スズキ・ソリオ ハイブリッドMZ(FF/CVT)/ソリオ バンディット ハイブリッドMV(FF/CVT)

真面目でしたたか 2015.09.17 試乗記 スズキのコンパクトハイトワゴン「ソリオ」がフルモデルチェンジ。大幅な軽量化やマイルドハイブリッドシステムの搭載など、トピック満載の新型の実力を試す。

最大のトピックは“ハイブリッド”

白いナンバーを付けたスズキ車で、「スイフト」の次に売れているのがソリオである。
今年1~7月の販売台数は月平均約2700台。トータルではスイフトに及ばないが、月によっては僅差で勝つこともあった。ちなみに、黄色ナンバーの「ワゴンR」は月平均およそ9800台と圧倒的に強いが、そんな定番人気軽ワゴンの陰で、モデル終末期にこれだけ健闘していたのだから立派だ。

月販3500台を目標に掲げる新型ソリオは、クラスとしては先代と同じ1.2リッターのコンパクトハイトワゴンである。開発段階での合言葉は「ソリオを凌(しの)ぐソリオをつくる」。そりゃまあ、モデルチェンジって、そういうことでしょという気もするが、一番のニュースはグレード名にもボディーのエンブレムにも付く“ハイブリッド”である。

といってもこれは、すでに軽でおなじみの“S-エネチャージ”を言い換えたもの。白いナンバーをぶら下げるクラスではこう呼ぶことにしたという。ただし、モーターのみで走行できるハイブリッドとは区別して、カタログ上では“マイルドハイブリッド”と呼ぶ。
燃費と加速性能に効くマイルドハイブリッドは、最廉価グレードを除くすべてに搭載され、販売では新型ソリオの9割を占めると見込まれている。

標準車の最上級グレードである「ソリオ ハイブリッドMZ」。新型ソリオでは、標準車の「G」を除く全グレードにマイルドハイブリッドシステムが搭載されている。
標準車の最上級グレードである「ソリオ ハイブリッドMZ」。新型ソリオでは、標準車の「G」を除く全グレードにマイルドハイブリッドシステムが搭載されている。
「ソリオ ハイブリッドMZ」のインテリア。前席の居住性を高めるためにダッシュボードは圧迫感を抑えたデザインとされており、またメーターは運転席の前方からインパネの中央に移されている。
「ソリオ ハイブリッドMZ」のインテリア。前席の居住性を高めるためにダッシュボードは圧迫感を抑えたデザインとされており、またメーターは運転席の前方からインパネの中央に移されている。
新型「ソリオ」のハイブリッドシステムは、軽乗用車用の「S-エネチャージ」をベースにISG(モーター機能付き発電機)の出力とトルクを3.1ps/1000rpm、5.1kgm/100rpmに高めたものだ。
新型「ソリオ」のハイブリッドシステムは、軽乗用車用の「S-エネチャージ」をベースにISG(モーター機能付き発電機)の出力とトルクを3.1ps/1000rpm、5.1kgm/100rpmに高めたものだ。
「ソリオ バンディット」のボディーカラーは全7色。「ファーベントレッド」と「プレミアムシルバーメタリック」には、オプションで「ブラック2トーンルーフ」仕様も用意されている。
「ソリオ バンディット」のボディーカラーは全7色。「ファーベントレッド」と「プレミアムシルバーメタリック」には、オプションで「ブラック2トーンルーフ」仕様も用意されている。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

ソリオの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事 ホームへ戻る