フォルクスワーゲンcross up!(FF/5AT)

ひと目ぼれを信じていい 2015.09.11 試乗記 この楽しげなルックスは理性ではなく感性でこそ選ぶべき! 駆動方式はFFのままに、足もとを逞(たくま)しくSUV風に仕立てたゴキゲンなニューモデル、「フォルクスワーゲンcross up!(クロスアップ!)」に試乗した。

タイムリーなニューカマー

フォルクスワーゲン(VW)のCO2削減斬り込み隊長、「up!」にも“クロス”が加わった。駆動方式やエンジンには手を加えず、見た目をワイルド仕立てにしたライトSUVモデルだ。

cross up!は2013年春のジュネーブショーでデビューし、その秋の東京モーターショーでもお披露目された。右ハンドルに加えて2ペダルという日本仕様のハードルがあるにしても、導入まで少々時間がかかったような気がするが、あらためて実物を目の当たりにすると、今の日本市場には実にタイムリーなVWニューカマーに思える。シンプルなノーマルup!に楽しげな潤いを持たせたルックスは、まさに「ご~きげんワーゲン~♪」である。

専用ホイールは16インチ。樹脂のオーバーフェンダーを与えられて、1インチアップとは思えないほど足もとが逞しく見える。見ても乗っても、ドイツ車としてはいちばんフェミニンなup!ががぜん、男物になった感じだ。

車高はわずかにリフトアップされ、屋根にはルーフレールが付き、ボディー全高は25mm上がった。シルバーの専用バンパーのおかげで、全長も25mm延びている。

車重は950kg。「high up!」の30kg増しと、けっこう太ったが、1リッター3気筒エンジンのスペックに変わりはない。ロボタイズド5段MTの変速機も、ギア比を含めて変更なしである。

フォルクスワーゲンのクロスシリーズの第4弾となる「cross up!」。クロスオーバールックの専用パーツが装着され、ベース車の「up!」とはひと味違う楽しげな雰囲気が演出されている。価格は194万円。
用意されるボディーカラーは5色。「トルネードレッド」を選ぶと、ダッシュパッドがレッドになるのは標準型の「up!」も同じ。ただしこちらはシートも赤くなるので、室内が一段と派手に彩られる。ナビはオプション。
1リッター直3エンジン(75ps)はベース車と同じ。JC08モード燃費は約3%悪化している(25.9→25.2km/リッター)。
タイヤは15インチから16インチへ。最低地上高は10mm上昇している(145→155mm)。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

up!の他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事 ホームへ戻る