フォルクスワーゲン・ポロGTI(FF/6MT)

マニア心をくすぐる 2015.09.16 試乗記 フォルクスワーゲンのホットハッチ「ポロGTI」に新設定された、6段MTモデルに試乗。先にラインナップされていたAT車とのちがいをチェックしつつ、その走りや乗り心地、燃費などを項目ごとにリポートする。

【総評】楽しくも、悩ましい……★★★☆☆<3>

すでに販売中のポロGTIの変速機が、2ペダル7段ツインクラッチ(7DSG)から3ペダルの6段MTに変わっただけ……と思ったら、さにあらず。
実際には最大トルクが32.6kgm(7DSG車は25.5kgm)へと大幅アップ(そもそもは7DSGの許容トルクが小さめなのが理由らしい)となったほか、ダンパー減衰力その他を切り替えられる「スポーツセレクト」も7DSG車に先がけて搭載。ちなみに現在は7DSG車にも同装備が標準となっている。

トルクがここまで増えると、なるほど加速感は7DSG車とは明確にちがう。まるでパチンコ玉のごとき、はじけるようなピックアップだ。ポロGTIの新たな売りとなった「スポーツセレクト」は、スロットル特性、ステアリングアシスト、ダンパー減衰力をまとめて切り替える機構だが、なかでも減衰力切り替え機能は、ちょっとした自動車工学的なお勉強にもなって楽しい。

筆者個人も、MT以外のクルマを一度も購入したことのないMT原理主義者なので、シフトレバーをこねくり回すだけで素直に楽しい。ただ、ポロの6MTはDSGより1段少なく、しかもギアリングがハイギアード寄りなので、総合的な動力性能の小気味よさでは、7DSGに軍配があがる。実際にMTとDSGのどちらかを選ぼうとすると、なんとも悩ましい。

<編集部注>各項目の採点は5点(★★★★★)が満点です。

現行型「フォルクスワーゲン・ポロGTI」の6段MT車は、7段DSG(AT)車の発売から4カ月後の2015年6月、カタログに加えられた。
現行型「フォルクスワーゲン・ポロGTI」の6段MT車は、7段DSG(AT)車の発売から4カ月後の2015年6月、カタログに加えられた。
「ポロGTI」のインテリア。黒をベースに、各所が赤の差し色で飾られる。
「ポロGTI」のインテリア。黒をベースに、各所が赤の差し色で飾られる。

「ポロGTI」には、コーナリング中のアンダーステアを抑制する電子制御式ディファレンシャルロック「XDS」が備わる。

 


	「ポロGTI」には、コーナリング中のアンダーステアを抑制する電子制御式ディファレンシャルロック「XDS」が備わる。

	 
フロントに輝く「GTI」のエンブレムと、ヘッドランプ内まで続く赤いラインが、特別なスポーツモデルであることを主張する。
フロントに輝く「GTI」のエンブレムと、ヘッドランプ内まで続く赤いラインが、特別なスポーツモデルであることを主張する。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

ポロの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • フォルクスワーゲン・ポロGTI(FF/6MT)【ブリーフテスト】 2015.9.16 試乗記 フォルクスワーゲンのホットハッチ「ポロGTI」に新設定された、6段MTモデルに試乗。先にラインナップされていたAT車とのちがいをチェックしつつ、その走りや乗り心地、燃費などを項目ごとにリポートする。
  • フォルクスワーゲン・ポロ ブルーGT(FF/7AT)【試乗記】 2014.12.9 試乗記 運動性能と燃費性能を高次元で両立したという「フォルクスワーゲン・ポロ」のスポーツグレード「ブルーGT」の実力に触れた。
  • ルノー・トゥインゴ ゼン(RR/5MT)【試乗記】 2017.1.6 試乗記 「ルノー・トゥインゴ」に追加されたエントリーグレード「ゼン」の、自然吸気エンジン+5段MTモデルに試乗。ベーシックであることを突き詰めたフレンチコンパクトには、普通であることの素晴らしさが凝縮されていた。
  • 「ルノー・トゥインゴ」に新グレード「ゼン」が登場 2017.1.6 自動車ニュース 「ルノー・トゥインゴ」に新グレード「ゼン」が登場。装備を簡素化して価格を抑えたエントリーグレードで、パワープラントには0.9リッターターボ+6段EDCに加え、1リッター自然吸気+5段MTの組み合わせも用意される。
  • 設計一新 スズキが新型「スイフト」を発表 2016.12.27 自動車ニュース スズキが新世代プラットフォーム「ハーテクト」を採用した新型「スイフト」を発表。従来モデルから大幅な軽量化を実現したほか、直噴ターボ車やマイルドハイブリッドを設定するなど、パワーユニットの拡充も図られている。
ホームへ戻る