ボルボV40 T3 SE(FF/6AT)

ガソリンエンジンならではの美点 2015.09.10 試乗記 ボルボのCセグメントハッチバックモデル「V40」に、新開発の1.5リッター直4直噴ガソリンターボエンジンを搭載した「T3」が登場。上級グレード「T3 SE」の試乗を通して感じた、「あえてガソリン車を選ぶ理由」とは?

もうディーゼルしか考えられない?

近年の輸入車事情を語る上で欠かせないキーワードとなるのが「ディーゼル」だ。欧州でユーロ6が発効されたことによって、日本のポスト新長期規制との規制値の差が小さくなったこともあり、細かなキャリブレーションを済ませたインポーターが続々と日本市場にディーゼル搭載モデルを投入している。恐らくフォルクスワーゲンやアウディ、プジョー・シトロエン(以下、PSA)の参入も時間の問題というところだろう。

それらに先んじて今年、ディーゼルエンジンを怒涛(どとう)のごとく展開し始めたのがボルボだ。搭載される2リッター4気筒ユニットはボルボのオリジナル設計となり、燃焼環境に応じて2500バールの超高圧インジェクターを独立制御するという最先端の燃料噴射システムをデンソーと共同で開発している。

メガサプライヤーががっちり脇を固めるドイツ系メーカーへのアプローチが難しいとあらば、欧州市場における日本のサプライヤーのプレゼンスがそれ以外、すなわちジャガー・ランドローバーやPSA、そしてボルボ辺りに委ねられるのは当然の流れ。それゆえ、デンソーも持てる全力をボルボに注ぎ、ボルボもそれに技と数の両面で応えるという相乗効果がこのエンジンからはうかがえる。つまり、そのくらい出来がいい。

トルクのみならずパワーもリッチというだけでなく、超高圧噴射をものともしない振動や音の少なさ、そして回転フィールの滑らかさやピックアップの軽快感など、ドイツのプレミアム御三家のそれと比べても何ら遜色はないほどだ。それが補助金等も含めれば同等グレードのガソリンモデルに対して10万円台の価格差に収まると聞けば、もうボルボはディーゼルしか考えられないだろうと個人的には思っていた。

「V40 T3 SE」のインストゥルメントパネルまわり。
「V40 T3 SE」のインストゥルメントパネルまわり。
レザーシートや前席シートヒーターなどをセットにした「レザーパッケージ」は、エンジンの種類を問わず「SE」のみで選択可能なオプション装備となる。
レザーシートや前席シートヒーターなどをセットにした「レザーパッケージ」は、エンジンの種類を問わず「SE」のみで選択可能なオプション装備となる。
6:4分割可倒式のリアシート。後方の視界を妨げぬよう、人が座っていないときは、ヘッドレストが倒せるようになっている。
6:4分割可倒式のリアシート。後方の視界を妨げぬよう、人が座っていないときは、ヘッドレストが倒せるようになっている。
「T3」の登場により、「V40」シリーズに設定されるエンジンは、1.5リッター直4ガソリンターボ、2リッター直4ガソリンターボ、2リッター直4ディーゼルターボの3種類となった。
「T3」の登場により、「V40」シリーズに設定されるエンジンは、1.5リッター直4ガソリンターボ、2リッター直4ガソリンターボ、2リッター直4ディーゼルターボの3種類となった。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

V40の他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事 ホームへ戻る