スバル、レガシィシリーズの安全装備を強化

2015.09.10 自動車ニュース
「スバル・レガシィアウトバック リミテッド」
「スバル・レガシィアウトバック リミテッド」

スバル、「レガシィ」シリーズの安全装備を強化

富士重工業は2015年9月10日、「スバル・レガシィアウトバック/B4」に一部改良を実施し、同年10月1日に発売すると発表した。

「スバル・レガシィB4リミテッド」
「スバル・レガシィB4リミテッド」
「アドバンスドセイフティパッケージ」に含まれる「スバルリヤビークルディテクション(後側方警戒支援機能)」。自車の後側方から接近する車両がある場合、サイドミラーに装備されるLEDインジケーターを点灯・点滅させ、ドライバーに注意を促す。
「アドバンスドセイフティパッケージ」に含まれる「スバルリヤビークルディテクション(後側方警戒支援機能)」。自車の後側方から接近する車両がある場合、サイドミラーに装備されるLEDインジケーターを点灯・点滅させ、ドライバーに注意を促す。
新規設定色の「ダークブルー・パール」。
新規設定色の「ダークブルー・パール」。

今回の改良では、レーダーを用いた車両後側方の監視機能や、オートハイビーム、自動防眩(ぼうげん)ルームミラーなどからなる「アドバンスドセイフティパッケージ」を標準装備としたほか、オプション装備の「ハーマンカードンサウンドシステム&SDナビゲーション」をSiri対応の音声認識機能「Siri Eyes Free(アイズフリー)」に対応させた。

内外装の仕様についても変更しており、ボディーカラーには新たに「ダークブルー・パール」を設定。上級グレードの「リミテッド」では、本革仕様のアイボリー内装を追加した。

このほかにも、リミテッドに装備される減衰力可変ダンパー「スタブレックス・ライド」の特性を見直し、乗り心地を改善。また、ステアリングシステムを改良することで操舵(そうだ)感を向上させたという。

価格は以下の通り。
・レガシィアウトバック:318万6000円
・レガシィアウトバック リミテッド:345万6000円
・レガシィB4:291万6000円
・レガシィB4リミテッド:313万2000円

(webCG)
 

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • スバル・レヴォーグ/WRX S4/WRX STI【試乗記】 2017.7.21 試乗記 商品力を高めるべく、大幅改良が施された「スバル・レヴォーグ」「WRX S4」「WRX STI」。シンメトリカルAWDとターボエンジンが組み合わされた走り自慢の3モデルだが、実際に触れてみると、走り以外にも随所に“スバルらしさ”が見受けられた。
  • スバル・インプレッサG4 2.0i-S EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2017.3.21 試乗記 新型「スバル・インプレッサ」のセダンモデル「G4」に試乗。販売の主力となっているハッチバックモデルではなく、あえてマイナーなセダンを選ぶ理由はあるのか? 2リッターエンジン+18インチアルミホイールの上級グレードで検証した。
  • スバルXV 1.6i-L EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2017.6.27 試乗記 デザイン、走破性能、そして安全性能と、全方位的な進化を遂げた「スバルXV」。優れたコストパフォーマンスが自慢の1.6リッターモデルを加えた新型は、ヒットの予感に満ちている。装備充実のグレード「1.6i-L EyeSight」に試乗した。
  • スバル・インプレッサG4 1.6i-L EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2017.5.10 試乗記 “素のグレード”の出来栄えにこそ、そのモデルの実力が表れる。スバルのCセグメントセダン「インプレッサG4」のエントリーモデル「1.6i-L EyeSight」に試乗。その走りや装備の充実度、静的質感などを通して、スバルの最新モデルの地力に迫る。
  • スバル・インプレッサスポーツ2.0i-S EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2016.12.9 試乗記 フルモデルチェンジした「スバル・インプレッサスポーツ」に試乗。新世代プラットフォームと直噴化された水平対向エンジンがもたらす走りや、最新の運転支援システムの使い勝手を、2リッターの4WDモデルで確かめた。
ホームへ戻る