後編:燃費自慢の“走り”を検証! ~エコな軽とコンパクト、その実像に迫る

小さくても大きな満足 2015.09.18 実力チェック! 人気の軽とコンパクト 先進的な環境技術が続々と開発され、クルマの燃費性能は日々進化。日本の軽自動車やコンパクトカーには、30km/リッターを超える燃費性能を有するものも少なくない。では、そうしたモデルの走りや乗り心地は、どうなのだろうか? 今回は“燃費自慢”の3台に試乗し、クルマとしての基本性能を確かめた。

低燃費ツートップ+1台で比較試乗

2011年の末、自動車の燃費競争はいよいよ激しさを増していた。9月20にダイハツが30.0km/リッター(JC08モード)の「ミラ イース」を発売すると、11月25日にスズキが30.2km/リッター「アルト エコ」で反撃する。わずか0.2kmの差ではあるが、この時点でガソリン車低燃費ナンバーワンの称号を得たのである。

しかし、同じ年の12月になると、とんでもない強敵が現れた。「トヨタ・アクア」が「プリウス」譲りのハイブリッドシステムを搭載し、35.4km/リッターという驚異的な燃費を引っさげてデビューしたのだ。アクアは2013年の一部改良で37.0km/リッターにまで数字を上げる。
内燃機関だけではハイブリッドにかなわないと思わせたが、2014年にフルモデルチェンジされたアルトが意地を見せた。アクアとまったく同じ37.0km/リッターを達成し、トップに並んだのだ。

この2台で同じ道を走ってみた。いくらユーザーが燃費を気にするようになったからといって、アクアかアルトかどっちにしようと迷うケースは、あまりないかもしれない。燃費以外はさまざまな面でまったく異なる成り立ちを持つ。それでも、日本の誇る燃費ツートップはどんなクルマなのかを見てみることには意義がある。現時点でのエコカーの到達点がわかるはずだからだ。

東京都内から一般道で箱根を目指し、ワインディングロードを試して高速道路で帰ってくるというコースである。市街地と山道、高速道路という3種のステージで比較する。2台に加え、「スズキ・ワゴンR」も連れ出した。軽自動車の主流となっているハイトワゴンは外すわけにはいかない。重量や前方投影面積でハンディがあるにもかかわらず、33.0km/リッターという燃費なのだ。参加する資格は十分にある。

2011年末にデビューした「トヨタ・アクア」。2014年12月にはマイナーチェンジが施され、フロントバンパーや前後ランプの形状が変更された。
2011年末にデビューした「トヨタ・アクア」。2014年12月にはマイナーチェンジが施され、フロントバンパーや前後ランプの形状が変更された。
ハイブリッド専用車「アクア」に備わるエンブレム。
ハイブリッド専用車「アクア」に備わるエンブレム。
「アクア」のパワーユニット。1.5リッターのガソリンエンジンを電気モーターがアシストする。
「アクア」のパワーユニット。1.5リッターのガソリンエンジンを電気モーターがアシストする。
今回は、トップレベルの燃費を誇る「トヨタ・アクア」「スズキ・アルト」「スズキ・ワゴンR」の3台をテストした。
今回は、トップレベルの燃費を誇る「トヨタ・アクア」「スズキ・アルト」「スズキ・ワゴンR」の3台をテストした。

「トヨタ・アクア」と同じ37.0km/リッター(JC08モード値)の燃費を誇る、スズキの軽乗用車「アルト」。現行モデルは、2014年12月に発売された。


	「トヨタ・アクア」と同じ37.0km/リッター(JC08モード値)の燃費を誇る、スズキの軽乗用車「アルト」。現行モデルは、2014年12月に発売された。
関連記事 ホームへ戻る