“クレイジーな色”のメルセデスAMG G63、発売

2015.09.08 自動車ニュース
「メルセデスAMG G63 CrazyColor Limited」(写真のボディーカラーはサンセットビーム)
「メルセデスAMG G63 CrazyColor Limited」(写真のボディーカラーはサンセットビーム)

“クレイジーな色”の「メルセデスAMG G63」発売

メルセデス・ベンツ日本は2015年9月8日、特別仕様車「メルセデスAMG G63 CrazyColor Limited(クレイジーカラー リミテッド)」を発表。同日、50台限定で発売した。

トマトレッドの「G63 CrazyColor Limited」。
トマトレッドの「G63 CrazyColor Limited」。
ソーラービームの「G63 CrazyColor Limited」。
ソーラービームの「G63 CrazyColor Limited」。
ギャラクティックビームの「G63 CrazyColor Limited」。
ギャラクティックビームの「G63 CrazyColor Limited」。
エイリアングリーンの「G63 CrazyColor Limited」。
エイリアングリーンの「G63 CrazyColor Limited」。
「メルセデスAMG G63 CrazyColor Limited」のインテリア。
「メルセデスAMG G63 CrazyColor Limited」のインテリア。

メルセデスAMG G63 CrazyColor Limitedは、544psを発生する「Gクラス」のハイパフォーマンスモデル「G63」をベースに、特別なカラーリングが施された限定車。通常設定のない全5色のボディーカラーが用意される。

オブシディアンブラックのコントラストペイントが施されたオーバーフェンダーや前後バンパー、ルーフ、ドアミラーカバーのほか、マットブラックに塗られた20インチAMG 5スポークアルミホイールも装備。強烈なカラーコントラストが演出されている。

一方、インテリアには、高品質なレザーシートやインテリアトリムがセットになった「designoエクスクルーシブ」を採用。ボディーカラーにマッチした色使いのステッチも特徴となっている。

ドアミラー下部のカメラが助手席側の死角となる映像をCOMANDディスプレイに表示する、「サイドビューカメラ」も備わる。

価格は2220万円。

ボディーカラーのラインナップとそれぞれの販売台数は、以下の通り。
・サンセットビーム(12台)
・トマトレッド(12台)
・ソーラービーム(9台)
・ギャラクティックビーム(11台)
・エイリアングリーン(6台)

(webCG)

関連キーワード:
Gクラスメルセデス・ベンツ自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • メルセデス・ベンツG550 4×4²(4WD/7AT)【試乗記】 2016.5.9 試乗記 製品テーマは「究極のオフロード性能と、デイリーユースもこなす実用性、快適性の両立」。メルセデス渾身(こんしん)の“遊び心”が生んだ、究極の「Gクラス」こと「G550 4×4²」に試乗。お値段3510万円というオフロード・スーパーカーの、実力の一端に触れた。
  • メルセデス・ベンツG550(4WD/7AT)【レビュー】 2016.1.8 試乗記 デビューから36年を経た現在でも高い人気を誇る、メルセデスのクロスカントリーヴィークル「Gクラス」。このクルマが長年にわたって支持され続ける理由はなんなのか? 新たに4リッターV8ツインターボが搭載された「G550」に試乗し、その魅力について考えた。
  • メルセデス・ベンツG350ブルーテック(4WD/7AT)【試乗記】 2013.11.11 試乗記 ディーゼルエンジンを搭載した「メルセデス・ベンツG350ブルーテック」に試乗。23年ぶりに復活した「軽油で走るゲレンデヴァーゲン」の走りに触れた。
  • マツダCX-3 20Sプロアクティブ(FF/6AT)【試乗記】 2017.10.11 試乗記 マツダのコンパクトSUV「CX-3」に追加された、ガソリンエンジン搭載モデルに試乗。マツダらしい実直さや、スポーティーな走り、そして手ごろな価格設定と、さまざまな魅力を併せ持つこのクルマに欠けているものとは?
  • レクサスLS【海外試乗記】 2017.10.7 試乗記 「より鋭く、より優雅に」をキーワードに、これまでにない動的質感を追い求めたという新型「レクサスLS」。新世代のプラットフォームに新開発のパワートレインと、11年ぶりのフルモデルチェンジですべてが一新されたフラッグシップセダンの出来栄えを試す。
ホームへ戻る