BMW、「i3」と「i8」を先行披露

2011.11.24 自動車ニュース
「BMW i3 コンセプト」
BMW、「i3」と「i8」を先行披露

BMW、次世代モビリティー「i3」と「i8」を先行披露

BMWジャパンは2011年11月24日、東京モーターショーに先立ち都内で新ブランド「BMW i(ビー・エム・ダブリュー・アイ)」の概要を発表すると共に、2台のコンセプトカー「i3 コンセプト」と「i8 コンセプト」を披露した。

「BMW i3 コンセプト」のインテリア。
「BMW i3 コンセプト」のインテリア。

BMW、「i3」と「i8」を先行披露の画像

BMW、「i3」と「i8」を先行披露の画像

「BMW i」は、次世代モビリティーのための新ブランド。主要ブランドである「BMW」から派生したサブブランドと位置付けられている。現在、同社には「BMW M」というサブブランドがあり、そちらは高性能であることを特徴としている。これに対し、BMW iは「未来を先取りしたモビリティー」、「想像をかき立てるデザイン」、「新しいプレミアム感」をコアバリューとしている。

具体的には、ドライブトレインには電気自動車やプラグインハイブリッドなどの代替技術を用いる。内外装とも革新的な形状とし、CFRP(カーボン樹脂)などの先進的な素材を採用するほか、自動車とは別に「BMWコネクテッドドライブ」などの車載コミュニケーションサービスを展開するなどして、収益力のある事業を新たに創生し、育成する計画だ。

それらを形にしたコンセプトカーが「i3コンセプト」と「i8 コンセプト」である。i3コンセプトは都市部での使用を考えて開発された100%電気自動車。ボディーサイズは全長×全幅×全高=3845×1537×1766mmで、バッテリーと駆動システムを組み込んだアルミ製のモジュールシャシーに、CFRP製の軽量キャビンモジュール(ライフモジュールと呼ばれる)を合体させた、“LifeDrive”というボディー構成コンセプトが採用されている。0-100km/h加速7.9秒、最高速150km/hという性能がうたわれる。

それに対してi8 コンセプトは、プレミアムスポーツカーの進化形を示したプラグインハイブリッド車である。こちらも“LifeDrive”ボディーコンセプトを基本とし、フロントに電気駆動システムを、リアに224psを発生する3気筒“ツインパワー”ターボエンジンを搭載している。0-100km/h加速4.6秒という動力性能を持ちながら、33.3km/リッター以上(EUサイクル値)という優れた燃費を誇り、電力だけで最長35kmの走行が可能という。ボディーサイズは全長×全幅×全高=4632×1280×1955mmと発表されている。

「BMW i8 コンセプト」
「BMW i8 コンセプト」
「BMW i8 コンセプト」のインテリア。
「BMW i8 コンセプト」のインテリア。
BMW本社から、開発陣が先行発表に合わせて来日した。左からプロジェクトマネージャーのマルティン・アールト氏、ブランドマネージャーのウヴェ・ドレーヤー氏、インテリアデザイン責任者のダニエル・スターク氏。
BMW本社から、開発陣が先行発表に合わせて来日した。左からプロジェクトマネージャーのマルティン・アールト氏、ブランドマネージャーのウヴェ・ドレーヤー氏、インテリアデザイン責任者のダニエル・スターク氏。

2013年末にヨーロッパでi3が発表され、それに続いてi8の量産仕様も登場する予定という。

(webCG 竹下)

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • BMW i3スイート レンジ・エクステンダー装備車(RR)【試乗記】 2017.5.3 試乗記 マイナーチェンジにより、400kmにせまる一充電走行可能距離を実現したBMWの電気自動車「i3」。レンジ・エクステンダーを搭載した最上級グレード「スイート」の試乗を通し、類例のないその魅力をあらためて確かめた。
  • アウディSQ5(4WD/8AT)【海外試乗記】 2017.7.1 試乗記 2017年はじめにデビューしたばかりの新型「アウディQ5」に、早くも高性能版の「SQ5」が登場。高効率化とハイパワー化という“二律背反”をアウディはどのようにして克服したのか? 同社の取り組みを紹介するワークショップの内容とともに報告する。
  • シトロエンC3(FF/6AT)【試乗記】 2017.6.30 試乗記 ユニークな顔つきが印象的なシトロエンの新型「C3」。特別に速くもなければ、豪華なわけでもない。しかし小型実用車としての基本は外さぬ、フランス車らしい実直さに満ちていた。日本試乗向けのプリプロダクションモデルに試乗した。
  • アウディS5クーペ(4WD/8AT)【試乗記】 2017.6.16 試乗記 アウディの2ドアスポーツクーペ「S5クーペ」が新型にモデルチェンジ。新世代のプラットフォームとパワートレインが織り成す走りはいかなるものか。最高出力354ps、最大トルク500Nmという高性能モデルの、意外な素顔を紹介する。
  • 第425回:「壊れない日本車」はこうして生まれる
    「日産NV350キャラバン」の開発現場を取材
    2017.7.13 エディターから一言 ビジネスユースはもちろん、レジャーや趣味のお供としても高い支持を集める日産のワンボックスカー「NV350キャラバン」。同車の開発を担う日産車体への取材を通し、世界中で支持される「壊れない日本車」の秘密を知った。
ホームへ戻る