トヨタ・シエンタ ハイブリッドX 7人乗り(FF/CVT)

「ゴルフ」にはできないことができる 2015.09.14 試乗記 発売から1カ月で4万9000台の注文を受けるなど、見事なスタートダッシュを切った2代目「トヨタ・シエンタ」。ハイブリッド車の試乗を通して、好調の秘密を探った。

デザインが突き抜けている

なんてオシャレなんだ! と筆者は驚嘆した。外観は古代エジプト人を思わせる。『ガダラの豚』(中島らも)の集英社文庫版の表紙のアフリカの仮面のようでもある。前後のライトから伸びたモールがアイラインのようでもあり、イレズミ、あるいはヒゲのようでもある。もっとも、テスト車は「ヴィンテージブラウンパールクリスタルシャイン」という名のシックなチョコレート色だったので、アフリカ美術っぽさはかなり控えめだった。

筆者はもっぱら室内のカラーコーディネートに驚いたのである。「フロマージュ」と名づけられたトリム&シートカラー。それに、シートの織りの粗いファブリックなんて、シャネルのジャケットみたいではありませんか。こういう明るい、ショッピングモールのカフェのような雰囲気は、軽自動車の「スズキ・アルトラパン」が近いかもしれない。

なにより驚いたのは、グローブボックスの黒とオレンジの組み合わせです。それは、さる7月下旬、英国大使館でお披露目されたロールス・ロイスの新しいコンバーチブル、「DAWN(ドーン)」と同じコンビネーションだった。ボディーが黒で、内装が鮮烈なオレンジ。それにオレンジのコーチラインが“ドーン”と入っていた。カッチョよかった。それと同じ色の組み合わせがシエンタのグローブボックスに! トヨタ・マーケティング、恐るべし!!

思えば、である。12年前に登場した初代シエンタは、丸いヘッドライトで愛嬌(あいきょう)をふりまいていた。♪ドレミファソラシエンタなんてテレビCMで、若い奥さん風の女性たちが大勢、ラテンな感じで歌い踊りながら洗濯物を干していたのではなかったか。

世は歌につれCMにつれ。2代目シエンタのCMキャラクターがサッカー界のスーパースター、ハメス・ロドリゲスであることは読者諸兄の知るところであろう。オジサンはよく知らんので、こんな二枚目はクリスティアーノ・ロナウドに違いないと思い込んでいた。大間違いであった。

2代目となる新型「トヨタ・シエンタ」。長年親しまれてきた初代に代わり、2015年7月に発売された。
2代目となる新型「トヨタ・シエンタ」。長年親しまれてきた初代に代わり、2015年7月に発売された。
「シエンタ ハイブリッドX」のインテリア。メーターはステアリングホイールの上から見るタイプとなる。
「シエンタ ハイブリッドX」のインテリア。メーターはステアリングホイールの上から見るタイプとなる。
充実した収納スペースも「シエンタ」の特徴。インストゥルメントパネルの助手席側には、上下2カ所のグローブボックスに加え、オープントレイやコンソールサイドポケットなどが設けられている。
充実した収納スペースも「シエンタ」の特徴。インストゥルメントパネルの助手席側には、上下2カ所のグローブボックスに加え、オープントレイやコンソールサイドポケットなどが設けられている。
全部で14種類のバリエーションを数える「シエンタ」のボディーカラー。テスト車は有償色の「ヴィンテージブラウンパールクリスタルシャイン」。
全部で14種類のバリエーションを数える「シエンタ」のボディーカラー。テスト車は有償色の「ヴィンテージブラウンパールクリスタルシャイン」。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

シエンタの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • 設計一新 スズキが新型「スイフト」を発表 2016.12.27 自動車ニュース スズキが新世代プラットフォーム「ハーテクト」を採用した新型「スイフト」を発表。従来モデルから大幅な軽量化を実現したほか、直噴ターボ車やマイルドハイブリッドを設定するなど、パワーユニットの拡充も図られている。
  • スズキ、「スペーシア カスタムZ」を発売 2016.12.26 自動車ニュース スズキは2016年12月26日、軽乗用車「スペーシア」シリーズに新モデル「カスタムZ」を追加し、販売を開始した。併せて既存のスペーシアシリーズにも一部仕様変更を実施し、同日販売を開始した。
  • スバルXVハイブリッドtS(4WD/CVT)【レビュー】 2016.12.6 試乗記 富士重工業のモータースポーツ部門を担うSTIが手がけた「スバルXVハイブリッドtS」。オレンジが大胆に配された外観からはカジュアルな印象を受けるが、果たしてその走りの方向性は? “スバリスト”の筆者がリポートする。
  • マツダCX-5 XD Lパッケージ(FF/6AT)/CX-5 XD Lパッケージ(4WD/6AT)【試乗記】NEW 2017.1.17 試乗記 マツダの新世代技術「SKYACTIV」を世に知らしめたミドルサイズSUV「CX-5」が、デビューから約5年を経て2代目にフルモデルチェンジ。北海道は剣淵の雪上コースにおける試乗を通し、現時点におけるマツダのシャシー制御技術の実力を確かめた。
  • ルノー・トゥインゴ ゼン(RR/5MT)【試乗記】 2017.1.6 試乗記 「ルノー・トゥインゴ」に追加されたエントリーグレード「ゼン」の、自然吸気エンジン+5段MTモデルに試乗。ベーシックであることを突き詰めたフレンチコンパクトには、普通であることの素晴らしさが凝縮されていた。
ホームへ戻る