ルーテシアR.S.に運動性能を高めた上級モデル

2015.09.23 自動車ニュース
F1ドライバーのマックス・フェルスタッペン選手がドライブする「ルノー・ルーテシアR.S.トロフィー」。
F1ドライバーのマックス・フェルスタッペン選手がドライブする「ルノー・ルーテシアR.S.トロフィー」。

「ルノー・ルーテシアR.S.」に運動性能を高めた上級モデル登場

ルノー・ジャポンは2015年9月22日、「ルーテシア」に高性能モデル「ルノースポール(R.S.)トロフィー」を設定し、同年11月12日に発売すると発表した。

 
ルーテシアR.S.に運動性能を高めた上級モデルの画像
 
ルーテシアR.S.に運動性能を高めた上級モデルの画像
 
ルーテシアR.S.に運動性能を高めた上級モデルの画像
 
ルーテシアR.S.に運動性能を高めた上級モデルの画像
 
ルーテシアR.S.に運動性能を高めた上級モデルの画像
「ルノー・ルーテシアR.S.トロフィー」と、F1ドライバーのマックス・フェルスタッペン選手(写真右)、ルノー・ジャポンの大極 司代表取締役社長(同左)。
「ルノー・ルーテシアR.S.トロフィー」と、F1ドライバーのマックス・フェルスタッペン選手(写真右)、ルノー・ジャポンの大極 司代表取締役社長(同左)。

■エンジンから足まわりまでトータルにチューニング

ルーテシアR.S.トロフィーは、「息を飲む加速」「ダイレクトなステアリング」「正確なハンドリング」「走りの情熱を表すデザイン」をテーマに開発された、「ルーテシアR.S.」のさらなる高性能バージョンである。

1.6リッター直4直噴ターボエンジンについては、ターボの大型化やエアインテークフローの改善、新設計のエキゾーストエンドとキャタライザーの採用などにより、最高出力を20psアップの220ps/6050rpmに、最大トルクを2.0kgmアップの26.5kgm/2000rpmに強化。許容回転数も300rpm高い6800rpmとしたほか、新たにアイドリングストップ機構を採用している。

6段デュアルクラッチ式ATについても改良を施しており、「レース」モードでは150ミリ秒から120ミリ秒に、「スポーツ」モードでは170ミリ秒から150ミリ秒にシフトスピードを短縮。また、スポーツモードでは低速走行時のギアのつながりをよりスムーズにするようプログラムを変更した。なお、先述のアイドリングストップ機構は「ノーマル」モードを選択したときのみ作動する仕組みとなっている。

また足まわりに関しては、「シャシー カップ」よりフロントで20mm、リアで10mm車高を下げた「ロー・トロフィーシャシー」を採用。ステアリングシステムについても、よりダイレクトなステアリングラックを用いるとともに、ギア比を14.5から13.2に変更している。タイヤは「ミシュラン・パイロットスーパースポーツ」で、18インチアロイホイール「RADICAL」が組み合わされる。

内外装についても、「TROPHY」のロゴ入りF1タイプインテークブレードや、サイドプロテクションモール、キッキングプレートなどを採用。ステアリングホイールにはパンチングレザーを用いている。

ボディーカラーは「ジョン シリウス」「ルージュフラム」「ノワール プロフォン」「ブラン グラシエ」に、新色であり、同車専用設定の「ブラン ジーヴル ナクレ マット+ノワール プロフォン」を加えた全5色。ブラン ジーヴル ナクレ マット+ノワール プロフォンは、車体をマットカラーの白、ルーフを黒で塗り分けたツートンカラー仕様となっている。

価格は329万5000円。ボディーカラーにブラン ジーヴル ナクレ マット+ノワール プロフォンを採用した50台の初回生産分については、10月30日~11月8日に予約を受け付けるとしている。

なお、今回のトロフィー設定に伴い、従来のシャシー カップについては販売を終了。ルーテシアR.S.のラインナップは、トロフィーと「シャシー スポール」の2グレードとなる。

(webCG)
 

関連キーワード:
ルーテシアR.S.ルノー自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 新型「アルファ・ロメオ・ジュリア」が日本上陸 2017.9.6 自動車ニュース FCAジャパンは2017年9月6日、高性能スポーツサルーン「アルファ・ロメオ・ジュリア」を発表した。同年10月14日に、全4モデルのラインナップで販売を開始する。価格は446万円から1132万円まで。
  • ルノー・ルーテシア ルノースポール シャシーカップ(FF/6AT)【試乗記】 2017.7.14 試乗記 ルノーのホットハッチ「ルーテシア ルノースポール(R.S.)」がマイナーチェンジを受けて登場。昨今話題の最新の運転支援システムは搭載されていない。しかし、それを補ってなお余りあるほどの、“プリミティブ”な運転する楽しさにあふれていた。
  • BMW G310R(MR/6MT)【レビュー】 2017.9.9 試乗記 小排気量セグメントという新たな市場に切り込むべく、ドイツの雄が送り込んだニューモデル「BMW G310R」がいよいよ登場。中型免許でも乗れる、お値段およそ60万円のストリートモデルでも、唯我独尊の世界をつらぬく“BMWらしさ”は健在なのか?
  • ホンダN-BOXプロトタイプ/N-BOXカスタム プロトタイプ【試乗記】 2017.9.4 試乗記 2011年のデビュー以来、高い人気を保ち続けているホンダの軽トールワゴン「N-BOX」シリーズが、いよいよ2代目にモデルチェンジ! 従来モデルからすべてが一新されたという新型の実力を、走りと使い勝手の両面からリポートする。
  • 日産フェアレディZ NISMO(FR/6MT)【試乗記】 2017.9.1 試乗記 1969年の誕生以来、6代にわたり歴史を積み重ねてきた日産伝統のスポーツカー「フェアレディZ」。デビューから間もなく9年を迎える現行モデルの実力を、高性能バージョンである「NISMO」の試乗を通して確かめた。
ホームへ戻る