第311回:「ポルシェ911カレラ」が衝撃のリニューアル! ターボ化した新型の実像に迫る

2015.09.22 エディターから一言
新開発3リッター水平対向6気筒ターボを搭載する「911カレラS」。2015年9月のフランクフルトモーターショーで正式にデビューした。
新開発3リッター水平対向6気筒ターボを搭載する「911カレラS」。2015年9月のフランクフルトモーターショーで正式にデビューした。

2015年9月、次期型「ポルシェ911カレラ/911カレラS」のパワーユニットが、これまでの自然吸気エンジンではなく、ツインターボエンジンになることが明らかにされた。いままでなかった、さまざまな先進装備も多数搭載。それで、この歴史あるスポーツカーはどう変わるのだろうか? ポルシェに詳しいモータージャーナリスト 河村康彦が、ドイツで得られた詳しい情報をお伝えする。

同じく、フランクフルトモーターショーでのカット。この最新型「911」は、形式名では「タイプ991 II」と呼ばれている。
同じく、フランクフルトモーターショーでのカット。この最新型「911」は、形式名では「タイプ991 II」と呼ばれている。
今回のワークショップで展示された、新型「911」のカットモデル。2+2のシートレイアウトやエンジンをリアに積む点など、基本的なパッケージングこそ変わらないが、数々の新技術が盛り込まれている。
今回のワークショップで展示された、新型「911」のカットモデル。2+2のシートレイアウトやエンジンをリアに積む点など、基本的なパッケージングこそ変わらないが、数々の新技術が盛り込まれている。
新型「ポルシェ911」のインテリア。
新型「ポルシェ911」のインテリア。
「911カレラS」。新開発エンジンを搭載する「911」シリーズの、高性能モデルである。
「911カレラS」。新開発エンジンを搭載する「911」シリーズの、高性能モデルである。

かつてないレベルのマイナーチェンジ

正式なアンベールが行われる、「フランクフルトモーターショー2015」の開幕と時を同じくして、新型ポルシェ911の受注が日本で開始された。デビューから丸4年、そのモデルライフの半ばを過ぎて大幅なリファインが実施された、991型のニューバージョンである。

そのリファインのメニューには、グラフィックスが変わったテールランプや、縦スリット入りグリルを用いた新しいエンジンリッド、さらには新デザインのステアリングホイールなど、一般のマイナーチェンジにありがちな“見た目の新鮮さをアピールするための内容”も、もちろん含まれてはいる。
しかし、そうしたルックス面の変更よりもはるかに重要なのは、疑いもなく、911カレラ/911カレラSへの新エンジンの搭載や、新たに開発されたテレマティクスシステムの採用、さらには、コンフォート性と走りのパフォーマンスをより高い次元で両立させるチューニングが施された新たなシャシーの開発といった、メカニズム面でのさまざまなニュースである。

「これまでのポルシェ車に施されたマイナーチェンジの中でも、今回の991型のリファインには、最大級のハードウエア変更が盛り込まれた」と言っても過言ではない。

そうした“中身の濃さ”を裏付けるかのように開催されたのが、ここに紹介する、新型911を対象とした「テクノロジー・ワークショップ」である。
それがわずか数時間のプログラムであることは、あらかじめ明らかにされていた。しかし参加をためらうことなく、たった1泊の予定で、本拠地のドイツに行ってきた。

関連記事
  • ポルシェ911 GT3(RR/7AT)/911 GT3(RR/6MT)【海外試乗記】 2017.5.22 試乗記 ピュアなレーシングカーである「ポルシェ911 GT3カップ」譲りの4リッター水平対向6気筒エンジンを得て、一段とサーキットに近い成り立ちとなった新型「911 GT3」。その実力を南スペインで試した。
  • 第501回:あなたの愛車も文化遺産に!?
    ドイツでヒストリックカーに“モテ期”到来!
    2017.5.12 マッキナ あらモーダ! 「ポルシェ911カレラ2.7RS」が1億円!? ヒストリックカーの価格が高騰するドイツでは、良質な旧車を文化遺産として保護するためのシステムも存在する。今週は、そんな“Hナンバー”に関する話題をお届けしよう。
  • レクサスLC500“Lパッケージ”/LC500h“Lパッケージ”【試乗記】 2017.5.4 試乗記 “製品化を前提としない”はずだったコンセプトカーの発表から5年。ほとんどそのままの姿で登場し、世間を驚かせた「レクサスLC」がいよいよ日本の公道を走る。新開発のFRプラットフォームや10段AT、マルチステージハイブリッドなどの技術を満載した、新世代のラグジュアリークーペの出来栄えは?
  • ランボルギーニ・ウラカンRWDスパイダー(MR/7AT)【試乗記】 2017.4.27 試乗記 「ランボルギーニ・ウラカン スパイダー」の後輪駆動モデル「ウラカンRWDスパイダー」に試乗した。前輪の駆動機構を捨てたことによって生まれた軽快感を、風とたわむれながら味わうこと。それこそが、このクルマの醍醐味(だいごみ)と言えそうだ。
  • ポルシェ718ケイマン(MR/6MT)【試乗記】 2016.12.19 試乗記 新開発の2リッター4気筒ターボエンジンを搭載する、ポルシェのスポーツカー「718ケイマン」。ワインディングロードや高速道路を走らせてみると、これまでの6気筒モデルとは違った走りのよさが見えてきた。
  • ケータハム・セブン スプリント(FR/5MT)【試乗記】 2017.5.1 試乗記 「ロータス・セブン」の魅力を今日に伝える「ケータハム・セブン」に、“オリジナル・セブン”の誕生60周年を祝う限定モデル「セブン スプリント」が登場。クラシカルなデザインとプリミティブな走りがかなえる唯一無二の魅力に触れた。
  • フェラーリGTC4ルッソ(4WD/7AT)【試乗記】 2017.5.8 試乗記 ユニークなシューティングブレークボディーをまとう「フェラーリGTC4ルッソ」に試乗。6.3リッターV12エンジンが発する咆哮(ほうこう)に浴すれば、この異形のフェラーリが、正統派の系譜にあることがすぐに理解できるだろう。
  • 第413回:いよいよ600ps超の4WDマシンへ
    今秋発表の新型「BMW M5」に先行試乗!
    2017.5.17 エディターから一言 「BMW M5」が2017年秋、その歴史において大きく、かつ重要な一歩を踏み出す。新型は、いよいよ600ps超のパワーを持つに至り、それに伴い4WD化されるというのだ。南フランスのテストコースでプロトタイプに試乗した。
  • ポルシェ・カイエンGTS(4WD/8AT)【試乗記】 2017.5.16 試乗記 発表から7年、その後のマイナーチェンジからもはや2年半が経過した2代目「ポルシェ・カイエン」。もはや円熟の域に達した感のある同車は今、われわれにどんな走りを見せてくれるのだろうか。スポーティーな「GTS」グレードのステアリングを握った。
  • アバルト595コンペティツィオーネ(FF/5AT)【試乗記】 2017.4.26 試乗記 マイナーチェンジでデザインや装備が改められた、ホットハッチ「アバルト595コンペティツィオーネ」に試乗。「スポーツ性能を限界まで高めた」とうたわれる走りの質を、ワインディングロードで確かめた。
ホームへ戻る