三菱、軽商用EV「MINICAB-MiEV」を発売

2011.11.24 自動車ニュース

三菱自動車、軽商用EV「MINICAB-MiEV」を発売

三菱自動車は2011年11月24日、軽商用電気自動車「MINICAB-MiEV(ミニキャブ・ミーブ)」を12月8日に発売すると発表した。

「MINICAB-MiEV」は「ミニキャブ バン」をベースに、「i-MiEV」で得られた技術やノウハウを生かして開発された。ユーザーのニーズに合わせて選択できるよう、総電力量が異なる2種類の駆動用バッテリーが設定される(「CD 10.5kWh」:JC08モード1充電走行距離100km、「CD 16.0kWh」:同150km)。

経済産業省の補助金制度が適用された場合、実質的な車両価格は「CD 10.5kWh」が173万円から、「CD 16.0kWh」が202万円からになるという。販売方式は、現行のi-MiEVと同様に、リース、クレジット、現金販売に対応している。

2011年度(2011年12月〜2012年3月)の目標販売台数は4000台。メーカー希望小売価格は次のとおり。

・CD 10.5kWh 2シーター ハイルーフ 240万円 (写真)
・CD 10.5kWh 4シーター ハイルーフ 242万1000万円
・CD 16.0kWh 2シーター 標準ルーフ/ハイルーフ 295万円
・CD 16.0kWh 4シーター 標準ルーフ/ハイルーフ 297万1000円

(webCG 竹下)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

関連記事
  • 三菱ミニキャブ・ミーブ 10.5kWh仕様(MR/1AT)【試乗記】 2011.5.24 試乗記 三菱ミニキャブ・ミーブ 10.5kWh仕様(MR/1AT)

    三菱の商用EV「MINICAB-MiEV(ミニキャブ・ミーブ)」試作車に試乗。電力不足のなかでの、EVの役割について考えた。
  • BMW M140i(FR/8AT)【試乗記】 2016.12.20 試乗記 実用的な5ドアハッチバックのボディーに、340psの直6ターボエンジンを搭載した「BMW M140i」。ベーシックモデルの2倍の排気量から、2.5倍のパワーを発生するハイパフォーマンスモデルは、刺激と同時に懐の深さも持ち合わせていた。
  • 【デトロイトショー2017】ホンダ、北米向け新型「オデッセイ」を世界初公開
    2017.1.11 自動車ニュース 本田技研工業の米国現地法人であるアメリカン・ホンダモーターは2017年1月9日(現地時間)、北米国際自動車ショー(通称:デトロイトショー/開催期間:2017年1月8日~22日)で、北米向けの新型「オデッセイ」を世界初公開した。
  • 設計一新 スズキが新型「スイフト」を発表 2016.12.27 自動車ニュース スズキが新世代プラットフォーム「ハーテクト」を採用した新型「スイフト」を発表。従来モデルから大幅な軽量化を実現したほか、直噴ターボ車やマイルドハイブリッドを設定するなど、パワーユニットの拡充も図られている。
  • 「トヨタ・ヴィッツ」にハイブリッドモデルが登場
    2017.1.12 自動車ニュース トヨタ自動車は2017年1月12日、コンパクトカー「ヴィッツ」にマイナーチェンジを施し、販売を開始した。今回はハイブリッドモデルの追加設定が最大のトピック。さらに、エクステリア、シャシー、安全装備などにも改良が施された。
ホームへ戻る