第107回:マナーを身につけた英国紳士は最強のスパイである
『キングスマン』

2015.09.10 エッセイ

『0011 ナポレオン・ソロ』の“非公式リメイク”

11月に公開される『コードネームU.N.C.L.E.』は、なんとあの『0011 ナポレオン・ソロ』のリメイク作品である。といっても若い人には何のことやらわからないだろうが、1960年代に日本でも大人気だったスパイもののTVドラマシリーズのことだ。ガイ・リッチー監督の手で原作とはまったく違うテイストに仕上げられている。

一足先にやってきたのは、“非公式リメイク”とも言うべき作品『キングスマン』だ。こちらの監督はマシュー・ヴォーン。ガイ・リッチーの監督作品『ロック、ストック&トゥー・スモーキング・バレルズ』では製作を担当していたから、図らずも盟友の競作という形になった。マシュー・ヴォーン監督には、『0011 ナポレオン・ソロ』を継ぐ個人的理由がある。名前でわかるとおり、ナポレオン・ソロを演じたロバート・ヴォーンの息子なのだ。ただし、お母さんは奔放な性格だったようで、後に本当の父親がイギリス貴族のジョージ・ドゥ・ヴィア・ドラモンドという人だと判明したというからややこしい。

原作はマーク・ミラー。ということは、『キック・アス』のコンビが復活したということだ。ハイテンションでポップなアクションは、この作品でも健在である。主役のハリーを演じるのは『英国王のスピーチ』のコリン・ファースだ。彼は『裏切りのサーカス』でもスパイ役だったが、あの時は謎解きと心理戦が主題だった。本格的なアクションをこなしているのは驚きである。半年間トレーニングを積んだというから気合が入っている。

(C)2015 Twentieth Century Fox Film Corporation
(C)2015 Twentieth Century Fox Film Corporation
 
第107回:マナーを身につけた英国紳士は最強のスパイである『キングスマン』の画像
 
第107回:マナーを身につけた英国紳士は最強のスパイである『キングスマン』の画像

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

鈴木 真人

鈴木 真人

名古屋出身。女性誌編集者、自動車雑誌『NAVI』の編集長を経て、現在はフリーライターとして活躍中。初めて買ったクルマが「アルファ・ロメオ1600ジュニア」で、以後「ホンダS600」、「ダフ44」などを乗り継ぎ、新車購入経験はなし。好きな小説家は、ドストエフスキー、埴谷雄高。好きな映画監督は、タルコフスキー、小津安二郎。