三菱、軽商用EV「MINICAB-MiEV」を発売

2011.11.24 自動車ニュース

三菱自動車、軽商用EV「MINICAB-MiEV」を発売

三菱自動車は2011年11月24日、軽商用電気自動車「MINICAB-MiEV(ミニキャブ・ミーブ)」を12月8日に発売すると発表した。

「MINICAB-MiEV」は「ミニキャブ バン」をベースに、「i-MiEV」で得られた技術やノウハウを生かして開発された。ユーザーのニーズに合わせて選択できるよう、総電力量が異なる2種類の駆動用バッテリーが設定される(「CD 10.5kWh」:JC08モード1充電走行距離100km、「CD 16.0kWh」:同150km)。

経済産業省の補助金制度が適用された場合、実質的な車両価格は「CD 10.5kWh」が173万円から、「CD 16.0kWh」が202万円からになるという。販売方式は、現行のi-MiEVと同様に、リース、クレジット、現金販売に対応している。

2011年度(2011年12月〜2012年3月)の目標販売台数は4000台。メーカー希望小売価格は次のとおり。

・CD 10.5kWh 2シーター ハイルーフ 240万円 (写真)
・CD 10.5kWh 4シーター ハイルーフ 242万1000万円
・CD 16.0kWh 2シーター 標準ルーフ/ハイルーフ 295万円
・CD 16.0kWh 4シーター 標準ルーフ/ハイルーフ 297万1000円

(webCG 竹下)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

ミニキャブ ミーブの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • 日産ノートe-POWER X(FF)【試乗記】 2016.11.21 試乗記 外部充電機能を持たないシリーズハイブリッド車ながら、静かで加速のよい“EV風味”を持つ「日産ノートe-POWER」。200万円を切る手ごろな価格で実現した“ワンペダルドライビング”がもたらす走りとは? 中間グレードの「e-POWER X」に試乗した。 
  • ホンダ・ステップワゴン モデューロX(FF/CVT)【試乗記】 2016.11.11 試乗記 ホンダのミニバン「ステップワゴン」に、純正カスタマイズブランド「モデューロ」のパーツを組み込んだスペシャルバージョンが登場。その走りや乗り心地は、ふつうのステップワゴンとどう違う? 8人乗りと7人乗りの2車種に試乗した。
  • トヨタ、「マークX」をマイナーチェンジ 2016.11.22 自動車ニュース トヨタ自動車は2016年11月22日、FRセダン「マークX」にマイナーチェンジを実施し、販売を開始した。“洗練された格好良さと遊び心を両立した大人のスポーティセダン”をテーマとして、フロントを中心にデザインが一新されている。
  • ホンダ・フリード+ ハイブリッドEX(FF/7AT)【試乗記】 2016.11.24 試乗記 ホンダの小型ミニバン「フリード」シリーズが2代目にモデルチェンジ。ハイブリッドシステムの刷新と新プラットフォームの採用により、その走りはどう変わったのか? 2列シート車の「フリード+」に試乗し、進化のほどを確かめた。
  • メルセデス・ベンツGLC350e 4MATICスポーツ(4WD/7AT)【試乗記】 2016.11.23 試乗記 「メルセデス・ベンツGLC」シリーズに加わったプラグインハイブリッド車の「GLC350e 4MATICスポーツ」に試乗。EV走行が身近に味わえ、しかもアクセルを踏めば迫力の加速を披露する緩急自在の“パワーハイブリッド”の実力やいかに?
ホームへ戻る