ポルシェ911が“ダウンサイズ”で3リッターに【フランクフルトショー2015】

2015.09.07 自動車ニュース
「ポルシェ911カレラS」(左)と「911カレラ カブリオレ」(右)。
「ポルシェ911カレラS」(左)と「911カレラ カブリオレ」(右)。

【フランクフルトショー2015】「ポルシェ911」が“ダウンサイズ”で3リッターに

独ポルシェは2015年9月7日、3リッター水平対向6気筒ツインターボエンジンを搭載する新型「911カレラ/911カレラS」の概要と写真を公開した。本国ドイツでは2015年12月に発売する予定。(911カレラ/911カレラSの詳しい写真はこちら)

「ポルシェ911カレラS」。リアエンジンフードのルーバーの向きが垂直方向に改められる。またリアコンビネーションランプのデザインも変更される。
「ポルシェ911カレラS」。リアエンジンフードのルーバーの向きが垂直方向に改められる。またリアコンビネーションランプのデザインも変更される。
ポルシェ911カレラ カブリオレ
ポルシェ911カレラ カブリオレ
新しい3リッター水平対向6気筒ツインターボエンジンは、「911カレラS」で420psを生み出す。
新しい3リッター水平対向6気筒ツインターボエンジンは、「911カレラS」で420psを生み出す。

■パワーは20ps強化、燃費は約12%改善

従来の911シリーズに搭載されていた水平対向6気筒エンジンは、911カレラが3.4リッター、911カレラSが3.8リッターで、ともに自然吸気だったが、今回のマイナーチェンジでいずれも3リッターのツインターボに改められる。

これに伴い、両エンジンとも最高出力が20ps強化され、911カレラが370ps、911カレラSが420psとなる。最大トルクもともに60Nm強化され(順に450Nm=45.9kgm、500Nm=51.0kgm)、どちらのエンジンでも1700rpmから5000rpmの回転域でピークトルクが維持される。同時に、燃費も12%程度改善される。

動力性能は、911カレラの0-100km/h加速が4.2秒で、最高速が295km/h。911カレラSは順に3.9秒と308km/h。

このほか、PASM(電子制御式可変減衰ダンパー)がすべての911カレラシリーズで標準装備となる。また、「911ターボ」や「911 GT3」に先行投入されていた後輪操舵(そうだ)機構が、911カレラSにオプションとして設定される。

(webCG)

→「ポルシェ911カレラ/911カレラS」の詳しい写真はこちら。

関連キーワード:
911ポルシェフランクフルトモーターショー2015自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ポルシェ911カレラ(RR/7MT)【試乗記】 2017.10.23 試乗記 ポルシェが誇る、伝統の高性能スポーツモデル「911」。数あるラインナップの中でも、最もスペック的に穏やかな「カレラ」にはどのような魅力があるのか。7段MT仕様の試乗を通し、「ベーシック」の一言では語れないそのキャラクターに触れた。
  • ポルシェ718ボクスターGTS(MR/6MT)/718ケイマンGTS(MR/7AT)【海外試乗記】 2018.1.9 試乗記 4気筒ターボエンジンを搭載するポルシェのスポーツカー「718ボクスター/718ケイマン」に、新たな高性能モデル「GTS」が登場。スペックだけでは伝わらない走りの質を、スペイン南部の都市・マラガから報告する。
  • ルノー・メガーヌGT(FF/7AT)【試乗記】 2017.12.29 試乗記 4代目となる「ルノー・メガーヌ」に試乗。シャシーや4輪操舵機構「4コントロール」のチューニングをルノーのモータースポーツ部門が手がけた新型は、ワインディングロードでこそ本領を発揮する、優れたハンドリングマシンに仕上がっていた。
  • ロータス・エリーゼ(MR/6MT)【試乗記】 2018.1.17 試乗記 「ロータス・エリーゼ」に試乗。最新装備の使い勝手を……と思いきや、テスト車は、エアコンなし、オーディオなし、さらにはフロアマットまで省かれた超硬派仕様。「エリーゼ大好き」を公言してはばからない下野康史は、このパートナーとどう付き合う?
  • トヨタ・ハイラックスZ(4WD/6AT)【試乗記】 2017.11.30 試乗記 10年以上のブランクを経て国内市場に復活した、トヨタのピックアップトラック「ハイラックス」。いざ日本の道を走らせてみると、外観からは予想できなかった身のこなしや乗り心地のよさに、驚かされることになった。
ホームへ戻る