第417回:大矢アキオのフランクフルトショー2015(前編)
人間「衝突ダミー人形」を見た!

2015.09.25 エッセイ

日本のお家芸を奪われた

フランクフルトモーターショー2015のキーワードは、ずばり「デジタライゼーション」。つまりデジタル化であろう。
フォルクスワーゲン(VW)グループは恒例の前夜祭で近未来の技術を搭載した電気自動車のコンセプトモデルを次々と紹介した。アウディの「e-tronクワトロ コンセプト」は航続可能距離が500km、ポルシェの「ミッションE」は15分で80%充電が可能だ。また、自動運転と非接触チャージングシステムを組み合わせた「Vチャージ」、コネクティビティーを駆使した自動運転やドライバーズアシスタンスも推進してゆくことを明らかにした。

彼らが推し進めるデジタル化はクルマ本体にとどまらない。具体的内容にまでは触れなかったが、VWグループのヴィンターコルン会長は、「セールスのデジタライゼーションを進める」とコメントした。締めくくりには「デジタル社会におけるクオリティーを追求する」と宣言した。

BMWグループも公式リリースの中で「デジタライゼーションは、私たちのビジネスにとって重要なひとつであり、これからも革新を続けてゆく」と述べている。

メルセデス・ベンツのディーター・ツェッチェCEO、最初の一声は「デジタライゼーション」だった。発表した「コンセプトIAA」はコンピューターを駆使することにより、従来18カ月を要していた開発期間を10カ月までに短縮することに成功した。ツェッチェ氏は、「100万CPU時間でプロトタイプ300台分を計算した」と誇らしげに語り、加えて「ショーカーだけでなく、R&D、生産、そしてセールスにまでデジタル化を推進してゆく」と述べた。

思えば30年以上前のこと、日本で某ドイツ系ブランドのインポーターが作成したセールスマン教育用資料を閲覧させてもらったことがあった。電子技術を各所に使い始めた日本車との比較に徹していて「燃料噴射は、日本で人気の電子式よりもドイツの機械式のほうが高い信頼性を保(たも)てる」「熟成されていない電子技術は使わない」といった文言が並んでいた。さらにモデルチェンジについて「サイクルを長くすることによって、完成度の高いクルマを作る」と記されていたものだ。

それに対して今日、ドイツメーカーが「デジタル化」「開発期間の短縮化」を掲げる。
“20世紀脳”を持ち続けるユーザーには、もはや追従できないところに達していることを、今回のフランクフルトは見せつけてくれた。
「熟成されていない技術は使わない」という言葉を今も信じるなら、地道に熟成を重ねたドイツメーカーは、日本メーカーのお家芸であるはずの自動車のデジタル化で、リーダーの地位を奪ってしまった感がある。セダンから継承した「メルセデス・ベンツSクラスクーペ」の大型ディスプレイや、アウディ自慢の「バーチャルコックピット」をぼんやり眺めながら、そう思った。

スポーツEVのコンセプトモデル「ポルシェ・ミッションE」


	スポーツEVのコンセプトモデル「ポルシェ・ミッションE」
メルセデス・ベンツのコンセプトカー「コンセプトIAA」。
メルセデス・ベンツのコンセプトカー「コンセプトIAA」。
「メルセデス・ベンツSクラスクーペ」に乗るダイムラーのディーター・ツェッチェCEO。
「メルセデス・ベンツSクラスクーペ」に乗るダイムラーのディーター・ツェッチェCEO。
メルセデス・ベンツのアプリ連携サービス「Mercedes me」は、早くもApple Watchにも対応している。
メルセデス・ベンツのアプリ連携サービス「Mercedes me」は、早くもApple Watchにも対応している。
フォルクスワーゲンブースにて。タブレットやスマートフォンをまとった「デジタル娘」。カーコネクティビティーの時代を暗示する。
フォルクスワーゲンブースにて。タブレットやスマートフォンをまとった「デジタル娘」。カーコネクティビティーの時代を暗示する。
「メルセデス・ベンツSクラスクーペ」のダッシュボード。
「メルセデス・ベンツSクラスクーペ」のダッシュボード。
アウディの「バーチャルコックピット」。
アウディの「バーチャルコックピット」。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

大矢 アキオ

大矢 アキオ

コラムニスト。国立音楽大学ヴァイオリン専攻卒にして、二玄社『SUPER CG』元編集記者、そしてイタリア在住20年という脈絡なき人生を歩んできたものの、それだけにあちこちに顔が広い。今日、日本を代表するイタリア文化コメンテーター。10年以上にわたるNHK『ラジオ深夜便』リポーター、FM横浜『ザ・モーターウィークリー』季節ゲストをはじめラジオでも活躍中。『Hotするイタリア』『イタリア発シアワセの秘密 ― 笑って! 愛して! トスカーナの平日』(ともに二玄社)、『カンティーナを巡る冒険旅行』『ザ・スピリット・オブ・ランボルギーニ』(ともに光人社)、電子書籍『イタリア式クルマ生活術』(NRMパブリッシング)など数々の著書・訳書あり。