アウディ、フランクフルトで新型A4をアピール【フランクフルトショー2015】

2015.09.09 自動車ニュース

【フランクフルトショー2015】アウディ、フランクフルトで新型「A4」をアピール

アウディ ジャパンは2015年9月8日、フランクフルトモーターショー(開催期間:2015年9月15日~27日)におけるアウディブースの概要を発表した。

フランクフルトショー2015に出展される、次期型「アウディA4」。
フランクフルトショー2015に出展される、次期型「アウディA4」。
「アウディA4」のインテリア。
「アウディA4」のインテリア。
「アウディバーチャルコックピット」
「アウディバーチャルコックピット」

アウディ、フランクフルトで新型A4をアピール【フランクフルトショー2015】の画像

今回のフランクフルトショーでアウディは、2013年のショーに続いてパビリオンを建設、「Audi Sport」「quattro」「Audi Technology」「Audi ultra」という4つのテーマを五感で感じられる展示を行う。具体的には、室温マイナス21度のquattroアイスルームや、展示車両に最新技術のホログラム映像を重ね合わせる“拡張現実技術”が体験できるという。

展示スペースの中央には、アウディの基幹モデルである「A4/A4アバント」の次期型が展示される。

新型A4は、優れた環境性能や、最大で120kgにも及ぶという軽量化技術、ロー&ワイドが強調されたエクステリアデザインなどがトピック。
計器盤が丸ごとインフォメーションディスプレイとなるアウディバーチャルコックピットや、最新のライティングシステムであるマトリクスLEDヘッドライトのほか、アウディスマートフォンインターフェイス、ヘッドアップディスプレイ、アウディコネクトサービスの新たなドライバーアシスタンスといった、快適装備や運転支援システムが多数盛り込まれる。

パワーユニットは、アウトプットの異なる複数の1.4リッターガソリンターボ、2リッターガソリンターボ、2リッターディーゼルターボ、3リッターディーゼルターボからなる7種類で、駆動方式はFFとクワトロ(4WD)の2タイプ。
ドイツを含む西欧諸国では、2015年秋にも市場投入されるという。

(webCG)

→新型A4のフォトギャラリーはこちら

関連キーワード:
A4アウディフランクフルトモーターショー2015イベント自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • アウディRS 5クーペ(4WD/8AT)【試乗記】 2018.1.11 試乗記 アウディから、最高出力450ps、最大トルク600Nmの高性能スポーツクーペ「RS 5クーペ」が登場。最新のV6ツインターボエンジンとフルタイム4WD機構を組み合わせたハイパフォーマンスモデルの、数値的なパフォーマンスだけにとどまらない魅力をリポートする。
  • アウディS5スポーツバック(4WD/8AT) 2017.12.26 アウディA5/S5シリーズを体感する<PR> 「A5」シリーズでも性能は必要にして十分……。頭ではそう理解していても「S5スポーツバック」の魅力にはあらがえない。山道に差し掛かったら、アクセルをいつもより深く踏み込んでみるといい。“S”でなければならない理由が、すぐにわかるはずだ。
  • 最高出力510psの「メルセデス・ベンツGLC/GLCクーペ」が登場 2018.1.11 自動車ニュース メルセデス・ベンツ日本は2018年1月10日、「メルセデス・ベンツGLC/GLCクーペ」に、「メルセデスAMG GLC63 4MATIC+」「メルセデスAMG GLC63 S 4MATIC+」「メルセデスAMG GLC63 4MATIC+クーペ」「メルセデスAMG GLC63 S 4MATIC+クーペ」を追加し、同日、注文受け付けを開始した。
  • アルピーヌA110プルミエールエディシオン(MR/7AT)【海外試乗記】 2018.1.8 試乗記 伝説的なフランスのコンパクトスポーツ「アルピーヌA110」が、40年の時を経て復活。アルミボディーに直噴ターボエンジンと、モダンな技術が惜しみなく用いられた新型は、同時に往年のアルピーヌに通じるテイストを持つ一台に仕上がっていた。
  • アウディA7スポーツバック 2017.10.24 画像・写真 独アウディが新型「A7スポーツバック」を世界初公開した。新型「A8」から導入が進められている新しいデザインコンセプトに加え、48Vのマイルドハイブリッド機構が組み合わされた新しいパワープラントも特徴となっている。
ホームへ戻る