SUVタイプのPHEV、BMW X5 xDrive40e日本上陸

2015.09.08 自動車ニュース
「BMW X5 xDrive40e」
「BMW X5 xDrive40e」

SUVタイプのPHEV、「BMW X5 xDrive40e」日本上陸

BMWジャパンは2015年9月8日、SUVタイプのプラグインハイブリッド車「BMW X5 xDrive40e」の日本導入を発表。同日、注文の受け付けを開始した。デリバリーのスタートは、同年12月になる見込み。

給電口は、フロントフェンダー後方に備わる。
給電口は、フロントフェンダー後方に備わる。

SUVタイプのPHEV、BMW X5 xDrive40e日本上陸の画像
フロントに搭載されるパワーユニット。エンジンとモーターを組み合わせ、最高出力313psと最大トルク45.9kgmを発生する。
フロントに搭載されるパワーユニット。エンジンとモーターを組み合わせ、最高出力313psと最大トルク45.9kgmを発生する。

■電気で走れる高級SUV

X5 xDrive40eは、SUVの「X5」に、スポーツカー「i8」で培ったプラグインハイブリッド技術を組み合わせたニューモデル。「卓越した運動性能と高い環境性能を両立させた」とうたわれる。

キモとなるプラグインハイブリッドシステムは、2リッター直4直噴ターボエンジン(最高出力:245ps/5000-6500rpm、最大トルク:35.7kgm/1250-4800rpm)に、8段ATと一体化されたモーター(113ps、25.5kgm)を組み合わせたもので、システム全体では、313psと45.9kgmを発生する。

これにより、0-100km/h加速=6.8秒(欧州仕様車)のハイパフォーマンスを実現。一方、動力源をモーターのみとするEV走行は、最高120km/hまでの速度域と、最長約31kmまでの距離で可能となっている。EUテストサイクルにおける燃費値は、3.3リッター/100km(約30.3km/リッター)と伝えられる。

電気モーターとガソリンエンジンの制御に関連して、約70km/hまでEV走行できる標準モード「AUTO eDrive」のほか、EV走行が約120km/hまで可能な「MAX eDrive」、逆にエンジンのみ稼働させてバッテリーの充電量を最大50%にまで増やせる「SAVE Battery」からなる、3種類の走行モードが用意される。

さらに「ドライビングパフォーマンスコントロールボタン」を使うことで、エンジンレスポンス、ダイナミックダンピングコントロール、ステアリングやトランスミッションの特性を、ドライバー好み(COMFORT/SPORT/ECO PRO)に変えることもできる。

荷室のフロア高は、標準的なガソリン車の「X5」に比べて2~3cm高くなっている。積載容量は500~1720リッター。
荷室のフロア高は、標準的なガソリン車の「X5」に比べて2~3cm高くなっている。積載容量は500~1720リッター。
運転席まわりの様子。日本仕様車のハンドル位置は右のみとなる。
運転席まわりの様子。日本仕様車のハンドル位置は右のみとなる。
センターコンソールには、走行モードの選択ボタンや運転支援システムのオン/オフスイッチが並ぶ。
センターコンソールには、走行モードの選択ボタンや運転支援システムのオン/オフスイッチが並ぶ。
発表会では、「xDrive40e」を含む「X5」の開発責任者であるゲルハルト・ティール氏も登壇。車両の解説を行った。BMWとしては今後、「3シリーズ」「2シリーズ アクティブツアラー」「7シリーズ」をベースとしたプラグインハイブリッドモデルも市場に投入する計画だという。
発表会では、「xDrive40e」を含む「X5」の開発責任者であるゲルハルト・ティール氏も登壇。車両の解説を行った。BMWとしては今後、「3シリーズ」「2シリーズ アクティブツアラー」「7シリーズ」をベースとしたプラグインハイブリッドモデルも市場に投入する計画だという。

■運転支援システムも満載

ユーティリティー性の高さも、X5 xDrive40eのセリングポイントの一つだ。リチウムイオンバッテリーを荷室の床下に格納したことで、フル乗車の状態でも500リッターのラゲッジスペースを確保。40:20:40分割可倒式の後席を倒せば、最大1720リッターにまで拡大できる。

乗員にトラブルが発生した際、迅速に救急機関と連絡が取れる「BMW SOSコール」や、車両情報を自動的にサービスセンターへと送り整備性を向上させる「BMWテレサービス」は、全車標準装備。
さらに、スマートフォンを活用することで、充電ステーションへのアクセスを容易にし、エアコンのリモート操作などができるようになるプラグインハイブリッド専用の「BMWリモートApp」も備わる。

安全装備も充実しており、前車接近警告機能、衝突回避・被害軽減ブレーキ、アクティブクルーズコントロール、レーンディパーチャーウォーニング(車線逸脱警告)の4機能を含む「ドライビング・アシスト・プラス」や、夜間や悪天候における視認性を高める「アダプティブLEDヘッドライト」、 車両周辺の状況をさまざまな映像でドライバーに伝える「サイドビューカメラ」「トップビュー」も、全車に与えられる。

ラインナップと価格は、以下の通り。
・X5 xDrive40e:927万円
・X5 xDrive40e xLine:993万円
・X5 xDrive40e Mスポーツ:993万円

いずれも「クリーンエネルギー自動車等導入促進対策費補助金」の対象となっており、X5 xDrive40eは最大30万円、X5 xDrive40e xLineおよびMスポーツは最大34万円の補助金が受けられる。

(webCG)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

X5の他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • BMW X5 xDrive35d Mスポーツ(4WD/8AT)【試乗記】 2014.1.8 試乗記 プレミアムSUVのパイオニア「BMW X5」が、通算で3代目となる新型に移行した。外観からは「キープコンセプト」に見える今回のモデルチェンジは「攻め」か「守り」か? 3リッターディーゼルエンジンを搭載する「X5 xDrive35d Mスポーツ」で箱根のワインディングロードを目指した。
  • BMW X5とBMW X6の安全装備が充実 2016.3.11 自動車ニュース BMWジャパンは2016年3月10日、安全装備を追加した「BMW X5」および「BMW X6」の販売を開始した。
  • メルセデス・ベンツGLC350e 4MATICスポーツ(4WD/7AT)【試乗記】 2016.11.23 試乗記 「メルセデス・ベンツGLC」シリーズに加わったプラグインハイブリッド車の「GLC350e 4MATICスポーツ」に試乗。EV走行が身近に味わえ、しかもアクセルを踏めば迫力の加速を披露する緩急自在の“パワーハイブリッド”の実力やいかに?
  • マセラティ・レヴァンテ(4WD/8AT)【試乗記】 2016.11.9 試乗記 続々とニューモデルが現れるプレミアムSUV市場に、マセラティが送り込んだのが「レヴァンテ」である。イタリアの老舗が満を持してリリースした同車には、ドイツ勢に比肩する走りの実力と、このブランドだけに許された官能性が備わっていた。
  • BMW X5 xDrive40e(4WD/8AT)【レビュー】 2015.12.18 試乗記 魅力は環境性能だけにあらず? BMWの大型SUV「X5」に、プラグインハイブリッド車(PHEV)の「xDrive40e」が登場。2リッター直4ターボエンジンと、8段AT内に組み込まれたモーターが織り成す走りを、日本屈指のワインディングロードである箱根のターンパイクで試した。
ホームへ戻る