ランボルギーニがアヴェンタドールSVを披露

2015.09.13 自動車ニュース
「アヴェンタドールLP750-4 スーパーヴェローチェ ロードスター」
「アヴェンタドールLP750-4 スーパーヴェローチェ ロードスター」

ランボルギーニが「アヴェンタドールSV」を披露

アウトモビリ・ランボルギーニ・ジャパンは2015年9月11日、「アヴェンタドール」の高性能限定モデル「アヴェンタドールLP750-4 スーパーヴェローチェ(SV)」のクーペおよびロードスターを日本で初公開した。

ロードスターモデルのリアビュー。
ロードスターモデルのリアビュー。
ロードスターモデルのインテリア。
ロードスターモデルのインテリア。
「アヴェンタドールLP750-4 スーパーヴェローチェ ロードスター」
「アヴェンタドールLP750-4 スーパーヴェローチェ ロードスター」

■最高出力750psのスペシャルモデル

アヴェンタドールSVは「アヴェンタドールLP700-4」をより高出力、かつ軽量に仕立てたモデル。クーペ、ロードスターとも、6.5リッターのV12自然吸気エンジンの最高出力は700psから750psに50ps強化され、車重は50kg軽量化(クーペが1525kg、ロードスターが1575kg)されている。

0-100km/h加速はクーペが2.8秒でロードスターが2.9秒。最高速はともに350km/h以上。ロードスターは日本初公開であると同時に、アジア地区初公開でもあるという。

車両価格はクーペが4795万5883円でロードスターが5238万9883円(ともに税別)。クーペは全世界で600台、ロードスターが同500台の限定販売だが、クーペはすでに完売とのことだ。

(webCG)

関連キーワード:
アヴェンタドールランボルギーニ自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ランボルギーニ・ウラカン ペルフォルマンテ(4WD/7AT)【試乗記】 2017.12.26 試乗記 好戦的なエアロパーツで身を包んだ「ランボルギーニ・ウラカン ペルフォルマンテ」。独ニュルブルクリンクの北コースを量産車最速(計測当時)のタイムで駆け抜けたと聞けば、その走りはさぞや“レーシー”と誰もが思うだろう。しかしてその実体は……?
  • ランボルギーニ・ウラカンLP580-2(MR/7AT)【試乗記】 2016.7.28 試乗記 「ランボルギーニ・ウラカン」の後輪駆動モデル「ウラカンLP580-2」に試乗。運転する楽しさの本質が追求されたこのモデルは、素晴らしく運転しやすくなった現代のランボルギーニの中でも“生粋のスーパーカー”といえる存在だ。
  • ルノー・トゥインゴGT(RR/6AT)/トゥインゴGT(RR/5MT)【試乗記】 2018.2.12 試乗記 台数限定で日本に導入されるや否や、たちまちのうちに“完売御礼”となった「ルノー・トゥインゴGT」が、カタログモデルになって復活。その走りの実力を、新たに設定された2ペダル仕様の出来栄えとともに報告する。
  • アルピーヌA110プルミエールエディシオン(MR/7AT)【海外試乗記】 2018.1.30 試乗記 新生「アルピーヌA110」に南仏マルセイユで試乗。新しいA110の軽さ極まるフットワークを体験すれば、このクルマがアルピーヌの正統的後継者であると同時に、一台の普遍的な魅力を備えたスポーツカーであることが、すぐに理解できるはずだ。
  • フォルクスワーゲンup! GTI(FF/6MT)【海外試乗記】 2018.2.16 試乗記 フォルクスワーゲンのエントリーモデル「up!」に、待望の高性能グレード「GTI」が登場。全長3.6mの新しいホットハッチは、どんなドライブフィールの持ち主なのか? その走りの陰に見た、スポーツモデル受難の時代の兆しとは?
ホームへ戻る