アウディA6アバント 2.0 TFSIクワトロ(4WD/7AT)

ますます「魔法のじゅうたん」 2015.09.25 試乗記 マイナーチェンジでフロントまわりのデザインやエンジン、快適装備がリファインされた、アウディのミドルクラスワゴン「A6アバント」。2リッターの4WDモデル「2.0 TFSIクワトロ」の実力を確かめた。

軽やかなのにブレない走り

2011年に発表された現行型のアウディA6がマイナーチェンジを受けた。トピックは大きくふたつあって、まずひとつは「マトリクスLEDヘッドライト」が採用されたこと。このヘッドライトは、カメラが前方を監視することで、先行車両や対向車両を検知すると自動的にハイビームを部分的にマスキングする仕組みになっている。したがって先行車や対向車がいなければハイビームのまま走り続けることができ、夜間の視認性が向上する。ただし試乗会は日中に行われたため、残念ながらハイライトのひとつであるこのテクノロジーを試すことはかなわなかった。

もうひとつのトピックは、クワトロ(四駆)モデルのベーシック仕様に搭載されるエンジンが、従来の2.8リッターV6自然吸気エンジンから2リッター直噴ターボエンジンに変更されたこと。このターボエンジンは、2.8リッターV6と比較して48ps増しの最高出力252psを発生する。
新グレード「アウディA6 2.0 TFSIクワトロ」にはセダンとアバント(ステーションワゴン)という2種類のボディーがあるなかで、今回はアバントに試乗した。

マイナーチェンジ前のアウディA6というモデルに対する印象は、「ふんわり軽い」というものだった。ビシッとソリッドなわけではないけれど、軽やかに走る。魔法のじゅうたんというとホメ過ぎだけど、イメージとしてはそういう雰囲気のクルマだ。
アウディA6アバント 2.0 TFSIクワトロのエンジンを始動、駐車場でタイヤが数回転したところで、「軽さが増した」ことに気付いた。軽さが増したというのもわかりにくいけれど、さらに軽くなった印象だった。0km/hから5km/h、15km/hと速度を上げていく過程が、よりスムーズになったのだ。

スペックを見ると、2リッター直噴ターボの最大トルクは37.7kgm/1600-4500rpm。対して従来の2.8リッター自然吸気エンジンは28.6kgm/3000-5000rpm。明らかに低回転域で力持ちになっている。乗り味がより魔法のカーペットに近づいていることが、スペックからもよくわかる。
V6から直4になることで、エンジンのマナーがラフになるかもしれないという懸念があったけれど、杞憂(きゆう)だった。静かに、滑らかに、優秀な執事のように、出しゃばらずに良い仕事をしている。

試乗当日は台風が接近するさなかで、時折突風とともに大粒の雨が路面をたたいたけれど、さすがのクワトロ、真実一路だ。軌跡がブレない。
実は1.8リッター直噴ターボエンジンを積むFFのグレード、アウディA6 1.8 TFSIもちょっと魅力的かと思っていたけれど、これくらいタフなコンディションを経験すると、アウディはやっぱりクワトロだと思えてくる。

ふんわり軽くて雨風に強いクワトロは、やわらかくて軽いのに寒さから守ってくれる、カシミヤのようである。

(文=サトータケシ/写真=三浦孝明)

【スペック】
全長×全幅×全高=4955×1875×1495mm/ホイールベース=2910mm/車重=1860kg/駆動方式=4WD/エンジン=2リッター 直4 DOHC 16バルブ ターボ(252ps/5000-6000rpm、37.7kgm/1600-4500rpm)/トランスミッション=7AT/燃費=13.6km/リッター(JC08モード)/価格=718万円

「アウディA6アバント」のマイナーチェンジモデルは、日本では2015年7月30日に発売された。
「アウディA6アバント」のマイナーチェンジモデルは、日本では2015年7月30日に発売された。
新デザインのシングルフレームグリルや、オートハイビーム機能付きの「マトリクスLEDヘッドライト」が与えられたフロントまわり。
新デザインのシングルフレームグリルや、オートハイビーム機能付きの「マトリクスLEDヘッドライト」が与えられたフロントまわり。
新たに採用された、2リッター直4直噴ターボエンジン。そのスペック(最高出力:252ps、最大トルク:37.7kgm)は、従来の2.8リッターV6エンジン(204ps、28.6kgm)を大幅に上回る。
新たに採用された、2リッター直4直噴ターボエンジン。そのスペック(最高出力:252ps、最大トルク:37.7kgm)は、従来の2.8リッターV6エンジン(204ps、28.6kgm)を大幅に上回る。
インテリアの様子。日本仕様の「アウディA6アバント」は、全て右ハンドルとなる。
インテリアの様子。日本仕様の「アウディA6アバント」は、全て右ハンドルとなる。
荷室の容量は、5人乗車時で565リッター。後席を倒すことで、最大1680リッターにまで拡大できる。リアバンパーの下に足をかざすだけでバックドアの開閉ができる「オートマチックテールゲート」も標準で備わる。(画像をクリックすると荷室のアレンジが見られます)
荷室の容量は、5人乗車時で565リッター。後席を倒すことで、最大1680リッターにまで拡大できる。リアバンパーの下に足をかざすだけでバックドアの開閉ができる「オートマチックテールゲート」も標準で備わる。(画像をクリックすると荷室のアレンジが見られます)
 
アウディA6アバント 2.0 TFSIクワトロ(4WD/7AT)【レビュー】の画像
関連記事
  • アウディA4アバント2.0 TFSIクワトロ(4WD/7AT)【試乗記】 2016.5.10 試乗記 2016年4月に国内販売がスタートした、最新型の「アウディA4アバント」に試乗。6代目となったアウディブランドの代表的ワゴンは、どんなクルマに仕上がっているのか? 走行性能や乗り心地、使い勝手を報告する。
  • トヨタが新型「カムリ」日本仕様の内外装を初公開 2017.5.19 自動車ニュース トヨタ自動車は、新型「カムリ」の日本仕様の内外装を、オフィシャルウェブサイト上で公開した。2017年1月の北米国際自動車ショーで、米国仕様が世界初公開されており、日本市場には同年夏ごろの投入が予定されている。
  • アウディA4アバント1.4 TFSIスポーツ(FF/7AT)【試乗記】 2016.12.26 試乗記 ダウンサイジングターボエンジンやApple CarPlay、渋滞時の運転支援システムなど、先進機能を備えた「A4アバント1.4 TFSIスポーツ」に試乗。筆者が「未来を感じた」という背景には、アウディのクルマづくりへの真摯(しんし)な姿勢があった。
  • アウディA4アバント2.0 TFSIスポーツ(FF/7AT)【試乗記】 2016.6.21 試乗記 アウディといえば四輪駆動のクワトロにとどめを刺すが、FFモデルも侮ってはいけない。「A4アバント2.0 TFSIスポーツ」に乗れば、透明で清涼感に満ちた新しいアウディが味わえる。「らしさ」が再定義されていることに気づくはずだ。
  • アウディA5クーペ2.0 TFSIクワトロ スポーツ(7AT/4WD)【試乗記】NEW 2017.5.24 試乗記 流麗なスタイルが自慢の「アウディA5クーペ」が、9年ぶりにフルモデルチェンジ。新型はどんなクルマに仕上がったのか、2リッターの4WDモデル「2.0 TFSIクワトロ スポーツ」に試乗して確かめた。
  • アバルト595(FF/5AT)【試乗記】 2017.5.19 試乗記 FCAが擁する高性能スポーツブランド「アバルト」のラインナップにおいて、最もベーシックなモデルとなるのが「595」である。刺激的な走りと門戸の広さを併せ持つAT仕様に試乗し、“さそり印”のスポーツカーに受け継がれる伝統に思いをはせた。
  • 特別な仕立ての「BMW 318i」200台限定で発売 2017.5.11 自動車ニュース BMWジャパンは2017年5月11日、洗練されたスタイリングとモダン&クラッシックなインテリアでスタイリッシュ感を高めたという特別仕様車「BMW 318iクラシック」を、200台限定で発売した。
  • フォルクスワーゲンhigh up!(FF/5AT)【試乗記】 2017.5.17 試乗記 「フォルクスワーゲンup!」が初のマイナーチェンジ。内外装ともにリフレッシュされた、“末っ子”の使い勝手をテストした。走らせて一番快適だったのは、小さなボディーとは結びつかない意外な場所だった。 
  • ポルシェ・カイエンGTS(4WD/8AT)【試乗記】 2017.5.16 試乗記 発表から7年、その後のマイナーチェンジからもはや2年半が経過した2代目「ポルシェ・カイエン」。もはや円熟の域に達した感のある同車は今、われわれにどんな走りを見せてくれるのだろうか。スポーティーな「GTS」グレードのステアリングを握った。
  • 第501回:あなたの愛車も文化遺産に!?
    ドイツでヒストリックカーに“モテ期”到来!
    2017.5.12 マッキナ あらモーダ! 「ポルシェ911カレラ2.7RS」が1億円!? ヒストリックカーの価格が高騰するドイツでは、良質な旧車を文化遺産として保護するためのシステムも存在する。今週は、そんな“Hナンバー”に関する話題をお届けしよう。
ホームへ戻る