第415回:懐メロ系アメリカ車「ビュイック」の魅力

2015.09.11 エッセイ

中国製ビュイックを米国へ輸出?

2015年8月初旬のこと、「ゼネラルモーターズ(GM)が、中国・上海工場製『ビュイック・エンヴィジョン』を2016年から米国向けに輸出・販売!?」との報道が業界を駆け巡った。
GMは報道に対して否定も肯定もしていないが、全米自動車労働組合(UAW)は即座に強い懸念を表明した。「かつて危機に陥った時期のGMを救ったのは労働者。彼らのためにも、エンヴィジョンは米国で生産すべきだ」というのが、その見解だ。

中国製のビュイックは、上海ゼネラルモーターズによって1998年12月にラインオフ。2011年には販売台数で米国を抜いている。エンヴィジョンは2014年に販売開始された中国市場専用のスモールSUVである。

もちろん米国で、労働組合の力を無視することはできない。しかしボクの目からすれば、欧州でも米国でも、自動車がどの国の工場で生産されているかを気にするユーザーが少なくなっている。そうしたなか、上海製ビュイックが船積みされて太平洋を渡り、北米大陸に渡っても、ユーザーは違和感なく受容すると思う。最近の人民元切り下げも、メーカーによっては好材料となるだろう。

上海GMの「ビュイック・エンヴィジョン」
ビュイックの最新作から。2015年デトロイトショーで発表した「アベニール コンセプト」。2015年ペブルビーチ・コンクール・デレガンスで。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

大矢 アキオ

大矢 アキオ

コラムニスト。国立音楽大学ヴァイオリン専攻卒にして、二玄社『SUPER CG』元編集記者、そしてイタリア在住20年という脈絡なき人生を歩んできたものの、それだけにあちこちに顔が広い。今日、日本を代表するイタリア文化コメンテーター。10年以上にわたるNHK『ラジオ深夜便』リポーター、FM横浜『ザ・モーターウィークリー』季節ゲストをはじめラジオでも活躍中。『Hotするイタリア』『イタリア発シアワセの秘密 ― 笑って! 愛して! トスカーナの平日』(ともに二玄社)、『カンティーナを巡る冒険旅行』『ザ・スピリット・オブ・ランボルギーニ』(ともに光人社)、電子書籍『イタリア式クルマ生活術』(NRMパブリッシング)など数々の著書・訳書あり。