“クレイジーな色”のメルセデスAMG G63、発売

2015.09.08 自動車ニュース
「メルセデスAMG G63 CrazyColor Limited」(写真のボディーカラーはサンセットビーム)
「メルセデスAMG G63 CrazyColor Limited」(写真のボディーカラーはサンセットビーム)

“クレイジーな色”の「メルセデスAMG G63」発売

メルセデス・ベンツ日本は2015年9月8日、特別仕様車「メルセデスAMG G63 CrazyColor Limited(クレイジーカラー リミテッド)」を発表。同日、50台限定で発売した。

トマトレッドの「G63 CrazyColor Limited」。
トマトレッドの「G63 CrazyColor Limited」。
ソーラービームの「G63 CrazyColor Limited」。
ソーラービームの「G63 CrazyColor Limited」。
ギャラクティックビームの「G63 CrazyColor Limited」。
ギャラクティックビームの「G63 CrazyColor Limited」。
エイリアングリーンの「G63 CrazyColor Limited」。
エイリアングリーンの「G63 CrazyColor Limited」。
「メルセデスAMG G63 CrazyColor Limited」のインテリア。
「メルセデスAMG G63 CrazyColor Limited」のインテリア。

メルセデスAMG G63 CrazyColor Limitedは、544psを発生する「Gクラス」のハイパフォーマンスモデル「G63」をベースに、特別なカラーリングが施された限定車。通常設定のない全5色のボディーカラーが用意される。

オブシディアンブラックのコントラストペイントが施されたオーバーフェンダーや前後バンパー、ルーフ、ドアミラーカバーのほか、マットブラックに塗られた20インチAMG 5スポークアルミホイールも装備。強烈なカラーコントラストが演出されている。

一方、インテリアには、高品質なレザーシートやインテリアトリムがセットになった「designoエクスクルーシブ」を採用。ボディーカラーにマッチした色使いのステッチも特徴となっている。

ドアミラー下部のカメラが助手席側の死角となる映像をCOMANDディスプレイに表示する、「サイドビューカメラ」も備わる。

価格は2220万円。

ボディーカラーのラインナップとそれぞれの販売台数は、以下の通り。
・サンセットビーム(12台)
・トマトレッド(12台)
・ソーラービーム(9台)
・ギャラクティックビーム(11台)
・エイリアングリーン(6台)

(webCG)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

Gクラスの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • メルセデス・ベンツG550 4×4²(4WD/7AT)【試乗記】 2016.5.9 試乗記 製品テーマは「究極のオフロード性能と、デイリーユースもこなす実用性、快適性の両立」。メルセデス渾身(こんしん)の“遊び心”が生んだ、究極の「Gクラス」こと「G550 4×4²」に試乗。お値段3510万円というオフロード・スーパーカーの、実力の一端に触れた。
  • BMW M4 GTS(FR/7AT)【試乗記】 2017.1.10 試乗記 BMW M社が、そのモータースポーツテクノロジーを集約して開発した“公道走行も可能”なレーシングマシン「BMW M4 GTS」。巨大なリアスポイラーに、室内から鈍い光を放つロールバーなど、見た目からしてただ者ではないモンスターマシンの走りをリポートする。
  • メルセデス・ベンツ、「Gクラス」の一部仕様装備を変更 2016.11.14 自動車ニュース メルセデス・ベンツ日本は2016年11月11日、クロスカントリーモデル「Gクラス」の一部仕様装備を変更し、販売を開始した。今回の仕様変更では、インフォテインメントシステムの改良と、内外装のブラッシュアップが行われた。
  • 新デザインの「マセラティ・クアトロポルテ」発売 2017.1.16 自動車ニュース マセラティ ジャパンは2017年1月16日、マイナーチェンジでデザインや装備に変更が加えられた、4ドアセダン「クアトロポルテ」を発表。同日、国内販売を開始した。
  • BMW 540i(FR/8AT)【海外試乗記】 2017.1.11 試乗記 注目すべきは、シャシー性能と先進運転支援システム(ADAS)の大幅な進化。BMWの基幹モデル「5シリーズ」が7代目にフルモデルチェンジ。G30系と呼ばれる新型の実力を、3リッター直6ターボモデルで試した。
ホームへ戻る