「スズキ・ソリオ」に黒×白カラーの特別仕様車

2011.11.25 自動車ニュース

特別仕様車「スズキ・ソリオBLACK&WHITE」発売

スズキは、コンパクトハイトワゴン「ソリオ」に特別仕様車「BLACK&WHITE」を設定するとともに、全グレードのFF車にアイドリングストップ機能搭載車を設定し、2011年11月25日に発売した。

「スズキ・ソリオ」の「BLACK&WHITE」は、黒と白を基調に内外装をドレスアップした特別仕様車。ベースとなるのは上級グレード「S」で、ボディーカラーは「ブルーイッシュブラックパール」と「パールホワイト」の2色が用意される。

主な特別装備は、以下のとおり。

【エクステリア】
・ポジションレンズ部にスモーク調アイラインを加えた専用ヘッドランプ
・フロントフォグランプベゼル内の白色LEDイルミネーション
・スケルトンタイプの専用ブラックメッキフロントグリル
・ガンメタリックの専用15インチアルミホイール
・ガンメタリックの専用バックドアガーニッシュ
・「BLACK&WHITE」エンブレム(左右フロントフェンダー部)

【インテリア】
・ピアノブラックのセンターガーニッシュ
・専用本革巻きステアリングホイール
・本革巻きシフトノブ
・中央部分を黒とグレーのチェック柄とした専用シート表皮
・ブラック基調の専用ドアトリム表皮
・専用フロアマット(黒とグレーのチェック柄)
・運転席シートヒーター(FF車のみ)

価格は、FF車が168万3150円(アイドリングストップ機能付きは9万4500円高)で、4WD車が180万2850円。

今回発売される「BLACK&WHITE」を含めた「ソリオ」全グレードのFF車で、アイドリングストップ機能搭載車が選べるようになったのもニュースだ。

「ソリオ」シリーズの価格は、「G」(FF車)の138万2850円から「S」(4WD)車の174万7200円まで。

(webCG 関)

「ソリオ BLACK&WHITE」(ボディーカラーは「ブルーイッシュブラックパール」)
「ソリオ BLACK&WHITE」(ボディーカラーは「ブルーイッシュブラックパール」)
こちらは「パールホワイト」の「ソリオ BLACK&WHITE」。
こちらは「パールホワイト」の「ソリオ BLACK&WHITE」。
チェック柄のシート地やフロアマットが目を引く、インテリアの様子。
チェック柄のシート地やフロアマットが目を引く、インテリアの様子。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

ソリオの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • スズキ・ソリオ バンディット ハイブリッドMV(FF/CVT)【試乗記】 2015.11.29 試乗記 5ナンバーサイズのコンパクトカーと軽自動車の間という、絶妙なボディーサイズが特徴の「スズキ・ソリオ」。人気の軽ハイトワゴン&軽トールワゴンではなく、あえてこのサイズのコンパクトワゴンを選ぶ意義とは? 競合車にはないソリオならではの魅力を探る。
  • 「スズキ・ソリオ」に32.0km/リッターのフルハイブリッドモデルが登場
    2016.11.29 自動車ニュース スズキが「ソリオ」のフルハイブリッドシステム搭載車を発売。このシステムは1.2リッター直4エンジンに走行用のモーターと5段ロボタイズドMTを組み合わせたもので、スズキが独自に開発。燃費は32.0km/リッターと公称されている。
  • スズキ・イグニス ハイブリッドMZ(FF/CVT)【ブリーフテスト】 2016.4.8 試乗記 日本の道路事情にマッチしたボディーサイズと、ユニークなデザインで注目を集めるコンパクトクロスオーバーの「スズキ・イグニス」。では、その走りや使い勝手の実力はどれほどのものなのか? 最上級グレードを借り出し、その出来栄えを確かめた。
  • スズキ・ソリオ ハイブリッド:合理的で美しい 2015.11.5 自動車ニュース 第44回東京モーターショーにおいて、スズキブースの片隅に展示された青いコンパクトワゴン。一見するとただの「ソリオ バンディット」なのだが、実はこれ、スズキが独自に開発中のハイブリッドカーなのだ。いかにも“スズキらしい”その機構の特徴を解説する。
  • スズキ・ソリオ(後編) 2015.8.26 画像・写真 注目は燃費や予防安全装備だけにあらず。新型「スズキ・ソリオ」は、コンパクトハイトワゴンの本領である使い勝手も改善している。「バンディット ハイブリッドMV」を題材に、内外装のディテールや、収納スペース、快適装備などを写真で紹介する。
ホームへ戻る