レクサスRCに2リッターターボの200tが登場

2015.09.17 自動車ニュース
「レクサスRC200t“Fスポーツ”」
「レクサスRC200t“Fスポーツ”」

「レクサスRC」に2リッターターボの「200t」が登場

トヨタ自動車は2015年9月17日、「レクサスRC」に「200t」を追加設定するとともに、「RC350」「RC300h」に一部改良を実施し、同年10月1日に発売すると発表した。

新色の「ソニッククォーツ」が採用された「200t“バージョンL”」。
新色の「ソニッククォーツ」が採用された「200t“バージョンL”」。

RC200tは、最高出力245ps/5800rpm、最大トルク35.7kgm/1650-4400rpmを発生する、2リッター直4直噴ターボエンジンを搭載した新グレードである。このエンジンは、ツインスクロールターボチャージャーや可変バルブ機構「Dual VVT-iW」、「D-4ST」と呼ばれる直接燃料噴射機構などの技術を採用したもので、トランスミッションは8段ATを組み合わせている。

またハンドリング特性をシャープにするため、フロントパフォーマンスダンパーを標準装備。「Fスポーツ」には左右後輪の駆動トルクを適切に配分するトルセンLSDや、専用のオレンジブレーキキャリパーをオプション設定している。JC08モード計測による燃費は13.0km/リッター。

同時に、「RC350“Fスポーツ”」にフロントパフォーマンスダンパー、トルセンLSD、“Fスポーツ”専用オレンジブレーキキャリパーをオプション設定。ボディーカラーには「ソニッククォーツ」(“Fスポーツ”では選択不可)を追加し、全10色の設定とした。

価格は以下の通り。
・RC200t:521万円
・RC200t“バージョンL”:585万円
・RC200t“Fスポーツ”:583万円
・RC300h:565万円
・RC300h“バージョンL”:629万円
・RC300h“Fスポーツ”:627万円
・RC350:596万円
・RC350“バージョンL”:660万円
・RC350“Fスポーツ”:678万円

(webCG)
 

 

関連記事
  • レクサスLC500“Lパッケージ”/LC500h“Lパッケージ”【試乗記】 2017.5.4 試乗記 “製品化を前提としない”はずだったコンセプトカーの発表から5年。ほとんどそのままの姿で登場し、世間を驚かせた「レクサスLC」がいよいよ日本の公道を走る。新開発のFRプラットフォームや10段AT、マルチステージハイブリッドなどの技術を満載した、新世代のラグジュアリークーペの出来栄えは?
  • レクサスLC【開発者インタビュー】 2017.5.5 試乗記 一台のニューモデルという枠を超えて、これからのレクサスの方向性を指し示すという重要な役割を担うことになる「レクサスLC」。欧米のプレミアムブランドに立ち向かうための戦略を、開発を担当した落畑 学さんに伺った。
  • レクサスLC500 2017.3.16 画像・写真 トヨタ自動車は2017年3月16日、レクサスブランドの新型ラグジュアリークーペ「LC500」「LC500h」の国内販売を開始した。このうち5リッターV8エンジンを搭載するLC500のディテールを、写真で紹介する。
  • トヨタが新型「カムリ」日本仕様の内外装を初公開 2017.5.19 自動車ニュース トヨタ自動車は、新型「カムリ」の日本仕様の内外装を、オフィシャルウェブサイト上で公開した。2017年1月の北米国際自動車ショーで、米国仕様が世界初公開されており、日本市場には同年夏ごろの投入が予定されている。
  • ベントレー・フライングスパーW12 S(4WD/8AT)【試乗記】 2017.5.23 試乗記 「ベントレー・フライングスパー」に、最高速度325km/hの「W12 S」が登場! ベースモデルに上乗せされた10psと20Nmに、230万円のエクストラに見合う価値はある? ややコワモテの試乗車と対した筆者は、見て驚き、乗って驚き、走らせてまた驚いた。
  • レクサスLC500h 2017.3.16 画像・写真 新世代レクサスの変革を象徴するフラッグシップクーペ「LC」がデビュー。このうち、3.5リッターV6エンジンとモーターを組み合わせたハイブリッドバージョン「レクサスLC500h」の姿を写真で紹介する。
  • 日産名車再生クラブが「スカイラインGTS-R」の再生に着手 2017.5.22 自動車ニュース 毎年、日産の歴史的名車をレストアしている日産名車再生クラブが、今年のレストア車である「1988年スカイラインGTS-R ETC(欧州ツーリングカー選手権)出場車」をメディアに公開した。作業開始は5月で、11月上旬の完成を目指すとしている。
  • 「ホンダS660」にブラウンレザーで飾った特別仕様車登場 2017.5.18 自動車ニュース 本田技研工業は2017年5月18日、軽オープンスポーツカー「S660」に特別仕様車「Bruno Leather Edition」を設定し、同年6月2日に発売すると発表した。11月30日までの期間限定受注で、価格は6MT仕様、CVT仕様ともに228万円。
  • アバルト595(FF/5AT)【試乗記】 2017.5.19 試乗記 FCAが擁する高性能スポーツブランド「アバルト」のラインナップにおいて、最もベーシックなモデルとなるのが「595」である。刺激的な走りと門戸の広さを併せ持つAT仕様に試乗し、“さそり印”のスポーツカーに受け継がれる伝統に思いをはせた。
  • アウディQ2ファーストエディション(FF/7AT)【試乗記】 2017.5.18 試乗記 アウディのSUVファミリーである「Qシリーズ」に、最もコンパクトな「Q2」が登場。「今後の販売の柱」と位置づけられるニューモデルの実力を、装備充実の1.4リッターモデルで確かめた。
ホームへ戻る