プジョー308シエロ(FF/6AT)

非凡なる平凡 2015.09.25 試乗記 Cセグメントを「フォルクスワーゲン・ゴルフ」の独壇場だと思ってはいないだろうか。決して侮れない実力の持ち主がフランスにいることを忘れてはいけない。「プジョー308」の最上級グレード「シエロ」に試乗し、その実用度をチェックした。

【総評】飽きずに長く付き合えそう……★★★★★<5>

取り立てて派手にアピールするような部分には乏しいけれども、実用車らしく基本ポイントをしっかりと押さえた造りや、設定の確かさが魅力。旧型より外寸を小さく(長さ-55mm、幅-15mm、高さ-45mm)、軽く(-70kg)した見識はさすがプジョー。飽きずに長く付き合えるクルマである。次のクルマが見当たらず、古い「306」を大事にしているプジョーファンもそろそろ乗り換えるタイミングにあると思うが、現行型の308に試乗してみることをお勧めする。

項目別の評点は必ずしも満点ではなく、重箱の隅をつつけば細かな欠点も指摘できるが、乗り終わったあとにクルマの全体像を振り返ってみれば「いいクルマだなー……」という感想に尽きる。項目別の評価を集計した点数が必ずしも総合評価につながるとは限らないだろうし、項目ごとの配点だってすべてが「均等」ではないはずだ。それで総合点では★を5つとした。

また、今回テストしたのはAT車だったが、現地仕様にはMT車があることを考えてしまうと、左ハンドルのMT車(日本の現ラインナップには存在しないから並行モノを選ぶしかない)が個人的には欲しくなってしまった。

世界規模で見ればフォルクスワーゲン・ゴルフの人気は高いけれども、ゴルフに似せないクルマを作っているところがフランス人の意地であり、コチラに共感する人々もまたそれなりに多いということだろう。308はプジョーの中でも看板の主力車種であり、内容的にも中庸を得た使いやすさがある。日本でもっと売れていいクルマだと思う。

<編集部注>各項目の採点は5点(★★★★★)が満点です。

ボディーが旧型よりひとまわり小さくなった現行「プジョー308」。サイズは全長4260×全幅1805×全高1470mm。「フォルクスワーゲン・ゴルフ」(4265×1800×1460mm)と同等。
ボディーが旧型よりひとまわり小さくなった現行「プジョー308」。サイズは全長4260×全幅1805×全高1470mm。「フォルクスワーゲン・ゴルフ」(4265×1800×1460mm)と同等。
小径ステアリングと「ヘッドアップインストルメントパネル」を組み合わせたユニークな運転席デザイン「i-Cockpit(アイ・コックピット)」が採用されている。
小径ステアリングと「ヘッドアップインストルメントパネル」を組み合わせたユニークな運転席デザイン「i-Cockpit(アイ・コックピット)」が採用されている。

テスト車は最上級グレードの「シエロ」。車両価格は345万8000円。


	テスト車は最上級グレードの「シエロ」。車両価格は345万8000円。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

308の他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • 第31回 モテはギャップからと申します 2017.2.28 エッセイ 清水草一の話題の連載。第31回は「モテはギャップからと申します」。カーマニアがディーゼル車を選ぶ際に必要な要素とは一体何か? 現実的、かつ理想的な選択肢を探すなかで、筆者がたどり着いた境地とは?
  • プジョー308GT BlueHDi(FF/6AT)/308SWアリュールBlueHDi(FF/6AT)【試乗記】 2016.8.12 試乗記 プジョーのクリーンディーゼルエンジン、BlueHDiを搭載する「308」シリーズに試乗した。いよいよ上陸した“本場”のディーゼルの走りやいかに?
  • プジョー、ミドルクラスSUVの新型「3008」を発売 2017.3.14 自動車ニュース プジョーがミドルクラスSUVの新型「3008」を発売。既存のモデルから一新されたスタイリングが特徴で、直立したフロントマスクや高めのウエストラインなどにより、SUVらしさが強調されている。エンジンは1.6リッターターボで、駆動方式はFFのみとなる。
  • フォルクスワーゲン・ゴルフTSIハイライン/ゴルフGTI【海外試乗記】 2017.3.1 試乗記 モデルライフ半ばの“テコ入れ”が実施された、最新の「フォルクスワーゲン・ゴルフ」に試乗。新たに開発された1.5リッターターボエンジンや先進のインフォテインメントシステムは、その走りをどう変えたのか? スペイン・マヨルカ島からの第一報。
  • ルノー・ルーテシア インテンス(FF/6AT)【試乗記】 2017.2.9 試乗記 マイナーチェンジを受けた「ルノー・ルーテシア」に試乗。弟分「トゥインゴ」の、日本での人気の高まりもどこ吹く風で、本国フランスでは2016年ベストセラーカーの座を射止めたその実力とは? 愛される理由はどこにある?
ホームへ戻る