レクサスRCに2リッターターボの200tが登場

2015.09.17 自動車ニュース
「レクサスRC200t“Fスポーツ”」
「レクサスRC200t“Fスポーツ”」

「レクサスRC」に2リッターターボの「200t」が登場

トヨタ自動車は2015年9月17日、「レクサスRC」に「200t」を追加設定するとともに、「RC350」「RC300h」に一部改良を実施し、同年10月1日に発売すると発表した。

新色の「ソニッククォーツ」が採用された「200t“バージョンL”」。
新色の「ソニッククォーツ」が採用された「200t“バージョンL”」。

RC200tは、最高出力245ps/5800rpm、最大トルク35.7kgm/1650-4400rpmを発生する、2リッター直4直噴ターボエンジンを搭載した新グレードである。このエンジンは、ツインスクロールターボチャージャーや可変バルブ機構「Dual VVT-iW」、「D-4ST」と呼ばれる直接燃料噴射機構などの技術を採用したもので、トランスミッションは8段ATを組み合わせている。

またハンドリング特性をシャープにするため、フロントパフォーマンスダンパーを標準装備。「Fスポーツ」には左右後輪の駆動トルクを適切に配分するトルセンLSDや、専用のオレンジブレーキキャリパーをオプション設定している。JC08モード計測による燃費は13.0km/リッター。

同時に、「RC350“Fスポーツ”」にフロントパフォーマンスダンパー、トルセンLSD、“Fスポーツ”専用オレンジブレーキキャリパーをオプション設定。ボディーカラーには「ソニッククォーツ」(“Fスポーツ”では選択不可)を追加し、全10色の設定とした。

価格は以下の通り。
・RC200t:521万円
・RC200t“バージョンL”:585万円
・RC200t“Fスポーツ”:583万円
・RC300h:565万円
・RC300h“バージョンL”:629万円
・RC300h“Fスポーツ”:627万円
・RC350:596万円
・RC350“バージョンL”:660万円
・RC350“Fスポーツ”:678万円

(webCG)
 

 

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • レクサスLC500“Sパッケージ”(FR/10AT)【試乗記】 2017.6.19 試乗記 「レクサスの変革を象徴するモデル」として開発された、新型ラグジュアリークーペ「LC500」に試乗。意欲的なデザインや新たなメカニズムは、ドライバーの心をどう満たすのか。さまざまな道で吟味した。
  • レクサスLC500h(FR/CVT)【試乗記】 2017.6.8 試乗記 「レクサスLC」の真価が流麗なスタイリングにあることは誰もが認めるだろう。しかし、ハイブリッドの「LC500h」と、ガソリンエンジンの「LC500」のどちらが主役なのか、という議論については意見が割れそうだ。LC500hに試乗して考えた。
  • アウディSQ5(4WD/8AT)【海外試乗記】 2017.7.1 試乗記 2017年はじめにデビューしたばかりの新型「アウディQ5」に、早くも高性能版の「SQ5」が登場。高効率化とハイパワー化という“二律背反”をアウディはどのようにして克服したのか? 同社の取り組みを紹介するワークショップの内容とともに報告する。
  • スバルXV 1.6i-L EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2017.6.27 試乗記 デザイン、走破性能、そして安全性能と、全方位的な進化を遂げた「スバルXV」。優れたコストパフォーマンスが自慢の1.6リッターモデルを加えた新型は、ヒットの予感に満ちている。装備充実のグレード「1.6i-L EyeSight」に試乗した。
  • アウディA5クーペ2.0 TFSIクワトロ スポーツ(4WD/7AT)【試乗記】 2017.6.22 試乗記 アウディがラインナップする“大人の4座クーペ”こと「A5クーペ」が、2代目にフルモデルチェンジ。次世代プラットフォーム「MLBエボ」が採用された新型の出来栄えを、静的質感と動的質感の両面から確かめた。
ホームへ戻る