トヨタ・ランドクルーザープラドTZ-G(4WD/6AT)

“クロカン”と“SUV”の間で 2015.09.24 試乗記 2015年6月の一部改良で、「トヨタ・ランドクルーザープラド」に待望のディーゼルモデルが復活。「GD」型を名乗る最新のクリーンディーゼルエンジンの出来栄えを試すとともに、あらためて4代目プラドの実力を確かめた。

尿素を補充する手間がクロカンらしい?

「じゃ、プラドをお願いします」
例によって『webCG』のホッタ青年は、メガネの奥の目を細めてそう話しかけてきた。じゃって、何だ。もしや昨年限定販売された「ランクル70(ナナマル)」の原稿を書いたから、その続きの「じゃ」なのか? いつから僕は『webCG』のランクル担当になったんだろう。

「今回のマイナーチェンジの目玉は、ディーゼルエンジンです」
むむ!? そこで思わず引き寄せられる。僕の愛すべきオンボロは「ランドローバー・ディフェンダー110」のTdi。すなわちディーゼルターボエンジン搭載車。ナイスなディーゼルエンジンがあればいつでも載せ換えたいと思っている。あ、ホッタ青年はそこをくすぐったのか?

「でもねぇ、たぶん無理じゃないかなあ」
そう言うとホッタ青年は、メガネの奥の瞳の輝きを鈍らせた。理由はこういうことらしい。

トヨタの新しいディーゼルエンジン「1GD-FTV」は、低燃費と低排出ガスにこれでもかというほどの工夫を重ね、同社の乗用モデルでは久々となる“ディーゼル復活”に成功したものだ。エンジン本体はもちろん排気系統も手が込んでいる。排ガスは最初に酸化触媒、次にDPR触媒を通過し、PM(大気汚染物質とされる粒子状物質)を削減。さらにその後に控える尿素SCRシステムによってNOx(窒素化合物)を減らされ、文字通りクリーンな排ガスとなる。この聞き慣れない尿素SCRシステムとは、トラックなどの大型車両や、メルセデス・ベンツのディーゼル車などですでに導入されているもの。燃費のよさというディーゼル特有の強みを消さず、尿素水を使ってNOxを無害化することができるらしい。

「尿素水は走行距離に合わせて減るので補充しなきゃいけないんですよ。でも、その手間はクロカンらしくてかわいいんじゃないですか?」
尿素水をつぎ足すってのはかわいいのか? それがクロカンらしいのか? 尿素といえば美肌クリーム以外に思いつかない僕にはよくわからない。ただし、トヨタの複雑で大掛かりな排気の浄化システムが自分のクルマに転用できないことはよくわかった。

2009年9月に登場した現行型「ランドクルーザープラド」。2015年6月の改良ではディーゼルエンジンの採用に加え、2.7リッターガソリン車のトランスミッションが4段ATから6段ATに変更された。
2009年9月に登場した現行型「ランドクルーザープラド」。2015年6月の改良ではディーゼルエンジンの採用に加え、2.7リッターガソリン車のトランスミッションが4段ATから6段ATに変更された。
「ランドクルーザープラド」に搭載される「1GD-FTV」型2.8リッター直4 DOHCディーゼルターボエンジン。燃料噴射の高圧化や制御の緻密化、燃焼室形状の最適化、ポンピングロスや冷却損失の低減などにより、高い燃焼効率を実現している。
「ランドクルーザープラド」に搭載される「1GD-FTV」型2.8リッター直4 DOHCディーゼルターボエンジン。燃料噴射の高圧化や制御の緻密化、燃焼室形状の最適化、ポンピングロスや冷却損失の低減などにより、高い燃焼効率を実現している。
尿素水の補充はエンジンルームから行う。自分で補充することも可能だが、説明書ではトヨタの販売店での補充が推奨されている。なお、尿素水の残量がなくなるとエンジンがかからなくなるので要注意。
尿素水の補充はエンジンルームから行う。自分で補充することも可能だが、説明書ではトヨタの販売店での補充が推奨されている。なお、尿素水の残量がなくなるとエンジンがかからなくなるので要注意。
運転席右側のコントロールパネル。万が一、排出ガス浄化装置内のフィルターの再生がうまくいかず、ススが規定値を超えて堆積した場合、手動でススを燃焼処理するための「排出ガス浄化スイッチ」が備わっている(下段左)。
運転席右側のコントロールパネル。万が一、排出ガス浄化装置内のフィルターの再生がうまくいかず、ススが規定値を超えて堆積した場合、手動でススを燃焼処理するための「排出ガス浄化スイッチ」が備わっている(下段左)。
今回のテスト車は「TZ-G」。ディーゼル車のみに設定される「ランドクルーザープラド」の最上級グレードである。
今回のテスト車は「TZ-G」。ディーゼル車のみに設定される「ランドクルーザープラド」の最上級グレードである。
関連記事
  • トヨタ・ランドクルーザーZX(4WD/6AT)【試乗記】 2015.10.16 試乗記 トヨタが誇るSUVのフラッグシップモデル「ランドクルーザー」がマイナーチェンジ。内外装のデザイン変更や、安全装備の強化を中心とした改良を受けた。この機会に、世界中で活躍を続ける“陸の王者”に改めて試乗。その実力の片鱗(へんりん)に触れた。
  • トヨタ・ランドクルーザープラドTZ-G(4WD/6AT)【試乗記】 2015.9.24 試乗記 2009年のフルモデルチェンジをはさみ、「トヨタ・ランドクルーザープラド」に待望のディーゼルエンジン搭載モデルが復活した。「GD」型を名乗るトヨタの最新クリーンディーゼルエンジンの出来栄えを試すとともに、あらためて4代目プラドの実力をリポートする。
  • トヨタ・ランドクルーザー“70”シリーズ バン(4WD/5MT)【試乗記】 2014.10.23 試乗記 2014年8月の復活以来、好調な販売が伝えられる「トヨタ・ランドクルーザー“70”シリーズ」。30年前にデビューした古典的なクロスカントリー車が、なぜこうも歓迎されるのか? その秘密を探った。
  • トヨタ・ランドクルーザー“70”シリーズ(4WD/5MT)【試乗記】 2014.9.22 試乗記 1年間の期間限定で、日本市場に10年ぶりに復活した「トヨタ・ランドクルーザー“70”シリーズ」。30年の長きにわたり、世界各地で鍛えられてきた本格クロスカントリー車の実力に触れた。
  • 特別な仕立ての「BMW 318i」200台限定で発売 2017.5.11 自動車ニュース BMWジャパンは2017年5月11日、洗練されたスタイリングとモダン&クラッシックなインテリアでスタイリッシュ感を高めたという特別仕様車「BMW 318iクラシック」を、200台限定で発売した。
  • ポルシェ・カイエンGTS(4WD/8AT)【試乗記】 2017.5.16 試乗記 発表から7年、その後のマイナーチェンジからもはや2年半が経過した2代目「ポルシェ・カイエン」。もはや円熟の域に達した感のある同車は今、われわれにどんな走りを見せてくれるのだろうか。スポーティーな「GTS」グレードのステアリングを握った。
  • スバル・インプレッサG4 1.6i-L EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2017.5.10 試乗記 “素のグレード”の出来栄えにこそ、そのモデルの実力が表れる。スバルのCセグメントセダン「インプレッサG4」のエントリーモデル「1.6i-L EyeSight」に試乗。その走りや装備の充実度、静的質感などを通して、スバルの最新モデルの地力に迫る。
  • プジョー308SW GT BlueHDi(FF/6AT)【試乗記】 2017.4.25 試乗記 ディーゼルの本場フランスのプジョーが日本に導入したクリーンディーゼルモデル「308SW GT BlueHDi」で、東京から名古屋までのロングツーリングを実施。往復735kmの道のりで見えてきた、このクルマの魅力と欠点とは?
  • スバルXV 2.0i-S EyeSight(4WD/CVT)/XV 1.6i-L EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2017.4.24 試乗記 デザインから走破性能、そして安全性能まで、全方位的に進化した新型「スバルXV」に試乗した。機能性や実用性に優れるだけでなく、誰もが親しみやすいキャラクターも備えた新型は、スバルが主張するとおり、ちょうどいい「スポカジ」に仕上がっていた。
  • 日産名車再生クラブが「スカイラインGTS-R」の再生に着手 2017.5.22 自動車ニュース 毎年、日産の歴史的名車をレストアしている日産名車再生クラブが、今年のレストア車である「1988年スカイラインGTS-R ETC(欧州ツーリングカー選手権)出場車」をメディアに公開した。作業開始は5月で、11月上旬の完成を目指すとしている。
ホームへ戻る