燃費自慢の新型軽「スズキ・アルト エコ」発売

2011.11.24 自動車ニュース

燃費自慢の新型軽「スズキ・アルト エコ」発売

スズキは2011年11月24日、新型軽乗用車「アルト エコ」を12月13日に発売すると発表した。

■「ミラ イース」に真っ向勝負

スズキの「アルト エコ」は、同社の売れ筋軽乗用車「アルト」をベースに、一層の燃費向上を目指して開発されたニューモデルだ。

キモとなるのは新世代のR06A型エンジン。各構成パーツのフリクションは徹底的に低減され、同じくパーツ間の摩擦抵抗が抑えられた改良型のCVTや、減速時に車速が9km/hを割り込むとエンジンを“早止め”するアイドリングストップシステムも採用。結果、10・15モードで32.0km/リッター、JC08モードで30.2km/リッターの低燃費を達成したという。

今年9月には、ハイブリッドなどの“飛び道具”を用いることなく、既存の技術を磨き込むことで超低燃費(10・15モード:32.0km/リッター、JC08モード:30.0km/リッター)を実現した「ダイハツ・ミラ イース」が話題になったが、今回の「アルト エコ」は、それをわずかながら上回る。

そのほか、低燃費に寄与する技術的な見どころとしては、既存の「アルト G」(FF/CVT)に比べ20kgの軽量化を果たしたボディーや、消費電力を抑えるべく採用されたLEDのリアコンビネーションランプとハイマウントストップランプ、さらにドライバーに低燃費走行を促す「エコドライブインジケーター」などが挙げられる。

89万5000円の「アルト エコ L」と99万5000円の「アルト エコ S」、2グレードがラインナップする。

(webCG 関)

「アルト エコ L」
「アルト エコ L」
「アルト エコ S」
「アルト エコ S」
新世代「R06A型エンジン」
新世代「R06A型エンジン」

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

アルトの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • スズキ・アルト ワークス(FF/5MT)【レビュー】 2016.2.26 試乗記 専用チューニングのエンジンやサスペンション、クロスレシオの5段MTなど、すべての要素が走ることにフォーカスされた「スズキ・アルト ワークス」。15年ぶりに復活したファン待望のスポーツモデルを、ワインディングロードで試した。
  • スズキ・アルト ワークス(FF/5MT)【試乗記】 2016.4.7 試乗記 楽しいだけのクルマにあらず? 軽い車重にレスポンシブなエンジン、クロスレシオのMT、よく曲がるシャシーと、走りを楽しむために必要なもののすべてがそろった「スズキ・アルト ワークス」。久々に復活した、軽規格のスポーツモデルの魅力に触れた。
  • スズキ・アルト ワークス(FF/5MT)【試乗記】 2016.1.21 試乗記 スズキのベーシックな軽ハッチバック「アルト」に、スポーティーな走りが自慢の「ワークス」が15年ぶりに復活。エンジン、トランスミッション、サスペンションと、いたるところに施された“ワークス専用”のチューニングが織り成す走りを試す。
  • スズキ・スイフト【試乗記】 2017.2.7 試乗記 累計販売台数は530万台というスズキの世界戦略車「スイフト」が、新型にフルモデルチェンジ。欧州の道で開発されたというスズキのグローバルコンパクトは、思わずいろいろと語りたくなるようなクルマとなっていた。
  • スズキ・スイフト ハイブリッドRS(FF/CVT)/スイフトRSt(FF/6AT)【レビュー】 2017.1.30 試乗記 スズキの世界戦略を担うBセグメントのコンパクトカー「スイフト」が、新型にフルモデルチェンジ。欧州仕込みの足まわりを持つ「RS」系の2グレードには、今このクラスに求められるクルマの要素がそろっていた。
ホームへ戻る