第221回:「リーフタクシー」から「卓上占い器」まで−大矢アキオのウナ・セラ・ディ東京

2011.11.25 エッセイ

第221回:「リーフタクシー」から「卓上占い器」まで−大矢アキオのウナ・セラ・ディ東京

筆者の写真帳から。日本橋にて。「トヨタ・プリウス」のタクシーは、もはや東京の風景になりつつある。後方にあった大和証券本店ビルは大リフォームが施され、(株)パソナエンジニアリングのビルに変わっていた。
第221回:「リーフのタクシー」から「卓上占い器」まで−大矢アキオのウナ・セラ・ディ東京

今年の東京はちょっと違う

ほぼ1年ぶりに東京にやって来た。以前は来るたびに、赤坂の「東京ミッドタウン」や東京駅の超高層ビル「グラントウキョウ」、そして同じく東京駅の「丸ビル」など、なにかしら必見の新ランドマークができていた。しかし、今年はそうした大きなモノが見当たらない。東京スカイツリーも遠くから眺めることはできるが、オープンは2012年5月までお預けだ。
「震災を機会に、都市のありかたをじっくり検討し直す時期である」と考えれば納得できなくもないが、やはり昨今の景気で都市そのものにポーズボタンが押されてしまったようで、どこか悲しい。

この原稿を書いている都心の部屋の窓外に広がっているのも、伊丹十三監督『マルサの女』のオープニングとテーマ曲を思いださせる、憂鬱(ゆううつ)な都会のスカイラインだ。
さらに郊外にある女房の実家の近くは、二度と開かない、いわゆる「シャッター商店街」化しつつあった。ニッポンの抱える問題は多い。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

大矢 アキオ

大矢 アキオ

コラムニスト。国立音楽大学ヴァイオリン専攻卒にして、二玄社『SUPER CG』元編集記者、そしてイタリア在住20年という脈絡なき人生を歩んできたものの、それだけにあちこちに顔が広い。今日、日本を代表するイタリア文化コメンテーター。10年以上にわたるNHK『ラジオ深夜便』リポーター、FM横浜『ザ・モーターウィークリー』季節ゲストをはじめラジオでも活躍中。『Hotするイタリア』『イタリア発シアワセの秘密 ― 笑って! 愛して! トスカーナの平日』(ともに二玄社)、『カンティーナを巡る冒険旅行』『ザ・スピリット・オブ・ランボルギーニ』(ともに光人社)、電子書籍『イタリア式クルマ生活術』(NRMパブリッシング)など数々の著書・訳書あり。