ホンダS660 無限パーツ装着車(MR/6MT)

効果テキメン 2015.09.28 試乗記 ホンダの軽スポーツ「S660」用に、無限(M-TEC)が30品目を超えるスペシャルパーツを開発した。今回は、それらのアイテムを装着した、“無限仕様”のS660に試乗。ノーマル車との走りの違いを報告する。

無限の気合が伝わってくる

1973年の創業時からホンダのモータースポーツ活動やホンダ用カスタムパーツを手がけてきた「無限」は、ホンダのワークス的存在のひとつである(現在の正式社名は株式会社M-TEC)。ホンダのオフィシャル系カスタムパーツではほかに「モデューロ」が有名だが、モデューロはホンダの100%子会社であるホンダアクセス(はカスタムパーツ以外の実用純正アクセサリーも担当する)によるものだ。

モータースポーツの世界ではホンダワークスチームの一角であり、公表されている取引先もホンダの系列企業のみとなる無限=M-TECだが、厳密にはホンダの一部門でも完全な子会社でもない。ただ、無限はホンダ市販車用パーツをベース車両の発売前から開発することが許されている。無限パーツの大半はベース車両と同時発売されて、基本的にホンダ正規販売店で購入・取り付けが可能である。

というわけで、ホンダの四輪車にはなにかしらのカスタムパーツを用意してきた無限が、ホンダとしても久々のスポーツカーである「S660」に、「これこそウデの見せどころ」と他モデル以上に開発の力が入ったことは容易に想像できる。実際、無限のS660用パーツはカタログを目で追うだけでもひと苦労……というくらい多岐にわたるラインナップで、「ほぼ無限コンプリート仕様」といえる今回の取材車では、装着されたパーツ代(工賃や外装パーツの塗装費用を含まず)だけで200万円近い!

すなわち、これと同等の「無限S660コンプリートカー」をオーダーしたとすれば、車両本体を含めての総額で400万円オーバーは必至。価格的には完全に本格スポーツカーということになる。

2015年4月2日、「ホンダS660」の発売と同時に、S660用のチューニングパーツやアクセサリーが無限からリリースされた。今回は、そのパーツ類を多数組み込んだテスト車(以後「無限S660」と表記)をテストした。


	2015年4月2日、「ホンダS660」の発売と同時に、S660用のチューニングパーツやアクセサリーが無限からリリースされた。今回は、そのパーツ類を多数組み込んだテスト車(以後「無限S660」と表記)をテストした。
「無限S660」のインテリア。「スポーツマット」と名付けられた真っ赤なカーペットは、1万7280円のオプション。
「無限S660」のインテリア。「スポーツマット」と名付けられた真っ赤なカーペットは、1万7280円のオプション。
写真中央の赤いパーツは、エンジンオイルのフィラーキャップ。アルミ製で、カラーは全5色が用意される。
写真中央の赤いパーツは、エンジンオイルのフィラーキャップ。アルミ製で、カラーは全5色が用意される。
リアビュー。ディフューザータイプのリアアンダースポイラーは、標準型マフラーと無限スポーツサイレンサー、どちらでも組み合わせ可能。
リアビュー。ディフューザータイプのリアアンダースポイラーは、標準型マフラーと無限スポーツサイレンサー、どちらでも組み合わせ可能。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

S660の他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • ホンダS660 MUGEN RA(MR/6MT)【試乗記】 2016.11.18 試乗記 ホンダのミドシップ・マイクロスポーツカー「S660」をベースに、無限が独自の改良を施したコンプリートカー「S660 MUGEN RA」。モータースポーツ直系のノウハウが注ぎ込まれた、660台限定のチューンドカーの走りを報告する。
  • マツダ・ロードスターRF RS(FR/6MT)【試乗記】 2017.2.2 試乗記 電動式のリトラクタブルハードトップと、専用デザインのリアセクションを持つ「マツダ・ロードスターRF」のスポーティーグレード「RS」に試乗。ソフトトップモデルとは一味違う、走りの魅力をリポートする。
  • 【ジュネーブショー2017】オープンでV12、メルセデスから究極の「Gクラス」登場 2017.2.13 自動車ニュース 独ダイムラーがジュネーブショーで「メルセデス・マイバッハG650ランドーレット」を公開すると発表。電動ソフトトップや630psのV12エンジン、ポータルアクスル機構を備えた特別なドライブトレインなどを備えた99台の限定モデルで、同年秋に発売される。
  • アバルト124スパイダー(FR/6AT)【レビュー】 2017.2.13 試乗記 コアなファンから熱狂的な支持を得ている「アバルト124スパイダー」。でも輸入元は、MTモデルばかりが注目されることに少々悩んでいるらしい。今回は、不遇をかこつ(?)ATモデルに試乗。スポーツカーとしての出来栄えを確かめた。
  • ホンダS660 α(MR/6MT)【試乗記】 2015.6.1 試乗記 ちまたで話題の「ホンダS660」を、フェラーリマニアとして知られるモータージャーナリスト 清水草一は「これまでなかったスーパーカー」と評価する。その理由は……?
ホームへ戻る