トップ > クルマ生活Q&A >エンジン >「タイミングベルトとウオーターポンプの交換時期について」 (2011.11.26)

「タイミングベルトとウオーターポンプの交換時期について」

2002年式「フォルクスワーゲン・ゴルフGTI」に乗っています。そろそろ車検なのですが、タイミングベルトとウオーターポンプを交換すべきかどうか迷っています。よくタイミングベルトの寿命は8〜10万kmと聞きますが、GTIの走行距離は4万3000kmです。もちろん交換するに越したことはないのでしょうが、距離が少ないこともあって、なかなか決断できません。また、ベルトの見た目で状態の善しあしが判断できるのでしょうか?

走行距離からすれば、たしかにタイミングベルトはまだ交換する必要はないように思えますが、悩んでいるのならば交換してしまったほうがいいかもしれません。ベルトの劣化は一概に走行距離だけでは判断できませんし、切れてトラブルを起こす危険はないとしても、経年劣化によってベルトが伸びているのは間違いないからです。交換することによってトラブルを未然に防ぐだけではなく、多少なりともズレていたタイミングが元に戻り、エンジンの調子がよくなることを体感できると思います。ベルトの見た目による劣化具合については、一般的にベルトに印字されている文字が消えかかっていたら替えどきといわれています。
ウオーターポンプの寿命も、10万kmが目安といわれています。タイミングベルトよりもトラブルに至った事例を耳にすることは少ないように思いますが、後々どうせ交換するのなら、ベルトと同時に替えてしまったほうが工賃が安く済むと考えることもできます。そのあたりの事情も含めて、車検整備を依頼するディーラーなり整備工場なりに、一度相談してみたらいかがでしょうか?

  • mixi
  • linkedin
  • rss
mobileCGご紹介

週間アクセスランキング (総合)

注目の情報[PR]