ジャガーXE 2.0プレステージ(FR/8AT)/XE 2.5ポートフォリオ(FR/8AT)

悩ましい選択 2015.09.18 試乗記 200ps仕様か、それとも240ps仕様か? 「ジャガーXE」に関心を持つ人にとって悩ましいのは、2リッター直4ターボエンジンのどちらの仕様がよりジャガーらしいのか、ということではないだろうか。200psの「2.0プレステージ」と、240psの「2.5ポートフォリオ」に比較試乗した。

たかがされどの40ps

ジャガーXEの4気筒シリーズには「20t」と「25t」がある。どちらも排気量は2リッターでありながら、ターボ過給圧の違いで20tが200ps、25tが240psとチューンに差がつけられている。また20tには「ピュア」(477万円)と「プレステージ」(515万円)、25tには「ポートフォリオ」(642万円)という仕様があり、単純にエンジン違いだけの価格差とは言えないけれども、ざっと130万円の違いがある。4気筒のXEを買うならどちらがいいだろう? というよりも安い方はどうなの? と20tに興味をもつ人は多いようだ。

200psもあるんだから20tで十分、と結論づけてしまうのは簡単ながら、もう少し詳細に違いをみていこう。少し前までなら40psも差があれば、それはたいがい排気量の違いによって生じた差であったから、税金が違うとか、トルクが大きい方が走りやすいだろうとか、実際に試してみなくとも、ある程度は想像で判断できた。もっとも、排気量ではなく過給圧の違いであっても、一方の最大トルクが32.6kgm(320Nm)で他方が34.7kgm(340Nm)であると知れば、その違いぐらいは予想できるだろう。

もうひとつの判断材料は重量だ。エンジン排気量が大きくなると、当然重量も重くなる。しかし、今回はその辺の判断が難しい。プレステージとポートフォリオの重量は1620kgと1660kg(ともに車検証記載値)。前軸の重量は両車とも840kgで、ポートフォリオの方が後輪が40kg重い820kgとなる。これならハンドル操作で感じる頭の重さみたいな感覚はほとんどないはずだ。加えて8段ATのギア比は同じで、ファイナルレシオだけ3.42と3.23の違いとなる。タイヤサイズはプレステージが前後とも225/45R18で、ポートフォリオが前が225/40R19、後ろが255/35R19(いずれもオプションタイヤを装着)と異なる。走りだす前は、この2台は「そんなに違わないだろう」と予想していた。

カタログ上の車名では200ps仕様は「2.0」、240ps仕様は「2.5」と表記されるが、ボディーにはそれぞれ「20t」「25t」というバッジが付く。
ダッシュボードの上面をぐるりとベルトラインが取り囲むデザインは「XJ」にも通じるもの。シフトセレクターはおなじみロータリー式。写真は「2.5ポートフォリオ」。
2リッター直4ガソリンエンジンは、200psと240psの2種類のチューンがあるが、エンジン形式はどちらも「204PT」となる。写真は240psの「2.5ポートフォリオ」のもの。
ボディーのスリーサイズは4680×1850×1415mm。Cd値は0.26。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

XEの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • ジャガー、「XE」「XF」のディーゼルモデルに充実装備の特別仕様車 2016.11.4 自動車ニュース ジャガー・ランドローバー・ジャパンは2016年11月1日、ジャガーの4ドアセダン「XE」と「XF」の特別仕様車「ジェットディーゼルエディション」を設定し、受注を開始した。XEジェットディーゼルエディションは限定100台、XFジェットディーゼルエディションは限定30台の販売となる。
  • ジャガーXF 20dプレステージ(FR/8AT)【試乗記】 2016.8.9 試乗記 モジュラー構造のアルミボディーなど、先端技術が惜しみなく投じられているジャガーの新型「XF」。その真骨頂は、実は “オーソドックスないいクルマ”を目指しているところにあるといえそうだ。ディーゼルエンジンを搭載する中核グレードに試乗した。
  • ジャガーXE 2.0プレステージ(FR/8AT)/XE 2.5ポートフォリオ(FR/8AT)【試乗記】 2015.9.18 試乗記 200psか240psか? 「ジャガーXE」に関心を持つ人にとって悩ましいのは、2リッター直4ターボエンジンのどちらの仕様がよりジャガーらしいのか、ということではないだろうか。「2.0プレステージ」と「2.5ポートフォリオ」に比較試乗した。
  • BMW、「120i」と「220iクーペ」に新世代エンジンを搭載 2016.11.30 自動車ニュース BMWジャパンは2016年11月30日、「BMW 120i」と「BMW 220iクーペ」に新エンジンを搭載し、販売を開始した。今回、搭載された2リッター直4ガソリンターボエンジンは、最高出力184ps/5000rpm、最大トルク27.5kgm/1350-4600rpmを発生する。
  • 「スバル・インプレッサ」の1.6リッターエンジン搭載グレード発売 2016.11.28 自動車ニュース 富士重工業は2016年11月28日、新型「スバル・インプレッサ」の1.6リッターエンジン搭載グレード「1.6i-L EyeSight」を同年12月20日に発売すると発表した。最高出力は115ps、最大トルクは15.1kgmで、トランスミッションにはCVTを採用する。
ホームへ戻る