・ペレスは予選7位から6位、チームメイトのニコ・ヒュルケンベルグは9番グリッドから7位でフィニッシュした。エンジン交換でペナルティーを受け19番グリッドから出走したレッドブル・ルノーのダニエル・リカルドは8位まで挽回。ザウバー・フェラーリのマーカス・エリクソン9位、レッドブルのダニール・クビアトが10位に入り、それぞれポイントを獲得した。

以下、11位カルロス・サインツJr.(トロロッソ・ルノー)、12位マックス・フェルスタッペン(トロロッソ)、13位フェリッペ・ナッサー(ザウバー)、14位ジェンソン・バトン(マクラーレン・ホンダ)、15位ウィル・スティーブンス(マノー・マルシャ・フェラーリ)、16位ロベルト・メリ(マノー・マルシャ)、17位ロズベルグ(メルセデス)、18位フェルナンド・アロンソ(マクラーレン)が完走した。

タイトル争いでは、ランキング1位のハミルトンが252点とし、今回痛恨のノーポイントに終わった2位ロズベルグ(199点)との差は、一気に“2勝分以上”の53点に広がった。3位ベッテルはロズベルグの21点後方となる178点。4位には97点を獲得しているマッサが上がり、ライコネンは92点で1つ順位を落とし5位となった。

コンストラクターズチャンピオンシップは、1位メルセデス451点、2位フェラーリ270点、3位ウィリアムズ188点、4位レッドブル113点、5位フォースインディア63点という順位となる。

【情報追記】
なおレース後、メルセデスの2台にはタイヤの内圧が規定以下であったとする嫌疑がかけられた。FIA(国際自動車連盟)による事情聴取後、問題はなかったとの結論に至ったため、順位等の変更はなかった。

(文=bg)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。