アウディ、フランクフルトで新型A4をアピール【フランクフルトショー2015】

2015.09.09 自動車ニュース

【フランクフルトショー2015】アウディ、フランクフルトで新型「A4」をアピール

アウディ ジャパンは2015年9月8日、フランクフルトモーターショー(開催期間:2015年9月15日~27日)におけるアウディブースの概要を発表した。

フランクフルトショー2015に出展される、次期型「アウディA4」。
フランクフルトショー2015に出展される、次期型「アウディA4」。
    拡大
「アウディA4」のインテリア。
「アウディA4」のインテリア。
    拡大
「アウディバーチャルコックピット」
「アウディバーチャルコックピット」
    拡大

アウディ、フランクフルトで新型A4をアピール【フランクフルトショー2015】の画像 拡大

今回のフランクフルトショーでアウディは、2013年のショーに続いてパビリオンを建設、「Audi Sport」「quattro」「Audi Technology」「Audi ultra」という4つのテーマを五感で感じられる展示を行う。具体的には、室温マイナス21度のquattroアイスルームや、展示車両に最新技術のホログラム映像を重ね合わせる“拡張現実技術”が体験できるという。

展示スペースの中央には、アウディの基幹モデルである「A4/A4アバント」の次期型が展示される。

新型A4は、優れた環境性能や、最大で120kgにも及ぶという軽量化技術、ロー&ワイドが強調されたエクステリアデザインなどがトピック。
計器盤が丸ごとインフォメーションディスプレイとなるアウディバーチャルコックピットや、最新のライティングシステムであるマトリクスLEDヘッドライトのほか、アウディスマートフォンインターフェイス、ヘッドアップディスプレイ、アウディコネクトサービスの新たなドライバーアシスタンスといった、快適装備や運転支援システムが多数盛り込まれる。

パワーユニットは、アウトプットの異なる複数の1.4リッターガソリンターボ、2リッターガソリンターボ、2リッターディーゼルターボ、3リッターディーゼルターボからなる7種類で、駆動方式はFFとクワトロ(4WD)の2タイプ。
ドイツを含む西欧諸国では、2015年秋にも市場投入されるという。

(webCG)

→新型A4のフォトギャラリーはこちら

関連キーワード:
A4アウディフランクフルトモーターショー2015イベント自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • アウディA6 55 TFSIクワトロ(4WD/7AT)/A6 50 TDIクワトロ(4WD/8AT)【海外試乗記】 2018.5.18 試乗記 フルモデルチェンジを受けて5代目となった「アウディA6」にポルトガルで試乗。新パワーユニットと作りこんだ骨格を得たアウディの基幹モデルは、滑らかで上質な走りと圧倒的な静粛性を手に入れていた。“上級移行”の真相に迫る。
  • アウディRS 3セダン(4WD/7AT)【試乗記】 2018.5.17 試乗記 コンパクトなセダンボディーに最高出力400psの直5ターボエンジンを詰め込んだ、ホットハッチならぬ“ホットセダン”、それが「アウディRS 3セダン」だ。大仰な空力パーツなどではアピールしない、隠れた高性能モデルの実力とは?
  • メルセデス・ベンツA200(FF/7AT)/A250エディション1(FF/7AT)【海外試乗記】 2018.5.14 試乗記 ブランドの“若返り”に大きく貢献したメルセデス・ベンツのCセグメントハッチバック「Aクラス」がフルモデルチェンジ。デザインも設計も一新され、装備やインターフェイスなど、あらゆるところに新機軸が採用された新型の実力を試す。
  • 第89回:ボディーに突き刺さったリアピラー 2018.5.8 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。第89回は「ボディーに突き刺さったリアピラー」。「日産GT-R」デザイン考。筆者イチオシの“リアピラーの折れ曲がり”、その意図とは!? 中村史郎氏のコメントを交え、開発当時の思いに迫る。
  • アルファ・ロメオ・ジュリア ヴェローチェ(FR/8AT)【試乗記】 2018.5.3 試乗記 プレミアムブランドとしての復権をもくろむアルファ・ロメオが、満を持して投入したDセグメントのスポーツセダン「ジュリア」。新たに設定された280psのFRモデルに試乗し、新世代アルファの課題を浮き彫りにする。
ホームへ戻る