アバルト695ビポスト フルスペック仕様(FF/5MT)

2015快感加速大賞 2015.09.29 試乗記 0-100km/h加速5.9秒をうたう究極のアバルト、「695ビポスト」に試乗。ノンシンクロの“ドグミッション”を搭載したスーパーアバルトは、一体どんな走りを見せるのだろうか。

エアコンなし、リアシートなし、シンクロなし

「史上最速のアバルト」が、695ビポストである。1.4リッター4気筒ターボを190psにまでチューン、なんていう情報よりも、エアコンなし、リアシートなしの公道レーサーと言ったほうが話が早い。

今回乗ったフルスペック仕様(845万6400円)は、標準モデル(599万4000円)にさらにサーキット用スポーツキットをフル装備したもので、5段ギアボックスはシンクロ機構のないドグリングミッションになる。ラリーのコックピット映像などでおなじみ、「ヒュー、ガシャ!」と音を立てる電光石火シフトの競技用変速機である。

左右のウィンドウはポリカーボネート製で、引き戸式の小窓は、声くらいしか出入りできない。真夏に乗るクルマじゃないことは容易に想像がついたが、それよりもやはり心配なのは変速機である。

webCG編集部が試乗予約の電話を入れると、だれが運転するのかを尋ねられたそうだ。某自動車専門誌は、田町のFCAで借り出して、片道10kmも行かないお台場で撮影を済ませ、早々に返却したらしい。

果たして、運転できるのだろうか。という不安は、FCAからピックアップしてくれた編集部Tさんのひとことによって軽減された。「変速機は恐るるに足らずです」だという。ただ、付いているETC車載器がうまく作動せず、首都高の料金所では往生したらしい。

レーシーな室内。快適さを求める装備より、走りの装備が優先される。
レーシーな室内。快適さを求める装備より、走りの装備が優先される。
サイドウィンドウは昇降しない。ガラスではなくポリカーボネートになっており、まるでレーシングカーのようなスライド式の小窓が備わるのみ。
サイドウィンドウは昇降しない。ガラスではなくポリカーボネートになっており、まるでレーシングカーのようなスライド式の小窓が備わるのみ。
1.4リッター直4ターボユニットは190psを生み出す。BMC製カーボンエアクリーナーボックスがレーシーな雰囲気を高めている。
1.4リッター直4ターボユニットは190psを生み出す。BMC製カーボンエアクリーナーボックスがレーシーな雰囲気を高めている。
ボディーカラーはつや消しグレー(グリージョ・パフォーマンス)のみが設定される。
ボディーカラーはつや消しグレー(グリージョ・パフォーマンス)のみが設定される。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

695ビポストの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事 ホームへ戻る