フォルクスワーゲン・パサートTSIハイライン(FF/7AT)/パサートヴァリアントTSI Rライン(FF/7AT)

前代未聞の“プレミアムいい人”戦略 2015.09.11 試乗記 分かりやすいアイコンではなく「フォルクスワーゲンらしさ」で勝負!? 新型「パサート」の試乗を通して感じた、メルセデス・ベンツともBMWとも異なる「プレミアム戦略」とは?

Appleの「iCar」だったら大成功するかも?

タマに「意外といい人ですね」とか「見た目よりいい人じゃないですか!」と驚かれる不躾オザワは常々こう思っている。「いい人にはうまくいってほしいな」と。具体的にそれが男性なら「ジミだがかわいい奥さんもらってシアワセになってくれるといいな」などだ。
しかし現実にそううまくはいかない。かわいくて賢い子は大抵クチがうまくて仕事ができるしたたかな男が持っていき、ジミでクチベタなイイヤツは婚期を逃したりする。それが確かに世の常ではある。

そんな折に、フォルクスワーゲン(VW)が実にユニークな戦略を打ち出してきた。それはいわば「いい人プレミアム」戦略であり、「攻めのいい人」戦略。それこそが先日登場したプレミアムサルーン&ワゴンの新型パサートの本質なのだ。
具体的には長年VWが培ってきた質の高さ、性能の高さ、走りの安心感に代表される「いい人性能」をキープしたまま、できる限り押し出し強くいくこと。そーんなウマい話あるかいな!? と思いきや、新作パサートは見事にそれを成し遂げている。

最大のキモはデザインだ。もちろんVWらしく「無駄な曲線は一つも無い」。一方で、横3本ストライプを極限までワイドにストレッチさせ、ライトと一体化させたグリルは圧巻だ。正直、メルセデス&BMW的なキャラクター性はない。が、鮮烈なクオリティーの高さをこれまでになく強く主張している。
さらに全体のフォルムだ。前後オーバーハングを切り詰めてホイールベースを延ばし、なおかつキャビンを後ろに下げ、見事に存在感を主張しながら虚飾のないフォルムを実現している。
フェンダーからキャビンにかけての絞りも美しく、うがって言うならこれに「Apple」マークが入ってたら、「これってAppleの『iCar』じゃない?」と思う人もいそうなほどデザインコンシャス。クリーンで美しい。

インテリアも同様にクオリティーが高く、なおかつ居心地がよい。しかも分厚い本革も使わず、質感は実に繊細。室内スペースにしても、特にワゴンの「ヴァリアント」は「これで工務店仕事ができるんじゃないか」というほど広い。

自慢の研ぎ澄まされ尽くした1.4リッターTSIエンジンに7段DSGの組み合わせも、適度な速さと、一部のハイブリッド車に匹敵するレベルの燃費を実現している。ホントにVW的にクリーンかつ精密によくできていて、VWらしさを今まで以上にアピールしている。

これはまさしく王道と王道の戦いだ。従来的なシンボリックさをもって「強さのプレミアム」の道を行くメルセデスとBMWの牙城に、VWは分かりやすい“アイコン性”や“濃さ”ではなく、“らしさ”をこれまで以上に突き詰めることで、新たな「いい人プレミアム」の道に入ろうとしている。

果たしてこの新次元のブランドの戦いはどうなるのか? もしやここ数年で最も面白い自動車バトルになるかもしれない。

(文=小沢コージ/写真=藤井元輔)

【スペック】
パサートTSIハイライン

全長×全幅×全高=4785×1830×1470mm/ホイールベース=2790mm/車重=1460kg/駆動方式=FF/エンジン=1.4リッター 直4 DOHC 16バルブ ターボ(150ps/5000-6000rpm、25.5kgm/1500-3500rpm)/トランスミッション=7AT/燃費=20.4km/リッター(JC08モード)/価格=414万円

パサートヴァリアントTSI Rライン
全長×全幅×全高=4775×1830×1510mm/ホイールベース=2790mm/車重=1510kg/駆動方式=FF/エンジン=1.4リッター 直4 DOHC 16バルブ ターボ(150ps/5000-6000rpm、25.5kgm/1500-3500rpm)/トランスミッション=7AT/燃費=20.4km/リッター(JC08モード)/価格=480万9700円

「パサートTSIハイライン」のインテリア。TSIハイラインと「Rライン」には、フォルクスワーゲンの純正SSDナビゲーションシステムが標準装備される。
「パサートTSIハイライン」のインテリア。TSIハイラインと「Rライン」には、フォルクスワーゲンの純正SSDナビゲーションシステムが標準装備される。
「TSIハイライン」に装備される、ナッパレザーのシート。「ナチュラルブラウン」と「チタンブラック」の2色が用意される。
「TSIハイライン」に装備される、ナッパレザーのシート。「ナチュラルブラウン」と「チタンブラック」の2色が用意される。
「パサートヴァリアントTSI Rライン」のラゲッジルーム。容量は2列目シートを起こした状態で650リッター、倒した状態で1780リッターとなっている。
「パサートヴァリアントTSI Rライン」のラゲッジルーム。容量は2列目シートを起こした状態で650リッター、倒した状態で1780リッターとなっている。
1.4リッター直4直噴ターボエンジン。アイドリングストップ機構や気筒休止システムなどの採用とも相まって、20.4km/リッターの燃費を実現している(JC08モード)。
1.4リッター直4直噴ターボエンジン。アイドリングストップ機構や気筒休止システムなどの採用とも相まって、20.4km/リッターの燃費を実現している(JC08モード)。
「パサートヴァリアントTSI Rライン」
「パサートヴァリアントTSI Rライン」

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

パサートの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事 ホームへ戻る