三菱、軽商用EV「MINICAB-MiEV」を発売

2011.11.24 自動車ニュース

三菱自動車、軽商用EV「MINICAB-MiEV」を発売

三菱自動車は2011年11月24日、軽商用電気自動車「MINICAB-MiEV(ミニキャブ・ミーブ)」を12月8日に発売すると発表した。

「MINICAB-MiEV」は「ミニキャブ バン」をベースに、「i-MiEV」で得られた技術やノウハウを生かして開発された。ユーザーのニーズに合わせて選択できるよう、総電力量が異なる2種類の駆動用バッテリーが設定される(「CD 10.5kWh」:JC08モード1充電走行距離100km、「CD 16.0kWh」:同150km)。

経済産業省の補助金制度が適用された場合、実質的な車両価格は「CD 10.5kWh」が173万円から、「CD 16.0kWh」が202万円からになるという。販売方式は、現行のi-MiEVと同様に、リース、クレジット、現金販売に対応している。

2011年度(2011年12月〜2012年3月)の目標販売台数は4000台。メーカー希望小売価格は次のとおり。

・CD 10.5kWh 2シーター ハイルーフ 240万円 (写真)
・CD 10.5kWh 4シーター ハイルーフ 242万1000万円
・CD 16.0kWh 2シーター 標準ルーフ/ハイルーフ 295万円
・CD 16.0kWh 4シーター 標準ルーフ/ハイルーフ 297万1000円

(webCG 竹下)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

関連記事
  • 三菱ミニキャブ・ミーブ 10.5kWh仕様(MR/1AT)【試乗記】 2011.5.24 試乗記 三菱ミニキャブ・ミーブ 10.5kWh仕様(MR/1AT)

    三菱の商用EV「MINICAB-MiEV(ミニキャブ・ミーブ)」試作車に試乗。電力不足のなかでの、EVの役割について考えた。
  • トヨタC-HR【試乗記】 2017.1.27 試乗記 “新しいクルマづくり”こと「TNGA」が採り入れられた、新世代商品の第2弾モデルとなる「トヨタC-HR」。世界的に成長を続けるコンパクトSUV市場での巻き返しを図って投入された、ニューモデルの実力を測る。
  • アバルト124スパイダー(FR/6AT)【レビュー】 2017.2.13 試乗記 コアなファンから熱狂的な支持を得ている「アバルト124スパイダー」。でも輸入元は、MTモデルばかりが注目されることに少々悩んでいるらしい。今回は、不遇をかこつ(?)ATモデルに試乗。スポーツカーとしての出来栄えを確かめた。
  • マツダE&T、「ボンゴフレンディ」似の「CX-5」キャンパーを展示 2017.2.3 自動車ニュース マツダのエンジニアリング子会社であるマツダE&Tは、幕張メッセで2017年2月5日まで開催されているジャパンキャンピングカーショー2017で、車両の屋根上に宿泊スペースを持つ「CX-5ポップ・アップ・ルーフ・コンセプト」を展示している。
  • スズキ・ワゴンR/ワゴンRスティングレー 2017.2.1 画像・写真 軽ハイトワゴンの元祖である「スズキ・ワゴンR」が、新世代プラットフォームやマイルドハイブリッドが採用された6代目にフルモデルチェンジ。イメージの異なる3種類のデザインをそろえた新型の姿を、画像で紹介する。
ホームへ戻る