ホンダ、北米で新型シビックセダンを発表

2015.09.17 自動車ニュース
新型「ホンダ・シビックセダン」(北米仕様)
新型「ホンダ・シビックセダン」(北米仕様)

ホンダ、北米で新型「シビックセダン」を発表

本田技研工業の米国現地法人であるアメリカン・ホンダモーターは2015年9月16日(現地時間)、同年秋に発売を予定している新型「シビックセダン」を発表した。

 
ホンダ、北米で新型シビックセダンを発表の画像
 
ホンダ、北米で新型シビックセダンを発表の画像
 
ホンダ、北米で新型シビックセダンを発表の画像
 
ホンダ、北米で新型シビックセダンを発表の画像
 
ホンダ、北米で新型シビックセダンを発表の画像

■セダンやクーペなどに加え、5ドアや「タイプR」の導入も

新型シビックセダンは、北米では10代目となる新型シビックシリーズの第1弾となるモデルである。コンパクトクラスの新たなベンチマークを目指してデザインや走行性能、燃費性能、安全性などを一から見直し、シビック元来の個性であるスポーティーさを際立たせたモデルとして開発したという。

生産は米国のインディアナ工場とカナダのオンタリオ工場が担当。今回のセダンや、クーペ、スポーティーモデルの「Si」といった既存のモデルに加え、5ドアや高性能モデル「タイプR」についても設定される予定で、これが実現すると、北米仕様のシビックとしては過去最大のラインナップとなる。

■従来モデルとは一線を画すファストバックスタイルが特徴

エクステリアはルーフラインとトランクフードがなだらかにつながったファストバックスタイルが特徴で、従来モデルより約5cm広い全幅と、約2.5cm低い全高により、ワイド&ローなプロポーションを実現。ヘッドランプとテールランプはすべてLED式となっている。

一方、車内空間については、クラス最大級の広さを追究するとともに、エンジンルームの遮音や3層のドアシール、遮音ガラスの採用などにより、高い静粛性を実現。トランクルームについても、従来モデルより容量を増やすとともに開口部をより広げるなど、使い勝手の向上を図っている。

このほかにも、安全装備として運転支援システムの「Honda SENSING」を設定。衝突軽減ブレーキや路外逸脱抑制機能に加え、北米向けのホンダ車としては初となる渋滞追従機能付きアダプティブ・クルーズ・コントロールといった機能を備えている。

■新プラットフォームと高張力鋼板によって軽量化を追及

車体構造には「歴代シビックセダンの中で最も高剛性で洗練されたボディー&シャシー性能を目指した」という新開発のプラットフォームを採用。従来モデルより高張力鋼板の使用量を増やすことでボディーのねじり剛性を高めており、ボディーサイズを拡大しながら、同時に軽量化も実現したという。また、ボディー下部をフルカバーするアンダーボディーカバーをシビックとして初採用。クラストップレベルの高い空力性能を備えている。

足まわりについては、優れたハンドリングと快適な乗り心地を両立するため、「液封コンプライアンスブッシュ」などを用いたフロントストラットサスペンションとリアマルチリンクサスペンションを採用。コーナリング時に狙ったラインをトレースしやすくし、スムーズなハンドリングを実現する電子制御システム「アジャイルハンドリング・アシスト」を備えている。

エンジンは北米向けのホンダ車としては初となる1.5リッター直4直噴ターボと、2リッター直4の2種類で、前者にはCVTを、後者にはCVTと6段MTを用意。いずれのパワートレインも40mpg(約17.0km/リッター)を超える燃費性能を達成しているという。

(webCG)
 

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

シビックの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • ホンダ・シビック ハッチバック 2016.9.29 画像・写真 本田技研工業はパリモーターショー2016(プレスデー:2016年9月29日~9月30日、一般公開日:10月1日~10月16日)で、「ホンダ・シビック ハッチバック」(欧州仕様)を公開する。その姿を画像で紹介する。
  • ホンダ・シビック Siプロトタイプ 2016.11.24 画像・写真 本田技研工業はロサンゼルスショー2016(開催期間:2016年11月14日~27日)で、北米向け新型「ホンダ・シビック」シリーズのスポーティーモデル「シビック Siプロトタイプ」を展示している。
  • マツダ・ロードスターRF RS(FR/6MT)【試乗記】 2017.2.2 試乗記 電動式のリトラクタブルハードトップと、専用デザインのリアセクションを持つ「マツダ・ロードスターRF」のスポーティーグレード「RS」に試乗。ソフトトップモデルとは一味違う、走りの魅力をリポートする。
  • トヨタC-HR G-T(4WD/CVT)【試乗記】 2017.2.21 試乗記 TNGAに基づいて開発された、トヨタのコンパクトSUV「C-HR」。欧州各地での走り込みによって鍛えたというその実力を、販売台数では劣勢の1.2リッターターボモデルでテスト。ハイブリッドモデルにはない魅力とは?
  • マツダCX-5 XD Lパッケージ(FF/6AT)/CX-5 XD Lパッケージ(4WD/6AT)【試乗記】 2017.1.17 試乗記 マツダの新世代技術「SKYACTIV」を世に知らしめたミドルサイズSUV「CX-5」が、デビューから約5年を経て2代目にフルモデルチェンジ。北海道・剣淵の雪上コースにおける試乗を通し、現時点におけるマツダのシャシー制御技術の実力を確かめた。
ホームへ戻る