第319回:凍結路で真価を発揮するスタッドレスタイヤ
トーヨータイヤの「オブザーブ ガリットGIZ」を試す

2015.10.20 エッセイ
試乗会には最新作「オブザーブ ガリットGIZ」のほか、その前作に当たる「ガリットG5」なども用意された。

“クルミ殻”でおなじみのトーヨータイヤのスタッドレスタイヤ、その最新作である「オブザーブ ガリットGIZ」を同社の北海道サロマテストコースで試した。凍結路でのブレーキングやハンドリングを強化したとうたわれるスタッドレスタイヤは多いが、ガリットGIZは“銀盤”でいかなるパフォーマンスを見せるのだろうか。

「オブザーブ ガリットGIZ」を装着した「アウディA3セダン 1.8 TFSIクワトロ」。
「オブザーブ ガリットGIZ」のコンセプトは「冬のあらゆる路面でさらなる安心感を得られるスタッドレスタイヤ」。その中でも特にアイス路面での制動および旋回性を強化している。
トーヨータイヤのユーザー調査では「凍結路性能」を重視する人が79.7%と、群を抜いて多い。

凍結路重視のユーザーは8割

スタッドレス購入時、皆さんは何を重視するだろうか。夏タイヤとは別に買うわけだから、お財布に優しいほうがいいし、アイスバーンで滑ったら怖いからグリップは高いほうがいいなぁ……なんて考える人が多数派か。

トーヨータイヤのユーザー調査では「凍結路性能」を重視する人が79.7%で群を抜いて多く、次いで「雪路性能」が67%、「シャーベット路の性能」が62%だという。他の調査でも同様の回答を見ることが多く、やはり依然として凍結路グリップの強化を求める声が圧倒的だ。

では、アイスバーンで滑りにくいのはどんなタイヤなのか? 凍結路は気温0度あたりが最も滑りやすく、マイナス10度以下になるとグリップが高まる。0度付近では氷が融(と)け出してミクロの水膜が発生し、タイヤと氷の接触を妨げるのだ。つまり凍結路が滑るのは氷表面の水膜が原因で、いかに水膜を効果的に除去し、タイヤを氷に接地させるかという点に技術が求められる。

他社では発泡ゴムや吸水ゴムといったものを開発しているが、トーヨータイヤが長年こだわっているのがクルミ殻によるスパイク効果。実にユニークな技術だ。

天然素材のクルミ殻は氷より硬く、アスファルトより柔らかいので舗装を傷つけず環境にも良い。クルミ殻が抜け落ちた穴は水膜を吸収する効果も得られる。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

「エディターから一言」の過去記事リストへ