トヨタ・ランドクルーザープラドTZ-G(4WD/6AT)

“クロカン”と“SUV”の間で 2015.09.24 試乗記 2015年6月の一部改良で、「トヨタ・ランドクルーザープラド」に待望のディーゼルモデルが復活。「GD」型を名乗る最新のクリーンディーゼルエンジンの出来栄えを試すとともに、あらためて4代目プラドの実力を確かめた。

尿素を補充する手間がクロカンらしい?

「じゃ、プラドをお願いします」
例によって『webCG』のホッタ青年は、メガネの奥の目を細めてそう話しかけてきた。じゃって、何だ。もしや昨年限定販売された「ランクル70(ナナマル)」の原稿を書いたから、その続きの「じゃ」なのか? いつから僕は『webCG』のランクル担当になったんだろう。

「今回のマイナーチェンジの目玉は、ディーゼルエンジンです」
むむ!? そこで思わず引き寄せられる。僕の愛すべきオンボロは「ランドローバー・ディフェンダー110」のTdi。すなわちディーゼルターボエンジン搭載車。ナイスなディーゼルエンジンがあればいつでも載せ換えたいと思っている。あ、ホッタ青年はそこをくすぐったのか?

「でもねぇ、たぶん無理じゃないかなあ」
そう言うとホッタ青年は、メガネの奥の瞳の輝きを鈍らせた。理由はこういうことらしい。

トヨタの新しいディーゼルエンジン「1GD-FTV」は、低燃費と低排出ガスにこれでもかというほどの工夫を重ね、同社の乗用モデルでは久々となる“ディーゼル復活”に成功したものだ。エンジン本体はもちろん排気系統も手が込んでいる。排ガスは最初に酸化触媒、次にDPR触媒を通過し、PM(大気汚染物質とされる粒子状物質)を削減。さらにその後に控える尿素SCRシステムによってNOx(窒素化合物)を減らされ、文字通りクリーンな排ガスとなる。この聞き慣れない尿素SCRシステムとは、トラックなどの大型車両や、メルセデス・ベンツのディーゼル車などですでに導入されているもの。燃費のよさというディーゼル特有の強みを消さず、尿素水を使ってNOxを無害化することができるらしい。

「尿素水は走行距離に合わせて減るので補充しなきゃいけないんですよ。でも、その手間はクロカンらしくてかわいいんじゃないですか?」
尿素水をつぎ足すってのはかわいいのか? それがクロカンらしいのか? 尿素といえば美肌クリーム以外に思いつかない僕にはよくわからない。ただし、トヨタの複雑で大掛かりな排気の浄化システムが自分のクルマに転用できないことはよくわかった。

2009年9月に登場した現行型「ランドクルーザープラド」。2015年6月の改良ではディーゼルエンジンの採用に加え、2.7リッターガソリン車のトランスミッションが4段ATから6段ATに変更された。
「ランドクルーザープラド」に搭載される「1GD-FTV」型2.8リッター直4 DOHCディーゼルターボエンジン。燃料噴射の高圧化や制御の緻密化、燃焼室形状の最適化、ポンピングロスや冷却損失の低減などにより、高い燃焼効率を実現している。
尿素水の補充はエンジンルームから行う。自分で補充することも可能だが、説明書ではトヨタの販売店での補充が推奨されている。なお、尿素水の残量がなくなるとエンジンがかからなくなるので要注意。
運転席右側のコントロールパネル。万が一、排出ガス浄化装置内のフィルターの再生がうまくいかず、ススが規定値を超えて堆積した場合、手動でススを燃焼処理するための「排出ガス浄化スイッチ」が備わっている(下段左)。
今回のテスト車は「TZ-G」。ディーゼル車のみに設定される「ランドクルーザープラド」の最上級グレードである。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

ランドクルーザープラドの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事 ホームへ戻る