「スズキ・ソリオ」に黒×白カラーの特別仕様車

2011.11.25 自動車ニュース

特別仕様車「スズキ・ソリオBLACK&WHITE」発売

スズキは、コンパクトハイトワゴン「ソリオ」に特別仕様車「BLACK&WHITE」を設定するとともに、全グレードのFF車にアイドリングストップ機能搭載車を設定し、2011年11月25日に発売した。

「スズキ・ソリオ」の「BLACK&WHITE」は、黒と白を基調に内外装をドレスアップした特別仕様車。ベースとなるのは上級グレード「S」で、ボディーカラーは「ブルーイッシュブラックパール」と「パールホワイト」の2色が用意される。

主な特別装備は、以下のとおり。

【エクステリア】
・ポジションレンズ部にスモーク調アイラインを加えた専用ヘッドランプ
・フロントフォグランプベゼル内の白色LEDイルミネーション
・スケルトンタイプの専用ブラックメッキフロントグリル
・ガンメタリックの専用15インチアルミホイール
・ガンメタリックの専用バックドアガーニッシュ
・「BLACK&WHITE」エンブレム(左右フロントフェンダー部)

【インテリア】
・ピアノブラックのセンターガーニッシュ
・専用本革巻きステアリングホイール
・本革巻きシフトノブ
・中央部分を黒とグレーのチェック柄とした専用シート表皮
・ブラック基調の専用ドアトリム表皮
・専用フロアマット(黒とグレーのチェック柄)
・運転席シートヒーター(FF車のみ)

価格は、FF車が168万3150円(アイドリングストップ機能付きは9万4500円高)で、4WD車が180万2850円。

今回発売される「BLACK&WHITE」を含めた「ソリオ」全グレードのFF車で、アイドリングストップ機能搭載車が選べるようになったのもニュースだ。

「ソリオ」シリーズの価格は、「G」(FF車)の138万2850円から「S」(4WD)車の174万7200円まで。

(webCG 関)

「ソリオ BLACK&WHITE」(ボディーカラーは「ブルーイッシュブラックパール」)
「ソリオ BLACK&WHITE」(ボディーカラーは「ブルーイッシュブラックパール」)
こちらは「パールホワイト」の「ソリオ BLACK&WHITE」。
こちらは「パールホワイト」の「ソリオ BLACK&WHITE」。
チェック柄のシート地やフロアマットが目を引く、インテリアの様子。
チェック柄のシート地やフロアマットが目を引く、インテリアの様子。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

ソリオの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • スズキ・ソリオ ハイブリッドSZ(FF/5AT)【試乗記】 2016.12.10 試乗記 スズキがコンパクトハイトワゴン「ソリオ」シリーズに、フルハイブリッドシステム搭載車を設定。既存のリソースを積み重ねて実現したスズキ独自開発のハイブリッドには、32.0km/リッターという燃費以外にも注目すべきポイントがあった。
  • スズキ・ソリオ バンディット ハイブリッドSV(FF/5AT)【試乗記】 2017.1.24 試乗記 スズキのトールワゴン型コンパクトカー「ソリオ」に、燃費32.0km/リッターのフルハイブリッドモデルが登場。独自開発のユニークなハイブリッドシステムが注目を集めているが、その見どころは燃費性能だけではなかった。
  • スズキ・ソリオ(後編) 2015.8.26 画像・写真 注目は燃費や予防安全装備だけにあらず。新型「スズキ・ソリオ」は、コンパクトハイトワゴンの本領である使い勝手も改善している。「バンディット ハイブリッドMV」を題材に、内外装のディテールや、収納スペース、快適装備などを写真で紹介する。
  • 「スズキ・ソリオ バンディット」に充実装備の特別仕様車 2016.12.8 自動車ニュース スズキがコンパクトハイトワゴン「ソリオ バンディット」の特別仕様車「Fリミテッド」を発売。メッキのドアハンドルやラックススエードとレザー調皮革のコンビシートなどが採用された内外装が特徴となっている。
  • マツダ、軽自動車の「フレア」をモデルチェンジ 2017.2.23 自動車ニュース マツダは2017年2月23日、軽自動車の「フレア」を全面改良して発表した。発売は3月2日。“兄弟車”の「スズキ・ワゴンR」と足並みをそろえ、定番スタイルの「HYBRID XG」と、スタイリッシュな「HYBRID XS」の2機種を設定した。
ホームへ戻る