アウディTTロードスター 2.0 TFSIクワトロ(4WD/6AT)/TTSクーペ(4WD/6AT)

カッコいいだけじゃない 2015.09.21 試乗記 アウディのスポーツカー「TT」が、9年ぶりにフルモデルチェンジ。オープン2シーターの「TTロードスター」と高性能モデル「TTSクーペ」を駆って、その実力を確かめた。

シェイプアップ&パワーアップ

三浦半島の某所で行われた新型アウディTTの試乗会当日は、あいにくの雨(というより嵐)。会場までの道中、前日に予習した新型TTにまつわる事前情報を脳内でもう一度復習しておく。

まず全長は従来型に比べて10mm短くなった一方で、ホイールベースは40mm延長されている。つまり、前後のオーバーハングがギュッと切り詰められた。ドアパネルやリアゲートをアルミニウムにするなど、軽量化にも取り組んだ。例えば左右ドアとリアゲートをスチールからアルミにすることで17kg、左右2脚のフロントシートで5kgなどなど、絞りに絞った「TTクーペ 2.0 TFSIクワトロ」の車重は1370kg。装備が異なるので単純に比べることはできないけれど、従来型から30kg以上のダイエットに成功した。
といったように、外寸や車重の変化から、従来型より引き締まったアスリートの体形を想像する。

パワートレインは2リッター直噴ターボと6段Sトロニックの組み合わせ。エンジンのチューンは2種類あり、ノーマル仕様は最高出力230ps/4500-6200rpm、最大トルクが37.7kgm/1600-4300rpm。ちなみに従来型の2リッター直噴ターボは、それぞれ211psと35.7kgmだった。
もうひとつ、パワフル仕様のTTSクーペに積まれるエンジンは、286ps/5300-6200rpmと38.8kgm/1800-5200rpmにまで強化されている。
日本におけるTTのラインナップは、以下の通り。TTクーペがFFとクワトロ、TTロードスターがクワトロのみ、TTSクーペもクワトロのみと、計4モデルとなる。

オープンモデル「TTロードスター」のリアビュー。ルーフ部には、3層構造のほろが採用されている。
オープンモデル「TTロードスター」のリアビュー。ルーフ部には、3層構造のほろが採用されている。
新型「アウディTT」のインテリア。カーナビ画面やインフォテインメントシステムの表示はメーターパネルに集約されているため、ダッシュボードやセンターにモニターは備わらない。写真は「TTロードスター」のもの。
新型「アウディTT」のインテリア。カーナビ画面やインフォテインメントシステムの表示はメーターパネルに集約されているため、ダッシュボードやセンターにモニターは備わらない。写真は「TTロードスター」のもの。
「TTロードスター」の2リッター直4直噴ターボエンジン。最高出力230psと最大トルク37.7kgmを発生する。
「TTロードスター」の2リッター直4直噴ターボエンジン。最高出力230psと最大トルク37.7kgmを発生する。
こちらは高性能モデルの「TTSクーペ」。標準的なモデルより56ps強力な、最高出力286psを発生する。
こちらは高性能モデルの「TTSクーペ」。標準的なモデルより56ps強力な、最高出力286psを発生する。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

TTロードスターの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • アウディR8スパイダー 5.2 FSIクワトロ(4WD/7AT)【海外試乗記】 2016.11.30 試乗記 アウディの新型「R8スパイダー」に試乗。アルミとカーボンからなる最新世代の骨格を備えた540psのスーパースパイダーは、より快適に進化しただけでなく、乗り手の魂を激しく揺さぶる官能性をも手にしていた。
  • ミドシップスポーツ「718ケイマン」を知る 2016.11.15 特集 2016年春に世界初公開されたポルシェの2シータースポーツ「718ケイマン」が、日本上陸を果たした。新たに開発された水平対向4気筒ターボエンジンや、一段と磨きのかけられた足まわり、こだわりの内外装は、どんな運転体験をもたらすのか。上級モデル「718ケイマンS」に試乗し、その実像に迫った。
  • ホンダNSX(4WD/9AT)【試乗記】 2016.12.1 試乗記 初代の生産終了から10年あまりの時を経て、ようやく現実のものとなった新型「NSX」。ホンダ渾身(こんしん)のハイブリッド・スーパースポーツの走りと、それを支える技術的ハイライトについて詳しく報告する。
  • 「メルセデスAMG GT R」、ドイツで受注を開始 2016.11.22 自動車ニュース 独ダイムラーは2016年11月21日(現地時間)、「メルセデスAMG GTロードスター/AMG GT Cロードスター/AMG GT R」の受注をドイツ本国で開始した。デリバリーは2017年春を予定している。
  • アウディS4(8AT/4WD)【試乗記】 2016.11.25 試乗記 アウディA4」の高性能バージョンである「S4」が登場。最高出力354ps、0-100km/h加速4.7秒をマークする、最新スポーツセダンの実力とは? 艶(あで)やかなミサノレッドに身を包んだプレミアムな一台に試乗した。
ホームへ戻る